Generic placeholder image

研究動画(Youtube等)

研究成果の実証実験を動画として整理

View details »

Generic placeholder image

新着情報

研究室でのイベントを整理(2019年~)

View details »

Generic placeholder image

研究

長谷川研究室で推進している研究の紹介

View details »


研究動画 (Youtube)

無人化施工現場におけるクローラダンプの自律走行実験の様子 in 阿蘇(熊谷組との共同研究)(2016/12) NEW

無人化施工現場におけるクローラダンプの自律走行実験の様子 in 垂水(熊谷組との共同研究)(2016) NEW

自動追従ノズルの屋外噴射実験の様子(西武建設株式会社との共同研究)(2019/05/15) NEW

人追従システムの追従実験の様子(株式会社 三五との共同研究) NEW (日刊工業新聞 2019/06/25)

複数の柔軟静電吸着デバイスを用いた吸着実験の様子(2018)

吹付ドローン(西武建設株式会社との共同研究)(2019)

自動追従ノズル(西武建設株式会社との共同研究) (日刊工業新聞 2018/07/19)

柔軟静電吸着デバイスの吸着実験の様子(2018)

2017年つくばチャレンジ 人物探索の様子(2017/11/5)

2016年つくばチャレンジ本走行(2016/11/6)

自律移動ロボットの障害物回避実験の様子(2016)

静電吸着デバイス(日刊工業新聞 2015/11/06)

ドローンのデモ飛行(2015)

ドローンによるひび割れ検出のデモ(2015)


新着情報 (2019年~)

海外インターンシップ(オリエンタルモーター株式会社)

石井君と吉田君が参加してきました。シンガポールも楽しんだようです。(2019/09/02~13)

第37回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2019) にて成果発表

市原君が研究成果を発表してきました。多くの質問もしてもらい盛況でした。(2019/09/06)

卒業研究1の審査会

英語でのポスタ発表。結果はどうだったでしょうか?(2019/07/24)

International High School Internship Program(IHIP) 2019

今年も、インターナショナルハイスクールの学生さんがインターンシップで研究室に滞在しました。(2019/07/01~11)

ドローン.bizに掲載

西武建設株式会社との共同研究成果がドローン.bizに掲載されました。(2019/06/29)

第1回実験走行 つくばチャレンジ2019

落合君、市原君、石井君、今鉾君、吉田君、増渕君、橋本君、北沢君が雨の中参加してきました。珍しく良いデータが取れたようです。(2019/06/29)

日刊工業新聞に掲載

株式会社三五との共同研究果が日刊工業新聞に掲載されました。(2019/06/25)

ロボティクス・メカトロニクス 講演会 2019 in Hiroshima

市原君と望月君が研究成果発表を行いました。たいへん盛況でした。(2019/06/06)

BBQ

葛西臨海公園にてBBQ。幹事 橋本君のアレンジで楽しいBBQでした。しかし、海岸線沿いを歩くときは気を付けよう。(2019/05/20)

第2回豊洲チャレンジ

6人がエントリー。落合君がゴール(560m)しました。また、吉田君・石井君は約330m、増渕君は約200m、市原君は約50m、今鉾君は不慮の事故で棄権でした。(2019/05/13)

第1回地図作成コンテスト

市原君が優勝。豊洲キャンパス中庭の地図作成に対して6名のエントリー(2019/04/22)

国際ドローン展

西武建設株式会社の出展ブースにて研究成果の展示。M2 小島君、B4 吉田君が説明対応(2019/04/17-19、幕張メッセ)

第1回豊洲チャレンジ

6人がエントリー。記録は、今鉾君、吉田君、増渕君は約50m、石井君は約200m、市原は約80m、落合君は190mでした。560m先のゴール目指して第2回に期待(2019/04/15)

2019 IEEE/SICE International Symposium on System Intergration (SII2019)

M2 安部君と高橋君が口頭発表(2019/01/14-16, Paris)


研究紹介 (自律移動、ドローン、静電吸着)

自律移動ロボット

 オペレーターの負担軽減や人手不足の解消をサポートする目的のため、重機などの移動車両の自律化に関する研究・開発を行っています。
 自律化するべき作業を検討して、その環境に合った認識システムや自己位置推定に基づいた自律走行システム、さらに音声案内やカメラによる対象物の認識などの付加技術を開発して、対象とした作業を実現しています。
 これまで、無人化施工における遠隔操作車両やゴルフ場におけるメンテナンス車両の自律化、ミュージアムにおける案内ロボットを研究し、実証機を開発してきました。

ドローン

 西武建設株式会社との共同研究にて,コンクリート構造物のひび割れ等にピンポイントで補修剤を吹き付け可能なマルチコプタ「吹付ドローン」の研究・開発を行っています。
 構造物のある狭所空間における測域センサを用いた環境認識、自己位置推定に基づいた飛行制御、さらに画像処理技術を用いた吹付箇所の自律追尾などを開発しています。
 これにより、高所の危険な場所など大がかりな準備が必要だった箇所への点検・補修において活用が期待できます。


柔軟静電吸着デバイス

 本研究室では静電気力を応用し、かつPDMSを使用することにより、対象物の凹凸面に倣って接触面を確保する柔軟静電吸着デバイスを開発してきました.
 産業用ロボットにより対象物を把持する場合,真空ポンプを用いた吸盤タイプのエンドエフェクタが使用されることが多い.しかし,真空ポンプの設置場所や対象物の着脱時間が課題になる.これらの課題の解決策として,本研究室では静電吸着デバイスの適用の可能性を研究しています. また,柔軟静電吸着デバイスは,対象物の材質に依存せず,コンクリートや木材,アクリルにも吸着できる特長があります.