研究発表 of 芝浦工業大学工学部応用化学科生命化学研究室

研究テーマ

研究発表

NEW2019.3.26
【日本農芸化学会 2019年度大会】で発表しました。
Title:ハブクラゲ刺胞内液中IgG特異的結合タンパク質の精製
Authors:鈴木智也、永井宏史、山下光雄
NEW2018.10.25
【第8回CSJ化学フェスタ2018】で発表しました。
Title:アカクラゲのアレルゲンタンパク質の精製とアミノ酸配列分析
Authors:三浦加衣、鈴木智也、山下光雄、那須井綾乃、永井宏史
NEW2018.10.3
【The 7th International Selenium Conference (Se2018)】で発表しました。
Title:Bioremediation of selenate-contaminated soils using Pseudomonas stutzeri NT-I
Authors:Osamu Otsuka, Ryo Nishizato, Minoru Okuno, Hiroyuki Mutou, Naoto Watanabe, Tsutomu Matsuo, Fumiya Kotake, Mitsuo Yamashita
NEW2018.9.10
【素材と資源2018年度秋大会】で発表しました。
Title:放射性核種の微生物鉱物による浄化・回収
Authors:山下光雄
NEW2018.9.7
【第70回生物工学会大会】で発表しました。
Title:セレン酸還元細菌内包ポリマーカプセルによる新たなセレン廃水の浄化と資源化
Authors:平谷朋之、小竹史哉、永直文、大塚治、山下光雄
Title:バイオレメディエーションによるセレン汚染土壌浄化
Authors:山下光雄、小竹史哉、大塚治、西里亮、奥野稔、武藤宏行
NEW2018.7.21-22
【第 4 回日本セレン研究会】で発表しました。
Title:好気性セレン酸還元細菌Pseudomonas stutzeri NT-I株のDimethyl Diselenid 合成特徴(その2)
Authors:山下光雄、大塚 治、黒田雅史、池道彦
NEW2018.3.26
【日本原子力学会 2018年春の年会】で発表しました。
Title:環境中放射性核種浄化のための新規な修復材料
Authors:大貫敏彦,香西直文,田中万也、堀池巧,山下光雄,土津田雄馬、中野友里子、宇都宮聡、J. A. Hriljac, T. Y. Chen, M. Karmaoui, S. Savva, A. Mayoral
NEW2018.3.17
【日本農芸化学会 2018年度大会】で発表しました。
Title:セレン酸還元細菌Pseudomonas stutzeri NT-I株を利用したセレン汚染土壌の不溶化処理(その3)
Authors:小竹 史哉、大塚 治、山下 光雄、西里 亮、奥野 稔、武藤 宏行 佐々木 雄
NEW2017.10月
【Applied and Environmental Microbiolgy】に論文が掲載されました。
"Removal od Soluble Strontium via incorporation into Biogenic Carbonate Minerals by Holophilic BacteriumBacillusap. Strain TK2d in a Highly Saline Solution"
October 2017 vol. 83 no. 20
doi:10.1128/AEM.00855-17
Authors:Takumi Horiike, Yuma Dotsuta, Yuriko Nakano, Satoshi Utsunomiya, Toshihiko Ohnuki, Joseph A. Hriljac, Mitsuo Yamashita
NEW2017.10.10
【The 14th International Symposium on Biomineralization】で発表しました。
Title:Dysprosium biomineralization by acidophilic fungusPenidiellasp. strain T9 and its application for metal recovery
Authors:Takumi Horiike, Hajime Kiyono, Mitsuo Yamashita
NEW2017.9.25
【International Biohydrometallurgy Symposium 2017】で発表しました。
Title:An effective rare earth element bio-accumulatorPenidiellasp. strain T9 for selective recovery from acidic mine drainage
Authors:Takumi Horiike, Hajime Kiyono, Mitsuo Yamashita
NEW2017.9.11
【第72回全国土木学会】で発表しました。
Title:セレン酸還元細菌PseudomonasstutzeriNT-I株によるセレン汚染土壌のバイオレメディエーション
Authors: 大塚 治, 福澤 文人, 堀池 巧, 山下 光雄, 西里 亮, 奥野 稔, 武藤 宏行
2017.8.15
【Goldschmidt2017】で発表しました。
Title:Bioremediation of Radioactive Strontium Contaminated Sea Water by Biogenic Ca-Carbonate
Authors:Takumi Horiike, Yuma Dotsuta, Yuriko Nakano, Satoshi Utsunomiya, Naofumi Kozai, Toshihiko Ohnuki, Joseph A. Hriljac, Mitsuo Yamashita
2017.6.25
【ASM Microbe2017】で発表しました。
Title:A New Acidophilic Fungal isolate, Penidiella sp. T9, Accumulates the Rare Earth Element Dysprosium
Authors:Takumi Horiike, Mitsuo Yamashita
2017.5.28
【第3回日本セレン研究会】で発表しました。
Title:海洋性微生物のセレン・テルル還元能の特徴解析
Authors:堀池 巧
Title:好気性セレン酸還元細菌PseudomonasstutzeriNT-I株のDimethyl Diselenide合成特徴
Authors:大塚 治
2017.5月
【生物工学会誌95巻5号】に掲載されました。
Title:バイオミネラリーゼションで環境を浄化する
Authors:堀池 巧
2017.3.27
【資源・素材学会 2017年度春季大会】で発表しました。
Title:銅鉱石から硫砒銅鉱を分離するための特異的結合生体分子の探索
Authors:大塚 治、山下 光雄、三浦 彰
2017.3.20
【日本農芸化学会 2017年度大会】で発表しました⑤。
Title:Pseudomonas stutzeriNT-Iのセレン酸還元関連遺伝子群の同定と解析
Authors:黒田 真史、大塚 治、櫻井 柴乃、池 道彦、山下 光雄
2017.3.19
【日本農芸化学会 2017年度大会】で発表しました④。
Title:微生物代謝による放射性核種Srの不溶化処理に向けた浄化研究
Authors:笠原 祐太郎、堀池 巧、土津田 雄馬、山下 光雄
2017.3.19
【日本農芸化学会 2017年度大会】で発表しました③。
Title:セレン酸還元細菌Pseudomonas stutzeriNT-I株を利用したセレン汚染土壌の不溶化処理(その2)
Authors:大塚 治、福澤 文人、山下 光雄、西里 亮、奥野 稔、武藤 宏行
2017.3.19
【日本農芸化学会 2017年度大会】で発表しました②。
Title:セレン酸還元細菌Pseudomonas stutzeriNT-I株を利用したセレン汚染土壌の不溶化処理(その1)
Authors:福澤 文人、大塚 治、山下 光雄、西里 亮、奥野 稔、武藤 宏行
2017.3.18
【日本農芸化学会 2017年度大会】で発表しました①。
Title:ジスプロシウムを固化蓄積する好酸性真菌Penidiellasp. T9株の分離および特徴解析
Authors:堀池 巧、清野 肇、山下 光雄
2016.11.25
【廃棄物資源循環学会関東支部講演会 平成28年度】で発表しました。
Title:微生物不溶化処理による放射性核種を含む汚染水浄化の試み
Authors:笠原 祐太郎、堀池 巧、土津田 雄馬、山下 光雄
2016.11.15
【CSJ化学フェスタ2016】で発表しました。
Title:バイオ鉱物を用いた放射性核種浄化回収の試み
Authors:笠原 祐太郎、山下 光雄、堀池 巧、土津田雄馬
2016.9.14
【日本地球化学会 第63回年会】で発表しました。
Title:バイオミネラリゼーションによる海洋中の放射性ストロンチウムの除去
Authors:堀池 巧、土津田 雄馬、中野 友里子、宇都宮 聡、香西 直文、大貫 敏彦、山下 光雄
2016.6.26-7.1.
【Goldschmidt 2016】で発表しました。
Title:Removal of radioactive strontium from sea water by biogenic calcium carbonates.
Authors: T. Ohnuki, N. Kozai, F. Sakamoto, T. Saito, Q. Yu, M. Yamashita, T. Horiike, S. Utsuonomiya.
2016.5.26
【International Conference on the Chemistry of Selenium and Tellurium 13th】で発表しました。
Title:Optimization of Dimethyl diselenide synthesis byPseudomonas stutzeriNT-I.
Authors:O. Otsuka, M. Kuroda, M. Ike, M. Yamashita.
2016.5.11
【バイオサイエンスとインダストリー】に掲載されました。
“微生物は錬金術師~レアメタルの回収・資源化~”
May 2016 vol. 74 no. 3 pp. 329-331
論文著者:堀池 巧、山下 光雄
2016.3.27-30
【日本農芸化学会 2016年度大会】で発表しました。
発表者:大塚 治
2015.7.22-24
【HYDROPROCESS 2015】で発表しました。
発表者:大塚 治
2015.6.1
【日本金属学会誌】に論文が掲載されました。
“酸化焙焼によるバイオセレンからのセレン分離の検討”
(Investigation of Selenium Recovery on Oxidizing Roasting of Bio-selenium)
June 2015 vol. 79 no. 6 pp. 330-337
論文著者:大塚 治、簗場 豊、吉川 健、山下 光雄
2015.5.31
【第17回マリンバイオテクノロジー学会大会】で発表しました。
発表者:堀池 巧
2015.5.28
【廃棄物資源循環学会 春の研究発表会】で発表しました。
発表者:大塚 治
2015.4.12
【Applied and Environmental Microbiolgy】に論文が掲載されました。
“A New Fungal Isolate,Penidiellasp. Strain T9, Accumulates the Rare Earth Element Dysprosium”
May 2015 vol. 81 no. 9 pp. 3062-3068
論文著者:堀池 巧、山下 光雄
2015.2.20
【Applied and Environmental Microbiolgy】プレスリリースで論文が紹介されました。
論文著者:堀池 巧、山下 光雄
2014.7.30
【エコデザインプロダクツ&サービスシンポジウム】で発表しました。
発表者:大塚 治
2014.5.31
【第16回マリンバイオテクノロジー学会大会】で発表しました。
発表者:堀池 巧
2014.5.29
【廃棄物資源循環学会 春の研究発表会】で発表しました。
発表者:大塚 治
2014.3.30
【日本農芸化学会 2014年度大会】で発表しました。
発表者:大塚 治
2014.3.28
【日本農芸化学会 2014年度大会】で発表しました。
発表者:堀池 巧
2013.5.17
【国際資源ビジネスサミット】で発表しました。
発表者:堀池 巧
2013.3.25
【日本農芸化学会 2013年度大会】で発表しました。
発表者:大塚 治

書籍

2018.10.12発行
『Dysprosium Biomineralization by Penidiella sp. Strain T9. Biominelarization』
Kazuyoshi Endo et al. (Eds). Springer.
Takumi Horiike, Hajime Kiyono, and Mitsuo Yamashita
(ISBN 978-981-13-1001-0) Chapter 26, p.251-257 (total page 413)
2015.7.10発行
『バイオベース資源確保戦略―都市鉱山・海底鉱山に眠る貴金属・レアメタル等の分離・回収技術―』
監修:大阪府立大学教授 小西康祐

第14章 著者:山下光雄、大塚治

(株)シーエムシー出版 B5判 281頁 定価 75,600円(税込)
★新資源として注目される都市鉱山・海底鉱山から効果的・効率的に元素資源を回収!
★従来の物理的・化学的回収法ではなしえない低コスト・省エネ・高効率な生物的回収法!
★微生物・植物・生体分子等による元素分離・回収技術やバイオリソース探索法を詳述!
2014.6.20発行
『地球を救うメタルバイオテクノロジー ~微生物と金属資源のはなし~』
編著:芝浦工業大学教授 山下光雄、北里大学教授 清和成
(株)成山堂書店 A5判 258頁 定価 3,200円(税別)
専門家40名がメタルバイオテクノロジー研究の最前線を一挙公開

メディア紹介

NEW2019.4.3
『Hills Life』にて研究が取り上げられました。
2016.5.11
『JSTサイエンスチャンネル』内のサイエンスニュースにて研究が取り上げられました。
2014.12.12
『京都新聞』12月12日広告欄に研究が取り上げられました。
2014.1.15
『日本経済新聞』1月15日朝刊に研究が取り上げられました。
2014.1.6
『化学工業日報』1月6日刊内「Green Innovation」に研究が取り上げられました。
2013.12.15
TBS『未来の起源』に研究員・研究が取り上げられました。

放映日時 2013年12月15日 22時54分~23時0分

未来の起源研究内容

2013.10.15
『電気新聞』10月15日刊内「全国理系・学び舎紀行」に研究が取り上げられました。
2013.8.2
中国系メディアに研究が取り上げられました。
2013.7.31
『朝日新聞』7月31日夕刊に研究が取り上げられました。
2013.7.16
『経済界』No.996 7月30日号内の「一押し情報アラカルト」に研究が取り上げられました。
2013.6.27
江東区ケーブルTV『日刊ベイネット』に研究が取り上げられました。

放映日時 2013年6月27日18時~

再放送:21時~、22時~、28日以降

日刊ベイネット研究内容

2013.6.24
『週刊循環経済新聞』に研究が取り上げられました。
2013.6.22
『ハツモノWeb』に研究が取り上げられました。
2013.6.12
新聞各紙に研究が取り上げられました。

電気新聞、日刊工業新聞、日刊メタルレポート

研究内容

2013.5.14
テレビ朝日情報番組『スーパーJチャンネル』に研究が取り上げられました。