研究内容 of 芝浦工業大学工学部応用化学科生命化学研究室

研究テーマ

メタルバイオテクノロジー(体外環境浄化・資源循環)



生物は地球誕生以来、本来自分にとって必須の金属を選択して特異的に捕まえ、いわゆるビタミンとして利用している。微生物や植物が持つ代謝メカニズムを活用して新しい金属捕捉バイオ素子の創製や、資源リサイクルバイオシステムの構築し、生物技術の持つ省資源・省エネルギー性、高い経済性と環境適合性を活かした新技術体系を確立して、金属類に関わる環境・資源問題の解決を目指す。

プロバイオティクス(体内環境浄化)



食して安全で、我々に有益な作用をもたらす微生物(プロバイオティクス、例:乳酸菌、プロピオン酸菌など)を新たに探して、アレルギーを特異的に治療する経口免疫剤を作る。インターフェロンやインターロイキンなどの制癌剤や自然免疫賦活化作用をもつ乳酸菌の機能を調べて医薬品や機能性食品の開発につなげる。臨床検査試薬の開発を行う。