日々の研究活動
課外活動

日々の研究活動

シミュレーション解析

提案する回路の構想が固まったら、早速マイクロ波回路シミュレーターを使って解析に取り組みます。学んで来たことを思い出しつつ電磁波の気持ちになって解析を繰り返す中で、次第に高周波回路設計のセンスが磨かれていきます。


  

試作回路の測定評価

何ヶ月も検討を重ねてできた汗と涙の結晶。努力が報われるか否か、最もドキドキする瞬間です。失敗しても直ぐに立ち直ってリベンジに燃えられるようになれば、もう立派なエンジニアです。



  

定例ミーティング

研究の進み具合を報告し、また仲間の報告を聞いて議論をします。説明しにくいことを相手がイメージしやすく伝えたり、人と議論しながら自分の理解を深めて行くスキルは、簡単に身につくものではありませんが、研究室ではとても重視しています。


  

課外活動

ベトナム・ハノイ開催のSEATUCシンポジウムにて成果発表(2019年3月)

東南アジア工科大学コンソーシアム(SEATUC)にて卒業間近の院生が発表。昭和30年代の汗の匂いと平成の若者文化が入り混じった活気あふれる街でおいしいベトナム料理を堪能しました。○○元年に社会に飛び立つ二人、明日の日本をよろしく!


  

  

  

長崎県五島福江で開催のマイクロ波研究会にて成果発表(2018年11月)

毎年この時期は九州開催のマ研。遣唐使船が大陸に針路を向ける目印地点となった大瀬崎の岬や隠れキリシタンゆかりの史跡がある五島の歴史に思いを馳せつつ、最先端のマイクロ波技術について討議しました。


  

  

豊洲新市場で社会見学(2018年11月)

学園祭の準備で全学休講の日。そんな日も高効率を追求する増幅器/整流器チームは決して無駄に過ごしません。目と足と舌を使って新市場の魅力を全て理解しました。


  

  

お台場のビヤガーデンで飲み会(2018年8月)

今にも雨が降りそうな曇り空でのビヤガーデンになってしまいましたが、飲み始めたら天気なんて関係ない!?大学が近いので安心して酔いつぶれた人がいたとかいないとか。。。


  

グリーンイノベーションシンポジウム2018にてポスター発表(2018年2月)

芝浦主催で毎年恒例のシンポジウム。企業などからのご来訪の多くの方々が院生の発表に熱心に耳を傾けていました。来場者の投票により、当研究室ではO君が銅賞を受賞しました。


  

納涼船で東京湾ナイトクルーズ(2017年7月)

前期の卒研も大詰めの段階。打ち上げの予行演習(?)で給油したら、明日からまた月末の卒研発表会に向けて頑張りましょう。


  

  

  

名城大学で学会発表(2017年3月)

発表を終えて大須観音にて名古屋名物の味噌カツを肴に乾杯。大学院を修了するK君、春秋4回連続での発表お疲れ様でした。


  

  

NTT技術資料館を見学(2017年2月)

研究室仮配属の3年生を中心とした見学会。大正時代の電話交換手の苦労を体験するなど通信の発展の歴史を肌で感じることができました。


  

  


尾瀬沼で合宿(2016年8月)

終日電波の届かない自然の中でネット禁断症状が出そうな人もいましたが、たまにはこういう日を過ごすのもいいですよね。突然の体調不良で来れなかったS君、計画を立ててくれてありがとう。


  

  

  

もつ煮屋台で打ち上げ(2016年3月)

九大での学会発表を終えた大学院生と博多・中洲へ。学会は、発表までこぎつけるのに苦労もありますが、何ものにも代えがたい達成感がありますね。


  

  

もんじゃ焼きで忘年会(2015年12月)

卒業を間近に控えた4年生と大学院2年生の豊洲の思い出にと、月島のもんじゃ焼きで忘年会を開きました。


  

  

研究室OBとバーベキューで交流(2015年8月)

葉山セミナーハウスの近くの海辺で。OBの皆さん、新入社員の苦労もいろいろあるようですが、明日からまた頑張ってください!


  

  

福井大学で開催のマイクロ波研究会で成果発表(2015年3月)

4年生のとき以来、難しいテーマに粘り強く取り組んできたN君、M2で大きな成果が出ました。ご当地グルメ「ソースカツ丼」で乾杯。



  

  

お台場でボーリング(2014年11月)

全校休講日を利用してどこかへ行こうということに。教員は東京湾クルーズを提案しましたが、11月は寒いからと皆さんに却下されました。結局、当日はぽかぽか陽気だったんですけどね。。。でも、ボーリングも楽しかったですね!


  

  

そば打ち体験(2012年9月)

そば畑が一面白い花になる季節。ゼミ合宿の帰りに栃木県のそば打ち教室に寄ってきました。でき上がった蕎麦の見た目はともかく(?)、味は最高でした!


  

  

  

  



ページ先頭へ