研究内容

ストレス管理のための疫学的理論と手法を、様々な分野、 特に社会の安全に関連する分野に応用しています。 交通安全の分野では、ドライバーの心理や行動を解明し、 ドライバー教育や運転支援の材料を得ています。

また、コンピュータ作業によるストレスに関しては、 その依存状態や不安状態を測定する尺度を開発し、 コンピュータ依存による社会生活への影響などを明らかにしています。

産業への応用方法

機械への人間の適応状態を研究して、 人間がより安全に適応できるためには必要な要因を明らかにし、 機械の性能向上や人間教育の材料を得ることができます。    また、機械が人間に与えている影響を明らかにし、 機械の性能向上の材料を得ることも出来ます。

 

 

アクセスカウンター