社会において人が使う様々なシステムに関して,そのシステムが有効かつ安全に機能するためのヒューマンファクター(人間要因)について研究しています。そして,人間がそのシステムを適正かつ安全に使用できるように手助けをするHMI(Human Machine Interface)の構築をおこなっています。
特に,交通安全の分野では,ドライバーの心理や行動などの特性を研究し,人が自動運転(高度運転支援を含)を適正に使えるためのHMIの開発や,人が自動運転の機能を理解しやすくするためのHMIの開発などを行っています。さらに,近年問題となっている高速道路の逆走を防止するためのHMIの開発やドライバー教育の材料を得るための研究なども行っています。

研究内容

春日研究室では,主に交通安全の領域でのヒューマンファクターを研究しています.
ヒューマンファクターとは,社会における様々なシステムが,安全に運用されるために必要な人間要因のことです.
最近話題の自動運転や運転支援システム(自動ブレーキなど)が研究テーマの1つとしてあります.これらは非常に便利で安全なものである一方,ドライバーがその機能を過信してしまったり,機能を十分に理解していなかったりすると,新たな危険が発生することがあります.
これらのシステムは必ずしも完全ではなく,時に判断ミスや誤作動を起こします.例えば自動ブレーキが搭載されているがゆえに,「自動でブレーキがかかるから...」という漫然運転をしていると,システムがエラーや誤作動を起こしたときにとっさに対応ができず,事故につながってしまう場合があります.
そのため,システムが優れているだけではなく,その機能を使用者が正しく・わかりやすく使えるような情報提示の仕方や作動の仕方が必要になります.
このような研究をやっているところはまだ多くありませんが,今後自動運転技術が進歩するにつれ確実に必要になる分野であり,今とても盛り上がっている旬な研究です.それゆえ,まだまだ研究する余地がたくさんあり,人があまりしていない研究ができるという分野でもあります.春日研究室では,こうした研究を,ドライビングシミュレータ―や視線計測機などを用いて行っています.


アクセスカウンター