環境都市づくりの理論を追求し,環境都市のシステムデザインを展開する

News & Topics

About us 研究室概要へ

Sustainable Science and Engineering towards Architecture and City of the Future
- Environmental System Design, Planning and Management

建築・都市環境工学は、人間を取り巻く環境空間の安全性、快適性、効率性、健康性を総合的に追求する学問である。切迫性が指摘される東海地震等に対する建築・都市の機能維持、地球環境問題としての二酸化炭素排出削減や都市再生上の重要課題であるヒートアイランド現象等に対して、成熟社会を迎えた現在、生活者の視点で真に豊かな都市づくりの新たな方策が求められている。

環境基盤研究室では、建築環境と都市環境を支えるにふさわしい「環境基盤」のあるべき姿を、「社会資本(建築設備、都市設備等)」と「自然資本(自然的要素)」の両面から描くことを目的として研究を行っている。またこうした研究活動を通じて当研究室では、社会的意義が高い実践的な地域貢献活動を積極的に推進していきたいと考えている。