研究発表 of 芝浦工業大学工学部応用化学科生命化学研究室

研究テーマ

研究発表

NEW2019.7.20-21
【第 5 回日本セレン研究会】で発表しました。
Title:セレン酸還元細菌の二重カプセルによるセレン廃水処理方法
Authors:平谷朋之、小竹史哉、永直文、大塚治、山下光雄
NEW2019.3.26
【日本農芸化学会 2019年度大会】で発表しました。
Title:ハブクラゲ刺胞内液中IgG特異的結合タンパク質の精製
Authors:鈴木智也、永井宏史、山下光雄
2018.10.25
【第8回CSJ化学フェスタ2018】で発表しました。
Title:アカクラゲのアレルゲンタンパク質の精製とアミノ酸配列分析
Authors:三浦加衣、鈴木智也、山下光雄、那須井綾乃、永井宏史
2018.10.3
【The 7th International Selenium Conference (Se2018)】で発表しました。
Title:Bioremediation of selenate-contaminated soils using Pseudomonas stutzeri NT-I
Authors:Osamu Otsuka, Ryo Nishizato, Minoru Okuno, Hiroyuki Mutou, Naoto Watanabe, Tsutomu Matsuo, Fumiya Kotake, Mitsuo Yamashita
2018.9.10
【素材と資源2018年度秋大会】で発表しました。
Title:放射性核種の微生物鉱物による浄化・回収
Authors:山下光雄
2018.9.7
【第70回生物工学会大会】で発表しました。
Title:セレン酸還元細菌内包ポリマーカプセルによる新たなセレン廃水の浄化と資源化
Authors:平谷朋之、小竹史哉、永直文、大塚治、山下光雄
Title:バイオレメディエーションによるセレン汚染土壌浄化
Authors:山下光雄、小竹史哉、大塚治、西里亮、奥野稔、武藤宏行
2018.7.21-22
【第 4 回日本セレン研究会】で発表しました。
Title:好気性セレン酸還元細菌Pseudomonas stutzeri NT-I株のDimethyl Diselenid 合成特徴(その2)
Authors:山下光雄、大塚 治、黒田雅史、池道彦
2018.3.26
【日本原子力学会 2018年春の年会】で発表しました。
Title:環境中放射性核種浄化のための新規な修復材料
Authors:大貫敏彦,香西直文,田中万也、堀池巧,山下光雄,土津田雄馬、中野友里子、宇都宮聡、J. A. Hriljac, T. Y. Chen, M. Karmaoui, S. Savva, A. Mayoral
2018.3.17
【日本農芸化学会 2018年度大会】で発表しました。
Title:セレン酸還元細菌Pseudomonas stutzeri NT-I株を利用したセレン汚染土壌の不溶化処理(その3)
Authors:小竹 史哉、大塚 治、山下 光雄、西里 亮、奥野 稔、武藤 宏行 佐々木 雄
2017.10月
【Applied and Environmental Microbiolgy】に論文が掲載されました。
"Removal od Soluble Strontium via incorporation into Biogenic Carbonate Minerals by Holophilic BacteriumBacillusap. Strain TK2d in a Highly Saline Solution"
October 2017 vol. 83 no. 20
doi:10.1128/AEM.00855-17
Authors:Takumi Horiike, Yuma Dotsuta, Yuriko Nakano, Satoshi Utsunomiya, Toshihiko Ohnuki, Joseph A. Hriljac, Mitsuo Yamashita
2017.10.10
【The 14th International Symposium on Biomineralization】で発表しました。
Title:Dysprosium biomineralization by acidophilic fungusPenidiellasp. strain T9 and its application for metal recovery
Authors:Takumi Horiike, Hajime Kiyono, Mitsuo Yamashita
2017.9.25
【International Biohydrometallurgy Symposium 2017】で発表しました。
Title:An effective rare earth element bio-accumulatorPenidiellasp. strain T9 for selective recovery from acidic mine drainage
Authors:Takumi Horiike, Hajime Kiyono, Mitsuo Yamashita
2017.9.11
【第72回全国土木学会】で発表しました。
Title:セレン酸還元細菌PseudomonasstutzeriNT-I株によるセレン汚染土壌のバイオレメディエーション
Authors: 大塚 治, 福澤 文人, 堀池 巧, 山下 光雄, 西里 亮, 奥野 稔, 武藤 宏行
2017.8.15
【Goldschmidt2017】で発表しました。
Title:Bioremediation of Radioactive Strontium Contaminated Sea Water by Biogenic Ca-Carbonate
Authors:Takumi Horiike, Yuma Dotsuta, Yuriko Nakano, Satoshi Utsunomiya, Naofumi Kozai, Toshihiko Ohnuki, Joseph A. Hriljac, Mitsuo Yamashita
2017.6.25
【ASM Microbe2017】で発表しました。
Title:A New Acidophilic Fungal isolate, Penidiella sp. T9, Accumulates the Rare Earth Element Dysprosium
Authors:Takumi Horiike, Mitsuo Yamashita
2017.5.28
【第3回日本セレン研究会】で発表しました。
Title:海洋性微生物のセレン・テルル還元能の特徴解析
Authors:堀池 巧
Title:好気性セレン酸還元細菌PseudomonasstutzeriNT-I株のDimethyl Diselenide合成特徴
Authors:大塚 治
2017.5月
【生物工学会誌95巻5号】に掲載されました。
Title:バイオミネラリーゼションで環境を浄化する
Authors:堀池 巧
2017.3.27
【資源・素材学会 2017年度春季大会】で発表しました。
Title:銅鉱石から硫砒銅鉱を分離するための特異的結合生体分子の探索
Authors:大塚 治、山下 光雄、三浦 彰
2017.3.20
【日本農芸化学会 2017年度大会】で発表しました⑤。
Title:Pseudomonas stutzeriNT-Iのセレン酸還元関連遺伝子群の同定と解析
Authors:黒田 真史、大塚 治、櫻井 柴乃、池 道彦、山下 光雄
2017.3.19
【日本農芸化学会 2017年度大会】で発表しました④。
Title:微生物代謝による放射性核種Srの不溶化処理に向けた浄化研究
Authors:笠原 祐太郎、堀池 巧、土津田 雄馬、山下 光雄
2017.3.19
【日本農芸化学会 2017年度大会】で発表しました③。
Title:セレン酸還元細菌Pseudomonas stutzeriNT-I株を利用したセレン汚染土壌の不溶化処理(その2)
Authors:大塚 治、福澤 文人、山下 光雄、西里 亮、奥野 稔、武藤 宏行
2017.3.19
【日本農芸化学会 2017年度大会】で発表しました②。
Title:セレン酸還元細菌Pseudomonas stutzeriNT-I株を利用したセレン汚染土壌の不溶化処理(その1)
Authors:福澤 文人、大塚 治、山下 光雄、西里 亮、奥野 稔、武藤 宏行
2017.3.18
【日本農芸化学会 2017年度大会】で発表しました①。
Title:ジスプロシウムを固化蓄積する好酸性真菌Penidiellasp. T9株の分離および特徴解析
Authors:堀池 巧、清野 肇、山下 光雄
2016.11.25
【廃棄物資源循環学会関東支部講演会 平成28年度】で発表しました。
Title:微生物不溶化処理による放射性核種を含む汚染水浄化の試み
Authors:笠原 祐太郎、堀池 巧、土津田 雄馬、山下 光雄
2016.11.15
【CSJ化学フェスタ2016】で発表しました。
Title:バイオ鉱物を用いた放射性核種浄化回収の試み
Authors:笠原 祐太郎、山下 光雄、堀池 巧、土津田雄馬
2016.9.14
【日本地球化学会 第63回年会】で発表しました。
Title:バイオミネラリゼーションによる海洋中の放射性ストロンチウムの除去
Authors:堀池 巧、土津田 雄馬、中野 友里子、宇都宮 聡、香西 直文、大貫 敏彦、山下 光雄
2016.6.26-7.1.
【Goldschmidt 2016】で発表しました。
Title:Removal of radioactive strontium from sea water by biogenic calcium carbonates.
Authors: T. Ohnuki, N. Kozai, F. Sakamoto, T. Saito, Q. Yu, M. Yamashita, T. Horiike, S. Utsuonomiya.
2016.5.26
【International Conference on the Chemistry of Selenium and Tellurium 13th】で発表しました。
Title:Optimization of Dimethyl diselenide synthesis byPseudomonas stutzeriNT-I.
Authors:O. Otsuka, M. Kuroda, M. Ike, M. Yamashita.
2016.5.11
【バイオサイエンスとインダストリー】に掲載されました。
“微生物は錬金術師~レアメタルの回収・資源化~”
May 2016 vol. 74 no. 3 pp. 329-331
論文著者:堀池 巧、山下 光雄
2016.3.27-30
【日本農芸化学会 2016年度大会】で発表しました。
発表者:大塚 治
2015.7.22-24
【HYDROPROCESS 2015】で発表しました。
発表者:大塚 治
2015.6.1
【日本金属学会誌】に論文が掲載されました。
“酸化焙焼によるバイオセレンからのセレン分離の検討”
(Investigation of Selenium Recovery on Oxidizing Roasting of Bio-selenium)
June 2015 vol. 79 no. 6 pp. 330-337
論文著者:大塚 治、簗場 豊、吉川 健、山下 光雄
2015.5.31
【第17回マリンバイオテクノロジー学会大会】で発表しました。
発表者:堀池 巧
2015.5.28
【廃棄物資源循環学会 春の研究発表会】で発表しました。
発表者:大塚 治
2015.4.12
【Applied and Environmental Microbiolgy】に論文が掲載されました。
“A New Fungal Isolate,Penidiellasp. Strain T9, Accumulates the Rare Earth Element Dysprosium”
May 2015 vol. 81 no. 9 pp. 3062-3068
論文著者:堀池 巧、山下 光雄
2015.2.20
【Applied and Environmental Microbiolgy】プレスリリースで論文が紹介されました。
論文著者:堀池 巧、山下 光雄
2014.7.30
【エコデザインプロダクツ&サービスシンポジウム】で発表しました。
発表者:大塚 治
2014.5.31
【第16回マリンバイオテクノロジー学会大会】で発表しました。
発表者:堀池 巧
2014.5.29
【廃棄物資源循環学会 春の研究発表会】で発表しました。
発表者:大塚 治
2014.3.30
【日本農芸化学会 2014年度大会】で発表しました。
発表者:大塚 治
2014.3.28
【日本農芸化学会 2014年度大会】で発表しました。
発表者:堀池 巧
2013.5.17
【国際資源ビジネスサミット】で発表しました。
発表者:堀池 巧
2013.3.25
【日本農芸化学会 2013年度大会】で発表しました。
発表者:大塚 治

書籍

NEW2019年発行
『微生物を用いたレアメタル浄化・回収資源化―バイオハイドロメタラジーが資源を救うー』
堀池巧、山下光雄
資源と素材 4(3), p.45-49,
NEW2019年発行
『Diversity of salt-tolerant tellurate-reducing bacteria in marine environment.
Takumi Horiike, Osamu Otsuka, Yasuhiro Tanaka, Takeshi Terahara, Chiaki Imada and Mitsuo Yamashita
Journal of General and Applied Microbiology (Doi 10.2323.2018.11.003)
2018.10.12発行
『Dysprosium Biomineralization by Penidiella sp. Strain T9. Biominelarization』
Kazuyoshi Endo et al. (Eds). Springer.
Takumi Horiike, Hajime Kiyono, and Mitsuo Yamashita
Biominelarization.(ISBN 978-981-13-1001-0) Chapter 26, p.251-257 (total page 413)
2015.7.10発行
『バイオベース資源確保戦略―都市鉱山・海底鉱山に眠る貴金属・レアメタル等の分離・回収技術―』
監修:大阪府立大学教授 小西康祐

第14章 著者:山下光雄、大塚治

(株)シーエムシー出版 B5判 281頁 定価 75,600円(税込)
★新資源として注目される都市鉱山・海底鉱山から効果的・効率的に元素資源を回収!
★従来の物理的・化学的回収法ではなしえない低コスト・省エネ・高効率な生物的回収法!
★微生物・植物・生体分子等による元素分離・回収技術やバイオリソース探索法を詳述!
2014.6.20発行
『地球を救うメタルバイオテクノロジー ~微生物と金属資源のはなし~』
編著:芝浦工業大学教授 山下光雄、北里大学教授 清和成
(株)成山堂書店 A5判 258頁 定価 3,200円(税別)
専門家40名がメタルバイオテクノロジー研究の最前線を一挙公開

メディア紹介

NEW2019.4.3
『Hills Life』にて研究が取り上げられました。
2016.5.11
『JSTサイエンスチャンネル』内のサイエンスニュースにて研究が取り上げられました。
2014.12.12
『京都新聞』12月12日広告欄に研究が取り上げられました。
2014.1.15
『日本経済新聞』1月15日朝刊に研究が取り上げられました。
2014.1.6
『化学工業日報』1月6日刊内「Green Innovation」に研究が取り上げられました。
2013.12.15
TBS『未来の起源』に研究員・研究が取り上げられました。

放映日時 2013年12月15日 22時54分~23時0分

未来の起源研究内容

2013.10.15
『電気新聞』10月15日刊内「全国理系・学び舎紀行」に研究が取り上げられました。
2013.8.2
中国系メディアに研究が取り上げられました。
2013.7.31
『朝日新聞』7月31日夕刊に研究が取り上げられました。
2013.7.16
『経済界』No.996 7月30日号内の「一押し情報アラカルト」に研究が取り上げられました。
2013.6.27
江東区ケーブルTV『日刊ベイネット』に研究が取り上げられました。

放映日時 2013年6月27日18時~

再放送:21時~、22時~、28日以降

日刊ベイネット研究内容

2013.6.24
『週刊循環経済新聞』に研究が取り上げられました。
2013.6.22
『ハツモノWeb』に研究が取り上げられました。
2013.6.12
新聞各紙に研究が取り上げられました。

電気新聞、日刊工業新聞、日刊メタルレポート

研究内容

2013.5.14
テレビ朝日情報番組『スーパーJチャンネル』に研究が取り上げられました。