○○事務所 本文へジャンプ
                -----2020年度----- 

<研究発表・講演>
[1] 加藤宏一朗,岡野憲,松日楽信人,成田雅彦,RSNPユニットを用いた多種多様なロボットのデータ取得実証実験,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会(Robomech2020), 1P1-F02,2020
[2] 三木理,松日楽信人,移動ロボットのための屋内外シームレス位置取得システム,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会(Robomech2020), 1P1-K11, 2020
[3] 後藤佑典,松日楽信人,島田努,島田真太郎,車椅子搭載ロボットアームにおける落下物把持シミュレーション,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会(Robomech2020),1P2-F06,2020
[4] 大塚菜々,新田怜香,松日楽信人,使用者の特性を考慮した立ち上がり動作支援装置の駆動条件評価,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会(Robomech2020),1P2-F08, 2020
[5] 加藤宏一朗,浅田郁弥成,松日楽信人,人と協調で動作する並走追従ロボットの人物追従実験,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会(Robomech2020),2A1-F04,2020
[6] 新田怜香,大塚菜々,松日楽信人,新出佳弘,大塚侑,立ち上がり動作における座面高さと手すり位置の影響,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会(Robomech2020), 2A1-F05,2020
[7] 田島仁奈,日下菜奈美,岡野憲,松日楽信人,橋本忠巳,異なる3 種類のロボット間でのネットワーク連携システムの研究,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会(Robomech2020),2P1-G04,2020
[8] 金子智紘,浅田郁弥,加藤宏一朗,勢〆義章,松日楽信人,鈴木航太,Node-RED とロボットミドルウェアを利用したナビゲーション,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会(Robomech2020),2P1-G06,2020
[9] 後藤佑典,堀田怜良,松日楽信人,神野誠,トロッカー拘束を有する直動鉗子付き手術支援ロボットのシミュレータ開発,日本ロボット学会学術講演会(RSJ2020),1H2-04,2020 
[10] 高野浩祐,井上結加,松日楽信人,中山剛,尾形邦裕,車椅子生活者の日常動作の計測と褥瘡発生のメカニズムの解明,日本ロボット学会学術講演会(RSJ2020),2H2-04,2020
[11] 西岡拓哉,三木理,松日楽信人,ビーコンを用いたWEBマップによる移動ロボットの遠隔操作性の向上,日本ロボット学会学術講演会(RSJ2020),2C3-06,2020
[12] 松日楽信人,新しい日常を支えるロボットネットワークの活用,日本ロボット学会学術講演会(RSJ2020),3K2-03,2020
[13] 加藤宏一朗,新田怜香,田島仁奈,松日楽信人,橋本忠巳,RSNPとヒューマノイドロボットを使った遠隔体操システムの開発,日本ロボット学会学術講演会(RSJ2020),3K2-05,2020
[14] 大河原孝,後藤裕典,松日楽信人,同期差動変速機の仕組みと電動可変ピッチ機構,日本機械学会年次大会,S11210,2020 
[15] 後藤佑典,大河原孝,松日楽信人, 同期差動変速機の設計と 3D プリンタによる試作,日本機械学会年次大会,S11212,2020
[16] 堀田怜良,後藤佑典,松日楽信人,神野誠,トロッカー拘束を有する直動鉗子付き手術支援ロボットのシミュレータ開発,第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2020),1C1-10, 2020
[17] 三木理,西岡 拓哉,加藤宏一朗,Ren Yee Phang Darren,松日楽信人,eSEAT を用いた異なるシステムをつなぐ共通化遠隔操作ロボットシステム,第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2020),1B3-03, 2020【優秀講演賞】
[18] 成田雅彦,松日楽信人,[Keynote] RSi (ロボットサービスイニシアチブ)の活動 2020とロボットユーザインタフェースの展開,第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2020),1C1-10, 2020,1E3-01
[19] 加藤宏一朗,辻恭平,三木理,西岡拓哉,松日楽信人,屋内外の位置を取得可能なRSNP ユニットの開発,第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2020),1C1-10, 2020,1E3-02
[20] 田島仁奈,加藤宏一朗,黒川大悟,松日楽信人,天野可奈子,加藤由花,受付など 通過歩行時の人数推定RTCの開発,第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2020),1C1-10, 2020,1S1-03
【RTMコンテスト2020奨励賞】
[21] 飯田悠貴,三木理,西岡拓哉,松日楽信人,人との共存を目指した遠隔操作ロボットの音声インタフェースRTCの開発,第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2020),1C1-10, 2020,1S1-04
【RTMコンテスト2020奨励賞】
[22] 梅原健宏,平木凱,後藤佑典,松日楽信人,曲げセンサを用いた装着型ロボット操作デバイスの開発,第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2020),1C1-10, 2020,2G1-03
【優秀講演賞】
[23] 角田航,西岡拓哉,三木理,松日楽信人,対面コンタクト型遠隔操作移動ロボットの開発,第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2020),1C1-10, 2020,2G1-05【優秀講演賞】
[24] 大塚菜々、新田怜香、松日楽信人,立ち上がり動作速度による支援装置の駆動条件評価,第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2020),1C1-10, 2020,2G1-09【優秀講演賞】
[25] 新田怜香,大塚菜々,加藤宏一朗,田島仁奈,松日楽信人,橋本忠巳,ヒューマノイドロボットを使った遠隔体操教示システムの開発,第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2020),1C1-10, 2020,2S1-02【RSNPコンテスト2020優秀賞】

<国際会議>

[1] Yuta Naito, Nobuto Matsuhira, Virtual-constraint-energy-based cooperative control method in flexible remote-control system of mobile manipulator, 2020 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics (AIM 2020), WeAT7.1, 2020
[2] Junya Tanaka,Nobuto Matsuhira,A suction end effector with multiple pneumatically driven joints composed of flat tubes and link mechanism, 2020 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics (AIM 2020),ThAT5.1,2020
[3] Satoru Miki, Takuya Nishioka, Hyuga Sekiya, Nobuto Matsuhira, Flexible Remote-Controlled Robot System with Multiple Sensor Clients Using a Common Network Communication Protocol,2020 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics (AIM 2020), ThAT6.3, 2020
[4] Junya Tanaka, Nobuto Matsuhira, Disposable Robotic Finger Driven Pneumatically by Flat Tubes and a Hollow Link Mechanism,Journal of Robotics and Mechatronics(JRM) Vol.32 No.5,pp.1-19,2020
[5] Nattawat Pinrath, Nobuto Matsuhira Integration of Virtual Robot Environmental Platform with Robot Operating System for Real-time Simulation of A Robot, Proceedings of the SICE Annual Conference 2020September 23-26, 2020, Chiang Mai, Thailand
[6] Phang Darren Ren Yee, Nattawat Pinrath,Nobuto Matsuhira,Autonomous Mobile Robot Navigation Using 2D LiDAR and Inclined Laser Rangefinder to Avoid a Lower Object, Proceedings of the SICE Annual Conference 2020September 23-26, 2020, Chiang Mai, Thailand
[7] Nana Otsuka, Reika Shinden, Nobuto Matsuhira, An experiment demonstrating the optimization of a device based on the physical characteristics of users to support the movement required to stand up, Proceedings of the SICE Annual Conference 2020 September 23-26, 2020, Chiang Mai, Thailand
[8] Satoru Miki, Takuya Nishioka, Nobuto Matsuhira, Seamless positioning system using GPS and beacons for community service robot, 2021 IEEE/SICE International Symposium on System Integrations (SII) , pp.646-649, Iwaki, Fukushima, Japan. January 11 - 14, 2021
[9] Koichiro Kato, Satoru Miki, Tomohiro Kaneko, Nobuto Matsuhira, Robot navigation systemconnecting openrtm to ros systems with eseat, pp.1-5, Indonesia, SEATUC2021
[10] Reika Shinden, Nana Otsuka, Koichiro Kato, Nina Tajima, Nobuto Matsuhira, Tadami Hashimoto, Development of a humanoid robot system to teach gymnastics to remote people, pp.24-27, Indonesia, SEATUC2021
[11] Yoshiaki Seshime, Koichiro Kato, Tomohiro Kaneko, Nobuto Matsuhira, Navigation of mobile robots using a multisided-AR marker,pp.28-31, Indonesia, SEATUC2021
[12] Phang Darren Ren Yee, Nobuto Matsuhira, Visual simultaneous localization and mapping
with mobile robot using intel realsense T265, pp.38-42, Indonesia, SEATUC2021
[13] Takuya Nishioka, Satoru Miki, Nobuto Matsuhira, Improvement of remote operability of mobile robot by web map using beacon, pp.48-53, Indonesia, SEATUC2021
[14] Nattawat Pinrath, Nobuto Matsuhira, Intregrating coppelia simulator with robot operation system for development real-time dynamic control, p.322, Indonesia, SEATUC2021
[15] Nattawat Pinrath, Nobuto Matsuhira, Intregrating coppelia simulator with robot operation system for development real-time dynamic control, p.322, Indonesia, SEATUC2021

           -----2019年度-----

<研究発表・講演>
[1] 浅田 郁弥,梶原 優俊,加藤 宏一朗,菅谷 みどり,松日楽 信人,ロボットの追従案内サービスにおける感情表示の基礎実験, 1E1-03, SI2019
[2] 加藤 宏一朗,浅田 郁弥,松日楽 信人,赤羽根 里奈,加藤 由花,歩行時特徴抽出RTC を用いた人物追従ロボットの追従精度の向上, 1F4-04, SI2019
【RTMコンテスト2019奨励賞】
[3] 新田 怜香,大塚 菜々,岡野 憲,松日楽 信人,ヒューマノイドロボットによる高齢者のためのトレーニングガイドRTC,1F4-05, SI2019
【RTMコンテスト2019奨励賞】
[4] 岡野 憲,松日楽 信人,木下 遼一,白石 遼平,森野 博章,成田 雅彦,下川原( 佐藤) 英里,山口 亨,複数ロボットのネットワーク化システムによる連携とデータ取得実証実験, 2C5-05, SI2019
[5] 成田 雅彦,松日楽 信人,[Keynote] RSi(ロボットサービスイニシアチブ)の活動2019 と今後の展望, 2C5-01, SI2019
[6] 三木 理,松日楽 信人,RSNP を用いたロボットセンシングのための共通遠隔操作システム, 2E2-04, SI201
9
【優秀講演賞】
[7] 大塚 菜々,新田 怜香,松日楽 信人,立ち上がり動作支援装置における使用者の特性に合わせた駆動条件の検討,3A4-04,SI2019
[8] 髙野 浩祐,Nattawat Pinrath,松日楽 信人,尾形 邦裕,中山 剛,車椅子生活者の日常動作の計測と褥瘡発生の解明,3A4-05,SI2019
[9] 原田 信太朗,松日楽 信人,コンベックス伸縮機構を用いた対面インタラクションシステムの開発, 3D1-03, SI2019
[10] 岡野憲,松日楽信人,多種多様なシステムをRSNP通信可能にする汎用ユニットの開発, 日本ロボット学会学術講演会,3J2-02, 2019
【RSNPコンテスト2019最優秀賞】
[11] 岡野憲,日下菜奈美,田島仁奈,松日楽信人,橋本忠己,RSNPを用いた2台のサービスロボット連携システムの開発, 日本ロボット学会学術講演会,3J1-04, 2019
[12] 田島仁奈, 岡野憲, 日下菜奈美, 松日楽信人, 志村秀明, 遠隔地での観光案内システムの開発, 日本ロボット学会学術講演会(RSJ2019),3J2-04, 2019
[13] 原田 信太朗,三木 理,松日楽 信人, コンベックス伸縮機構を用いたRSNP遠隔カメラアームロボットの開発, 日本ロボット学会学術講演会(RSJ2019), 3J2-01, 201
9
【RSNPコンテスト2019優秀賞】
[14] 三木 理,松日楽 信人,RSNPを用いた障害物検出のためのセンサ連携, 日本ロボット学会学術講演会(RSJ2019), 3J2-03, 2019
[15] 岡野憲,松日楽信人,成田雅彦,Notification RTC を利用したロボットネットワークの状態表示実験, 1A1-C07, ROBOMECH2019, 2019
[16] 浅田郁弥,岡野憲,中山雄一郎,松日楽信人,伊東敏夫,廣瀬敏也,ロボットおよびシニアカーの連携システムの開発, 2A1-F03, ROBOMECH2019, 2019
[17] 原田信太朗,松日楽信人,コンベックステープを用いた高伸縮率アーム2 の開発, ROBOMECH2019, 1P1-S10, 2019
[18] 中井智之,浅田郁弥,金子智紘,三枝弘直,松日楽信人,鈴木航太,Node-RED によるタスク生成とAR マーカを用いた移動ロボットの経路走行実験, ROBOMECH2019, 1P2-S03, 2019
[19] 後藤佑典,尾林拓海,松日楽信人,中本秀一,装着型ワイヤレスマスタアームのピッキング動作のシミュレーション, ROBOMECH2019, 1P1-B16, 2019
[20] 大塚菜々,松日楽信人,立ち上がり動作支援装置における足底反力測定の有効性, ROBOMECH2019, 2A1-B06, 2019

[21] 入倉弘明,高野浩祐,松日楽信人,中山剛,尾形邦裕,車椅子生活者の日常動作の計測と褥瘡発生の解明, ROBOMECH2019, 2A2-B09, 2019
[22] 松日楽信人,コミュニティサービスロボット:複数のロボットから多様な情報を集約したネットワーク実証実験,ロボット,pp.13-18, No.249, 2019.7


<国際会議>


[1] Nattawat Pinrath and Nobuto Matsuhira, Integrating ROS with V-REP simulator for development real-time dynamic control model robot, pp.29-34, SEATUC2020,
[2] Satoru MIKI, Takuya NISHIOKA, Hyuga SEKIYA, Nobuto MATSUHIRA, Junichi YASU, Seamless Outdoor to Indoor Robot Location Display combing GPS receiver and Beacons using ultrasonic waves, p.209, BangKok, SEATUC2020.
[3] Ikumi ASADA, Yushun KAJIHARA, Koichiro Kato,Midori SUGAYA, and Nobuto MATSUHIRA, Basic Experiments on Emotion Detection by Success or Failure of Robot Services, p.215, BangKok, SEATUC2020.
[4] Shintaro Harada,Nobuto Matsuhira, Development of a face to face interaction system, with a tele-operated mobile robot, p.205, BangKok, SEATUC2020.
[5] Satoshi OKANO, Nanami KUSAKA, Nina TAJIMA, Nobuto MATSUHIRA, Development of mutual cooperation system using different robots, p.225, BangKok, SEATUC2020.
[6] Nana Otsuka, Reika Shinden and Nobuto Matsuhira, Examination of the Support Method according to the User's Physique in a Supporting Equipment for Human Sit-to-Stand Motion, p.227, SEATUC2020.
[7] Nobuto Matsuhira, Community service robot to create new robot market. Workshop of Intelligent Robotics Research: How to Close the Gap from Research Lab to the Real-World, November 8, IEEE IROS2019, Macau, 2019
[8] Li Ke, Tingxin Song, Nattawat Pinrath, Darren Phang Ren Yee, Nobuto Matsuhira, Basic Experiments for a Remote Control Robot-Mapping System in Complex Environment, poster 174, 2019 IEEE International Conference on Mechatronics and Automation (ICMA 2019)
[9] Nobuto Matsuhira, Community Service Robot, Keynote Lecture, AIR2019, IIT Madras, 2019
[10] Satoshi Okano, Nobuto Matsuhira, Eri Sato-Shimokawara, Toru Yamaguchi, Masahiko Narita, Employing Robots in a Museum Environment: Design and Implementation of Collaborative Robot Network, UR2019, TuB1.2, 2019
[11] Asami Ohta, Satoshi Okano, Nobuto Matsuhira, Yuka Kato, Evaluating Pre-Trained Predictor Models of Pedestrian Destinations for a Voice Guidance Robot, UR2019, TuC1.2, 2019

<掲載論文>
[1] 加藤由花,池田貴政,岡野憲,松日楽信人, インタフェースロボット応答制御のための歩行者分岐方向の予測,情報処理学会論文誌,60巻2号,pp.572-580, 2019
 【特選論文】
[2] 松日楽 信人, 中井 智之, 藤本 一真, 生田目 祥吾, 山口 亨 RTコンポーネント構造を利用した写真撮影サービスロボットの開発, 計測自動制御学会論文集, 55(4), pp.275-285, 2019

          -----2018年度-----

<研究発表・講演>

[1] 原田信太朗,松日楽信人,コンベックス伸縮機構を用いたカメラアーム搭載ロボットの開発,ROBOMECH2018,1A1-G07,2018.6
[2] 鈴木覚士,松日楽信人,島田努,島田真太郎,指先操作デバイスの開発,ROBOMECH2018,1A1-H08,2018.6
[3] 内藤佑太,松日楽信人,共通ソフトウェアを利用した移動作業ロボットの遠隔操作システムの開発,ROBOMECH2018,1P2-D12,2018.6
[4] 内藤佑太,中村祥貴,吉田華乃,瀬沼隆遠,松日楽信人,二澤秀行,酒井仁志,クローラロボットにおける狭隘部走行実験,ROBOMECH2018,2A1-G03,2018.6
[5] 浅田郁弥,松日楽信人,下山未来,人物特徴量を用いた移動ロボットの人物再検出実験,ROBOMECH2018,2A1-C17,2018.6
[6] 岡野憲,池田貴政,松日楽信人,小型センサデバイスと連携したインタフェースロボットの応答制御,ROBOMECH2018,2P1-B14,2018.6
[7] 松日楽 信人,池田 貴政,下山 未来,岡野 憲,成田 雅彦,土屋 陽介,加藤 由花,多様なロボットサービスを実現するためのRTシステムの構造化, 2018年度人工知能学会全国大会(第32回),2E4-NFC-1b-03,2018.6
[8] 成田 雅彦,松日楽 信人,土屋 陽介,加藤 由花,村川 賀彦,ロボットを用いたアクティブセンシングシステムと「クラウドベースのロボットサービスの統合基盤」,2018年度人工知能学会全国大会(第32回),2E3-NFC-1a-01,2018.6
[9] Satoru Suzuki, Nobuto Matsuhira, Tsutomu Shimada, Shintaro Shimada, “Development and evaluation of a fingertip operated joystick,” 50th International Symposium on Robotics (ISR2018), S4.1 Service Robots, Munich, Germany, June 20-21, 2018
【Best Paper Award】
[10] Zhefu Du, Zheng Zhang, Yuta Naito, Satoru Miki, Nobuto Matsuhira, Experimental Evaluation of a Tele-operated Robot System in Traversing a Narrow Path, 2018 IEEE International Conference on Mechatronics and Automation (IEEE ICMA 2018), MP3-4(3) , Changchun, China August 5 - 8, 2018
[11] 松日楽 信人, 内藤 佑太, RSNPを利用したフレキシブル遠隔操作システムの提案, RSJ2018, 1H1-01, 2018.9
[12] 内藤 佑太, 松日楽 信人,RSNPクライアント協調型フレキシブル遠隔操作システムの開発, RSJ2018, 1H2-02, 2018.9
 【RSNPコンテスト2018最優秀賞】
[13] 三木 理,内藤 佑太,岡野 憲,松日楽 信人,安 淳一,RSNPを用いた移動ロボットによる周囲環境の計測システム,RSJ2018,1H2-03,2018.9
[14] 岡野 憲,初見 雅人,和田 一真,松日楽 信人,RSNPを利用した移動体の位置情報提示システム,RSJ2018,1H2-04,2018.9
 【RSNPコンテスト2018優秀賞】
[15] 原田信太郎,松日楽信人,カメラ搭載コンベックス伸縮機構を用いた遠隔移動ロボットの開発,2018年度日本機械学会年次大会,2018.9
[16] Nattawat Pinrath and Nobuto Matsuhira, Simulation of Robot Movement in Narrow Pathways while Preventing Backside Collision, SICE2018, Sept 11-14, Nara, 2018
[17] T. Nakai, Y. Nakamura, T. Sasaki, N. Matsuhira, Collaborative robots system in a photography service using Kukanchi, IEEE Workshop on Advanced Robotics and its Social Impacts, IEEE Workshop on Advanced Robotics and Its Impact on Society (ARSO 2018), Sept 27-28, Genoa, Italy, 2018
[18] 岡野 憲, 松日楽 信人, 太田 麻美,加藤 由花,人の進行経路の分岐を予測するRTC,第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2018),2E1-02,2018.12
[19] 大塚 菜々,浅田 郁弥,岡野 憲,内藤 佑太,原田 信太朗,松日楽 信人,高齢者の習慣的な運動を支援する声掛けRTC,第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2018),2E1-03,2018.12
 【RTMコンテスト2018奨励賞】
[20] 内藤 佑太,松日楽 信人,複数ロボットのための協調制御RTC第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2018),2E1-05,2018.12
 【RTMコンテスト2018奨励賞】
[21] 松日楽 信人,岡野 憲,中井 智之,成田 雅彦,山口 亨,下川原 英理,コミュティサービスロボットにおけるデータ収集システム第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2018),2E3-02,2018.12
[22] Sun Bo and Matsuhira Nobuto Study of Dynamic Features of Gait by a Laser Range Finder and Linear Navigation, 13th SOUTH EAST ASIAN TECHNICAL UNIVERSITY CONSORTIUM SYMPOSIUM (SEATUC 2019), TS01-03, Hanoi, Vietnam March 14-15, 2019
[23] Lu Tong, Matsuhira Nobuto and Otsuka Nana, Analysis of SIT-TO-STAND Motion Based on V-REP SIMULATION, SEATUC 2019, IS01-01, 2019.3
[24] Ikumi Asada, Nobuto Matsuhira, Satoshi Okano, Yuichi Abe, Toshiya Hirose, Yuichiro Nakayama and Toshio Ito, Development of a Senior Car Following Robot using AR Marker, SEATUC 2019, IS01-04, 2019.3
[25] Takumi Obayashi, Satoru Suzuki, Yusuke Goto, Nobuto Matsuhira and Hideichi Nakamoto, Development of a Wearable Master Arm, SEATUC 2019, IS01-05, 2019.3
[26] Yuta Naito and Nobuto Matsuhira, RSNP Client Cooperative Remote Control System, SEATUC 2019, IS01-06, 2019.3
[27] Junichi Yasu, Satoru Miki and Nobuto Matsuhira, Multi-Purpose Mobility (mPm) as a Riding Type Robot for Support of Transportation, SEATUC 2019, IS01-07, 2019.3
[28] Riho Kagawa, Nobuto Matsuhira, Yuriko Someya, Reiji Yoshida, Midori Sugaya, Affect Evaluation of Biological Information Approached by a Nursing/care Robot, Asia Pacific Conference on Robot IoT System Development and Platform (APRIS 2018). Oct30-Nov.2, 2018.
【Best Paper Award】
[29] Yiriko Someya, Yoshito Tobe, Reiji Yoshida, Nobuto Matsuhira, Midori Sugaya: Human-Robot Personal Space Evaluated with Biological Information Emotion Estimation Method. Intelligent Environments (Workshops) 2018: 157-167

<掲載論文>
[1] 加藤 由花,池田 貴政,岡野 憲,松日楽 信人インタフェースロボット応答制御のための歩行者分岐方向の予測,情報処理学会論文誌,60巻2号,pp.572-580, 2019 
【特選論文】
[2] Masahiko Narita, Daiki Aoki, Makie Miyauchi, Sachiko Nakagawa, Yosuke Tsuchiya, Nobuto Matsuhira, Demonstration experiments of a distributed questionnaire service using multiple robots with the aim of marketing at a tourist site, International Journal of Smart Computing and Artificial Intelligence (IJSCAI), 2(1), 2018


         -----2017年度-----

<研究発表・講演>

[1] Satoshi Okano, Takamasa Ikeda, Mirai Shimoyama, Tomoyuki Nakai, Agoes Afifa, Nobuto Matsuhira, Toshiya Hirose, Toshio Ito, Development of a Prototype Collaborative System with Mobility and Robot Network Service, The 12th SEATUC Symposium, OS13-04, Indonesia, 2018
[2] Nattawat Pinrath, Nobuto Matsuhira, Simulation of a Human Following Robot with Object Avoidance Function, The 12th SEATUC Symposium, OS13-05, Indonesia, 2018
[3] Bo Sun, Mirai Shimoyama, Nobuto Matsuhira, Human Detection by Active Sensing Using a Laser Range Sensor and a Pan-Tilt Camera, The 15th International Workshop on Advanced Motion Control (AMC2018), SS01-4, Tokyo, 2018.
[4] Takatoo Senuma, Motohiro Yasuda, Nobuto Matsuhira, Hideyuki Nisawa, Development of a Teleoperated Multiple Crawler Robotic System Using Robot Service Network Protocol - Basic Experiments by Two Crawler Robots - (I), 2017 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII2017), WeA3.5, Taipei, 2017
[5] Mirai Shimoyama, Nobuto Matsuhira, Kaoru Suzuki, Human Characterization by a Following Robot Using a Depth Sensor (I), SII2017, ThA3.5, Taipei 2017.
[6] Nobuto Matsuhira, Mirai Shimoya, Takamasa Ikeda, Tomoyuki Nakai, Masahiko Narita, Toru Yamaguchi, Concept of Community Service Robot Network Coping with Various Social Problems (I), SII2017, ThA3.6, Taipei 2017.
[7] 中井 智之, 藤本 一真, 松日楽 信人, 写真撮影ロボット制御のためのRTC群, SI2017, 1G2-02, 2017
[8] 原田 信太朗, 中井 智之, 松日楽 信人, フェイス・ツゥー・フェイス・カメラRTCの開発, SI2017, 1G3-01, 2017
[9] 吉田 華乃, 瀬沼 隆遠, 中村 祥貴, 松日楽 信人, 遠隔操作ロボットのための狭路走行RTコンポーネント, SI2017, 1G3-03, 2017
[10] 内藤 佑太, 松日楽 信人, 丸山 孝仁, 武田 信和, ITER遠隔保守ロボットにおけるブランケットモジュール取付作業のセンサレス制御手法の開発, SI2017, 1B4-05, 2017
[11] 成田 雅彦, 松日楽 信人, キーノート: RSi(ロボットサービスイニシアチブ)の活動と今後の展望, SI2017, 1D6-01, 2017
[12] 松日楽 信人, 池田 貴政, 下山 未来, 成田 雅彦, 山口 亨, 下川原 英理, キーノート:多種多様なロボットからなるコミュニティサービスロボット, SI2017, 1D6-02, 2017
[13] 中井 智之, 中村 幸博, 佐々木 毅, 松日楽 信人, 環境センサを使用した複数ロボットの連携システムの開発, SI2017, 3B1-05, 2017
[14] 下山 未来, 松日楽 信人, ロボットの人物追従時における特徴量の検討と追従実験, SI2017, 3C1-02, 2017
[15] 池田 貴政, 岡野 憲, 松日楽 信人, 加藤 由花, 歩行者の分岐におけるインタフェースロボットの応答制御の検討, SI2017, 3C1-03, 2017
[16] 鈴木 覚士, 松日楽 信人, 島田 努, 島田 真太郎, 小型力覚センサを応用したロボットアーム操作デバイスの開発, SI2017, 3B2-02, 2017
【優秀講演賞
[17] 孫 博, 下山 未来, 松日楽 信人, 測域センサとパンチルトカメラを用いたアクティブセンシングによる歩行者検出, SI2017, 3E2-04, 2017
[18] 池田 貴政, 下山 未来, 松日楽 信人, RSNPを利用したロボットアンケート評価システム, 人工知能学会2017, 1J2-NFC-01a-4, 2017
[19] 成田 雅彦, 松日楽 信人, 土屋 陽介, 中川 幸子, 村川 賀彦, 加藤 由花, ロボットを用いたアクティブセンシングシステムと「クラウドベースのロボットサービスの統合基盤, 人工知能学会, 1J3-NFC-01b-1, 2017
[20] 内藤 佑太, 松日楽 信人, Falconを用いたマスタスレーブシステム, RSJ2017, 2B1-05, 2017
【RSNPコンテスト優秀賞】
[21] 瀬沼 隆遠, 岡野 憲, 池田 貴政, 松日楽 信人, 土屋 陽介, 成田 雅彦, Raspberry Piを用いたRSNP人検出データ収集システム, RSJ2017, 2B1-06, 2017
【RSNPコンテスト優秀賞
[22] 成田 雅彦, 中川 幸子, 土屋 陽介, 加藤 由花, 松日楽 信人, 非専門家向けロボットサービスプラットフォームの高度化, RSJ2017, 2B2-03, 2017
[23] 池田 貴政, 唐真 卓也, 松日楽 信人, 志村 秀明, インタフェースロボットのクルージングガイドへの応用, ROBOMECH2017, 1A1-I06, 2017
[24] 鈴木 覚士, 松日楽 信人, 廣田 和大, エスカレータを利用した移動ロボットによるフロア間移動に関する研究, ROBOMECH2017, 2A2-B12, 2017
[25] 藤本 一真, 中井 智之, 中村 幸博, 松日楽 信人, 環境センサを利用した複数ロボットのタスク管理システムの開発, ROBOMECH2017, 2A2-J12, 2017
[26] 大澤延弘, 松日楽信人, 廣瀬敏也, 衝突時分解型ロボットの分解条件の検討, ROBOMECH2017, 2A2-M04, 2017
[27] 下山 未来, 松日楽 信人, 鈴木 薫, 複数人の集合環境における追従ロボットの開発, ROBOMECH2017, 2P1-J04, 2017

<掲載論文>
[1] Masahiko Narita, Daiki Aoki, Makie Miyauchi, Sachiko Nakagawa, Yosuke Tsuchiya, Nobuto Matsuhira, Demonstration experiments of a distributed questionnaire service using multiple robots with the aim of marketing at a tourist site, International Journal of Smart Computing and Artificial Intelligence (IJSCAI), Vol 2, No.1, 2018
[2] 成田 雅彦, 土屋 陽介, 泉井 透, 阿久津 裕, 安田 福啓, 中川 幸子, 松日楽 信人,サービスロボットによる分散アンケートサービスの提案,日本ロボット学会誌,Vol.35, No.5, pp.403-413, 2017
[3] 成田雅彦,中川幸子,松日楽信人,マーケティング分野への適用を目指したスタンプラリーとアンケートサービスのCRSPを用いた構築 ~クラウドベースのロボットサービス統合基盤の進展,人工知能学会誌,Vol.32, No.1, 2017


          -----2016年度-----

<研究発表・講演>

[1] Mirai Shimoyama, Kazuma Fujimoto, Motohiro Yasuda, Nobuto Matsuhira, Development of a Small Interface Robot Using RT-Middleware as a Common Robot Platform, SEATUC Symposium 2016, OS05-02, Tokyo, 2016
[2] Shingo Hasegawa, Nobuto Matsuhira, Kunihiro Ogata, Eiichi Ono, Tsuyoshi Nakayama, Motion Analysis of Wheelchair Considering the Pectoral Girdle Mechanism, SII2016, Tu1P14.3, 2016
[3] Harada Andre, Rolim Rebecca, Kazuma Fujimoto, Kaoru Suzuki, Nobuto Matsuhira, Toru Yamaguchi, Development of Basic Functions for a Following Robot in a Human Gathering Environment, SII2016, We2P15.5, 2016
[4] 池田 貴政,安田 福啓,松日楽 信人, アンケートの入力時間の違いを利用した重みづけ評価RTC, SI2016, 1N2-3, 2016
【RTMコンテスト2016奨励賞
[5] 下山 未来,松日楽信人, 教室内の注目度計測RT コンポーネント, SI2016, 1N3-2, 2016
【RTMコンテスト2016奨励賞】
[6] 安田 福啓,瀬沼 隆遠,齊藤 真拡,松日楽 信人, 複数クローラロボットのRSNP遠隔操作システムの構築と基礎実験, SI2016, 1F4-4, 2016
[7] 松日楽 信人,大澤 延弘,廣瀬 敏也, 衝突時分解型ロボットの開発, SI2016, 2E3-5, 2016
[8] 藤本 一真,松日楽 信人,中村 幸博,佐々木 毅,菅谷 みどり,吉見 卓, 空間知システムを活用した写真撮影ロボットの位置修正, SI2016, 3D2-6, 2016
[9] 成田 雅彦,土屋 陽介,中川 幸子,松日楽 信人,加藤 由花, Keynote RSi の活動と非専門家向け開発フレームワークの展開, SI2016, 3A2-1 ,2016
[10] 松日楽 信人,山口 亨,成田 雅彦, Keynote コミュニティサービスロボットにおけるアプリケーション開発, SI2016, 3A2-2 ,2016
[11] 小西 啓太,松日楽信人,丸山 孝仁,武田信和,角舘 聡,コンパクトシミュレータを用いたITER ブランケットモジュール把持のための位置決め支援手法の検討,SI2016, 3M2-5, 2016
[12] 下山 未来,松日楽信人,直動機構を用いたアクティブセンシングによる死角低減の研究, SI2016, 3D3-1,2016
[13] 池田 貴政,唐真卓也,松日楽 信人,加藤 由花, インタフェースロボットの
[14] 応答制御のための歩行情報取得方法の検討, SI2016, 3E3-3 , 2016
[15] 池田貴政,松日楽信人,歩行情報を用いたインタフェースロボットの応答制御,ROBOMECH2016, 1A1-14a4,2016
[16] リニアユニットを用いた測域センサの死角低減の研究‐2点間の死角領域の比較評価,ROBOMECH2016, 1A1-19a2, 2016
[17] 野村周平,中西直也,松日楽信人,大河原孝,吉見卓,中本秀一, 立ち上がり動作支援装置の駆動開始タイミングの検討, ROBOMECH2016, 2A1-15a4, 2016
[18] 小西啓太,松日楽信人,丸山孝仁,武田信和,角舘聡, コンパクトシミュレータを用いたITER ブランケットモジュール把持操作の検討, ROBOMECH2016, 2A1-18a4, 2016
[19] 安田福啓,荻谷浩史,瀬沼隆遠,松日楽信人, 移動ロボットの遠隔操作時における座標系の組合せと操作性との関係性の分析, ROBOMECH2016, 2P1-03a1, 2016
[20] 藤本一真,松日楽信人,遠藤太貴,佐々木毅, 空間知能化された環境におけるロボット連携システムの開発-環境センサを利用した写真撮影ロボットの動作生成, RSJ2016, 2P2-03a5, 2016
[21] 瀬沼 隆遠, 安田 福啓, 松日楽 信人, RSNPを用いた移動ロボット自己位置表示システムの開発, RSJ2016, 1R2-04, 2016
[22] 安田 福啓, 野村 周平, 瀬沼 隆遠, 松日楽 信人, RSNPを用いた遠隔診断アドバイスシステムの開発, RSJ2016, 1R2-05, 2016
【RSNPコンテスト優秀賞:SI賞】
[23] Senuma, Takatoo Motohiro Yasuda, Nobuto Matsuhira, Investigation of a Suitable Update Cycle of GUI in an RSNP Teleoperated Robot System, SICE2016, Th2aPo4.4pp.958-961, 2016
[24] Sergio Pinheiro Filho, Takatoo Senuma, Motohiro Yasuda, and Nobuto Matsuhira, Leonidas Collision Avoidance at Very Narrow Pathways in a Tele-Operated Robot System, SICE2016, 27 Th2aPo4.5, pp.962-964, 2016
[25] Andre Harada, Kazuma Fujimoto, Rebecca Rolim, and Nobuto Matsuhira, Development of a Basic Function for a Following Robot in a Human Gathering Environment, SICE2016, 28 Th2aPo4.6, pp.965-967, 2016
[26] Nobuto Matsuhira, Masahiko Narita, Toru Yamaguchi, Service Robot Development Strategy using a Community-Based Approach, ICServ2016, 059, 2016
[27] Kazuma Fujimoto, Takeshi Sasaki, Midori Sugaya, Takashi Yoshimi, Makoto Mizukawa, Nobuto Matsuhira, A Collaborative Service Experiment by Multiple Robots in Human Environment Utilizing Kukanchi System, ICIRA2016, 1P2B-1, 2016
[28] 相羽 亮, 廣田和大, 瀬沼隆遠, 松日楽信人, コンベックステープを用いた軽量伸縮機構の開発−姿勢補正による伸縮制御−, 日本機械学会年次大会2016, G1500106, 2016
[29] Takashi Arai, Motohiro Yasuda and Nobuto Matsuhira, Development of a teleoperated robot arm system using RSNP: Precise tasks performed using a predictive display, URAI2016, SaB3-4, Xian, China
[30] Kazuma Fujimoto, Nobuto Matsuhira, Masayuki Murakami, Kazuhiro Sakashita, Toru Yamaguchi, Performance Improvement of a Robot Photographer Using Multiple Human Detection System to Activate the Community,ARSO2016, Sa2-4T1.7, Shanghai, China
[31] 成田 雅彦,松日楽 信人,土屋 陽介,中川 幸子,加藤 由花,村川 賀彦,「クラウドベースのロボットサービスの統合基盤」とその活用例,人工知能学会 全国大会, 1I3-NFC-02a-1,2016.
[32] Shiori Sakai, Sumire Kimura, Daiki Nomiyama, Takamasa Ikeda, Nobuto Matsuhira, and Yuka Kato, Classification of Age Groups using Walking Data Obtained from a Laser Range Scanner, IECON2016,
[33] 松日楽 信人, コミュニティから広げる継続可能なロボット開発, 日本機械学会誌, pp.488-491, Vol.119, No.1174, 2016.9

<掲載論文>

[1] 坂井栞, 木村純麗, 池田貴政, 野見山大基, 松日楽信人, 加藤由花, 測域センサにより取得される歩行パターンを利用した高齢者/若年者弁別手法, 情報処理学会論文誌, Vol.57, No.1, 2016
[2] Kunihiro Ogata, Tomoya Kawamura, Eiichi Ono, Tsuyoshi Nakayama and Nobuto Matsuhira, Upper Body of Dummy Humanoid Robot with Exterior Deformation Mechanism for Evaluation of Assistive Products and Technologies, Journal of Robotics and Mechatronics, pp.1-9, Vol.28 No.4, 2016

            -----2015年度-----

<研究発表・講演>

[1] 野見山大基, 池田貴政, 松日楽信人, RSNPを活用した人数推移システムの提案と基礎実験, 電子情報通信学会クラウドネットワークロボット研究会(CNR), 2015-12-18
[2] 長谷川伸悟, 松日楽信人, 尾形邦裕, 小野栄一, 中山剛, 上肢帯機構を考慮したモデルによる日常生活動作の解析, 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2015) , 3B4-3, 2015
[3] 遠藤太貴, 野見山大基, 佐々木毅, 中村幸博, 菅谷みどり, 吉見卓, 水川真, 松日楽信人, RT ミドルウェアを用いたロボット連携によるサービス提案, 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2015) , 3F2-4, 2015
[4] 新井孝, 松日楽信人, RSNP を用いたロボットアームの遠隔操作, 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2015) , 3F2-3, 2015
[5] 成田雅彦, 中川幸子, 土屋陽介, 松日楽信人, 加藤由花, Keynote[2] RSi の活動と非専門家向け開発フレームワークとマーケッティングへの適用の試み, 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2015) , 2M1-1, 2015
[6] 松日楽信人, 山口亨, 成田雅彦, 坂下和広, 本村陽一, 近藤逸人, Keynote[1] 共通基盤技術を活用したコミュニティサービスロボットの連携研究, 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2015), 2M1-2,
[7] 小西啓太, 松日楽信人, 丸山孝仁, 武田信和, 角舘聡, ITER 遠隔保守ロボットのためのコンパクトシミュレータの開発, 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2015) , 1G4-6, 2015
[8] 角舘聡, 武田信和, 松日楽信人, 仙田郁夫, ITER 保守ロボットの技術開発の進展, 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2015) , 1G4-1, 2015
[9] 下山未来, 藤本一真, 安田福啓, 松日楽信人,多目的利用が可能な画像出力RT コンポーネント, 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2015) , 1O3-4, 2015
【RTMコンテスト奨励賞】
[10] 馬込彬, 松日楽信人, 島田真太郎, 島田努, 自由度操作デバイスによる福祉用ロボットアームのシミュレーション評価, 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2015) , 1N2-16, 2015
[11] 野見山大基, 池田貴政, 松日楽信人, 新井初実, 木村純麗, 坂井栞, 薮井えりか, 山崎友希, 加藤由花, 歩行パターンを利用した人検出RT コンポーネント, 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2015) , 1O2-6, 2015
【RTMコンテスト奨励賞
[12] Nobuto Matsuhira, Shinichi Ishida, Hiroshi Ogiya,hibaura Motohiro Yasuda, Development of a Teleoperated Multiple Robot System with Robot Service Network Protocol - Support Function and Following Task by Two Mobile Robots -, 2015 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII2015) , SuB4.2, Nagoya, 2015
[13] Motohiro Yasuda, Hiroshi Ogiya, Nobuto Matsuhira, Shared map for multiple teleoperated robot system with RSNP to perform a collaborative task: An exploration experiment by two mobile robots, The 6th International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM2015), Tokyo, 1A1-21, 2015
[14] Naoya Nakanishi, Taigi Suzuki, Yuta Hongo, Satoshi Iso, Takashi Oogawara, Nobuto Matsuhira, Development of Prototype Supporting Mechanism Based on Measurement of Standup Motions, 15th International Conference on Control, Automation, and Systems (ICCAS2015), TA04-4, October 13~16, 2015 at BEXCO, Busan, Korea
[15] Hiroshi Ogiya, Shinichi Ishida, Motohiro Yasuda, Nobuto Matsuhira, Teleoperation via head-mounted display motion with the Robot Service Network Protocol, The 34th Chinese Control Conference and SICE Annual Conference 2015 (CCC&SICE2015), ThC05-5, July 28 to 30, 2015 Hangzhou, China.
[16] Daiki Nomiyama, Nobuto Matsuhira, Masahito Sano, Toru Yamaguchi, Enhancement of Interface Robot Using RT Middleware and RSNP Network Protocol, The 2015 IEEE International Workshop on Advanced Robotics and its Social Impacts (ARSO 2015) will be held on July 1st – July 3rd, 2015 in Lyon, France.
[17] 野見山大基, 松日楽信人, i-RSNPにおける人数推移システムの提案, 第33回日本ロボット学会学術講演会, 3N3-03, 2015
【RSNPコンテスト最優秀賞:RSi賞
[18] 新井孝, 松日楽信人, RSNPを介した6軸ロボットアームの遠隔操作, 第33回日本ロボット学会学術講演会, 3N2-05, 2015
[19] 安田福啓, 荻谷浩史, 瀬沼隆遠, 松日楽信人, RSNPを用いたアンケートロボットの開発, 第33回日本ロボット学会学術講演会,3N2-03, 2015
[20] 松日楽信人, 野見山大基, 藤本一真, 安田福啓, 荻谷浩史, 成田雅彦, 山口亨, RSNPを活用したコミュニティロボティクスの提案, 第33回日本ロボット学会学術講演会, 3L1-02, 2015
[21] 成田雅彦, 中川幸子, 土屋陽介, 松日楽信人, 非専門家向け開発フレームワークを活用したロボットサービスのマーケッティングへの展開の提案, 第33回日本ロボット学会学術講演会, 3L1-01, 2015
[22] 遠藤太貴, 佐々木毅, 松日楽信人, 水川真, 空間知能化システムによる抽象的な位置情報を基にしたサービス提案, 第33回日本ロボット学会学術講演会, 3H1-01, 2015
[23] 藤本一真, 松日楽信人, RTMを利用した自動アングルカメラロボットの成功率向上に関する研究, 第33回日本ロボット学会学術講演会, 1H3-08, 2015
[24] 廣田和大, 松日楽信人, 中村匡応, 相羽亮, コンベックステープを用いた軽量伸縮機構の開発, G1500406, 2015 年度日本機械学会年次大会
[25] 松日楽信人, 基調講演[K15100] ロボティクス・メカトロニクスの現状と展望, 2015 年度日本機械学会年次大会
[26] 安田福啓, 石田真一, 荻谷浩史, 松日楽信人, RSNPを用いた複数ロボットの遠隔操作システムに関するGUI開発と基礎実験, 3H4-NFC-03b-4, 2015 年度人工知能学会全国大会(第29回)
[27] 馬込彬, 松日楽信人. 島田真太郎, 島田努, シミュレーションによるロボットアーム操作デバイスの評価, 1P2-E09, ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 in Kyoto, 2015
[28] 小林永二, 吉見卓, 松日楽信人, 水川真, 安藤吉伸立ち上がり動作支援装置における手すり位置の決定方法, 2A1-J08, ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 in Kyoto, 2015
[29] 長谷川伸悟, 松日楽信人, 川村友也, 尾形邦裕, 小野栄一, 中山剛, 人の動作に基づく上肢帯機構を有するロボットアームの運動解析, 2A2-K07, ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 in Kyoto, 2015
[30] 中西直也, 松日楽信人, 本合優太, 鈴木大義, 大河原孝, 立ち上がり動作支援機構に関する研究 試作装置による基本動作実験, 2A2-K08, ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 in Kyoto, 2015
[31] 山内優幸, 松日楽信人, 細谷直基, 前田真吾, ナノチューブ・ナノ粒子複合電極を有する誘電エラストマーアクチュエータの設計, 2A2-Q06, ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 in Kyoto, 2015

< 掲載論文 >

[1] 成田 雅彦, 泉井 透, 中川 幸子, 土屋 陽介, 松日楽 信人, 加藤 由花,ネットワークを活用したロボットサービスのための非専門家向け開発フレームワークの提案,日本ロボット学会誌,Vol.33, No.10, pp.807-817, 2015


            -----2014年度-----

< 研究発表・講演 >

[1] 松日楽信人:ベイエリアおもてなしロボット研究会と最近のロボット動向,ベイエリアロボティクスフォーラム,12月8日,芝浦工業大学
[2] Shinichi Ishida, Hiroshi Ogiya and Nobuto Matsuhira,Development of a selectable teleoperated robot system using RSNP,The 11th International Conference on Ubiquitous Robots and Ambient Intelligence (URAI 2014),P3-27,Nov. 12 - 15, 2014 at Double Tree Hotel by Hilton, Kuala Lumpur, Malaysia
[3] Taigi Suzuki, Yuta Hongo, and Nobuto Matsuhira, Development of an Apparatus for Measuring and Supporting Human Standup Motions, 2014 14th International Conference on Control, Automation and Systems (ICCAS 2014), TB04-3, pp.773-777, Oct. 22-25, 2014 in KINTEX, Gyeonggi-do, Korea 【Student Best Paper Award Finalist】
[4] 生田目祥吾,藤本一真,松日楽信人RTM によるカメラマンロボットの動作確実性の向上,第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2014),1A3-1,2014 
【RTMコンテスト奨励賞】
[5] 佐々木毅,吉見卓,松日楽信人,水川真,空間知データベースを利用した連携ロボットサービス,第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2014),1G3-6,2014
[6] 野見山大基,石田真一,生田目祥吾,松日楽信人,RTM-RSNP による人数管理システム,第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2014),1A4-3,2014
 【RTMコンテスト奨励賞】
[7] 荻谷浩史,石田真一,安田福啓,松日楽信人,HMD を用いたPTカメラのインターネット遠隔操作,第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2014),1A4-4,2014
[8] 生田目祥吾,松日楽信人,複数の環境デザインを利用した移動ロボットの自己位置推定,第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2014),2D3-4,2014
[9] 成田雅彦,中川幸子,土屋陽介,松日楽信人,加藤由花,Keynote RSi の活動に基づくネットワークを活用したロボットサービスのための非専門家向け開発フレームワーク,第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2014),2L3-2,2014
[10] 川村友也,松日楽信人,尾形邦裕,小野栄一,車いす利用者の衣服評価を目的としたロボットアームの機構設計と動作生成,第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2014),3D1-2,2014
[11] 中西直也,鈴木大義,本合優太,松日楽信人,大河原孝,立ち上がり動作支援機構に関する研究,第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2014),3D1-3,2014
[12] 角舘聡,武田信和,松日楽信人,ITER 遠隔保守ロボット調達活動の概要,第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2014),3M2-1,2014
[13] 松日楽信人,石田真一,共通利用を考慮した遠隔操作ロボットシステムの開発,第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2014),3M2-2 ,2014
[14] Matsuhira, Nobuto, Hirota, Kazuhiro, Namatame, Shogo, Development of an Escalator Riding Robot: Experiment of Riding on an up Escalator2014 IEEE International Conference on Automation Science and Engineering(CASE2014), ThDT5.3, August 18-22, 2014, Taipei, Taiwan
[15] Matsuhira, Nobuto, Namatame, Shogo, Yamaguchi, Toru, Development of a Robot with Photography Service As a RT-Middleware Application for the Widespread Use of Robots, 2014 IEEE Workshop on Advanced Robotics and its Social Impacts(ARSO2014), FrCT1.3 September 11-13, 2014, Evanston, IL
[16] 池田雅人,松日楽信人,生活支援のためのロボットアームにおける接触時動作の検討,ロボティクス・メカトロニクス講演会2014 in Toyama,1P1-A02,2014
[17] 本合優太,鈴木大義,中西直也,松日楽信人,福永いづみ,立ち上がり動作支援装置の制御方法の研究,ロボティクス・メカトロニクス講演会2014 in Toyama,1P1-G03
[18] 野見山大基,折笠登志彦,松日楽信人,山本大介,佐野雅仁,人の移動に伴うインタフェースロボットの対面応答制御法の開発,ロボティクス・メカトロニクス講演会2014 in Toyama,2A1-M05
[19] 生田目祥吾,松日楽信人,RTM を活用した移動カメラロボットの開発,ロボティクス・メカトロニクス講演会2014 in Toyama,3A1-U01,2014
[20] 成田雅彦,中川幸子,土屋陽介,松日楽信人,加藤由花ネットワークを活用したロボットサービスのための非専門家向け開発フレームワークの提案,第32回日本ロボット学会学術講演会RSJ2014,1G1-01,2014
[21] 石田真一,荻谷浩史,安田福啓,松日楽信人,成田雅彦,鈴木昭二,RSNP共通操作画面を用いたロボットの複数遠隔操作基礎実験,第32回日本ロボット学会学術講演会RSJ2014,1G1-03,2014
[22] 安田福啓,石田真一,荻谷浩史,松日楽信人,遠隔操作用共通GUIの開発,第32回日本ロボット学会学術講演会RSJ2014,1G2-03,2014
[23] 荻谷浩史,石田真一,安田福啓,松日楽信人,HMDを用いたPTカメラの操作,第32回日本ロボット学会学術講演会RSJ2014,1G2-05,2014
 【RSNPコンテスト優秀賞:システムインテグレーション賞】
[24] 石田真一,野見山大基,松日楽信人,いきいきクラブロボットネットワークプロジェクト i-RSNPの提案,第32回日本ロボット学会学術講演会RSJ2014,1G2-08,2014 
【RSNPコンテスト優秀賞:ロボットビジネス推進協議会賞】
[25] 尾形邦裕,小野栄一,中山剛,川村友也,松日楽信人,田中隆,福祉機器の客観的評価のための外装変形機構を有する人型ダミーロボット,第32回日本ロボット学会学術講演会RSJ2014,1H3-02,2014

            -----2013年度-----

< 研究発表・講演 >

[1] 新井孝,生田目祥吾,松日楽信人, PSD を用いた相対位置検出モジュール, 1B1-5, 第14回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会 SI2013
[2] 石田真一, 荻谷浩史, 生田目祥吾, 松日楽信人, 自律・遠隔操作可能な追尾カメラ, 1B3-2, 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2013)
[3] 生田目祥吾, 石田真一, 松日楽信人, 自動アングル機能を有したロボットカメラ, 1B4-4, 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2013)
[4] 山口亨, 松日楽信人, 下川原英理, 藤本泰成, キーノート講演: 空間知におけるソフトウェアモジュールの共通化と目的に応じた多彩 なロボットの開発, 1K4-1, 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2013)
[5] 生田目祥吾, 松日楽信人, 環境デザインを利用した移動ロボットの巡回動作, 2J3-4, 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2013)
[6] 石田真一, 荻谷浩史, 生田目祥吾, 松日楽信人, RSNPを用いた複数の移動ロボットの遠隔操作における自動追従監視機能の開発,3A3-6 , 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2013)
[7] 大河原孝, 松日楽信人, 中西直也, 直動機構を使った立ち上り支援機構の設計, 3J1-4, 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2013)
[8] Shogo Namatame, Nobuto Matsuhira, Navigation Method of a Mobile Robot in Daily Life Environment Considering Environmental Design, SP1-J.2, 2013 IEEE/SICE International Symposium on System Integration(SII2013)
[9] 松日楽信人, 共存協調ロボット技術, 第3回ヒューマン・マシン・インターフェイス設計研究会, 日本機械学会機素潤滑設計部門ヒューマン・マシン・インターフェイス設計研究会, 2013年12月14日
[10] 松日楽信人, 石田真一, 生田目祥吾, RSNP-RTMを利用したロボットシステムの構築, クラウドネットワークロボット研究会, 2013
[11] Ishida, Shinichi ; Matsuhira, Nobuto, Development of a remote control system of a mobile robot using RSNP, 2013 Proceedings of SICE Annual Conference (SICE2013), pp.197-202, 2013
[12] Nobuto Matsuhira, Toshihiko Orikasa, Daisuke Yamamoto, Masahito Sano, Response Control of a Communication Robot Depends on the Position and Velocity of the Person, TuM1T2.4, Ro-Man2013,August 26-29, 2013, Gyeongju, Korea
[13] Eri sato-Shimokawara,Tetsuya Kaneko,Toru Yamaguchi,Makoto Mizutone,Nobuto Matsuhira,"Estimation of Basic Activities of Daily living using ZigBee 3D Accelerometer Sensor Network",2013 International Conference on Biometrics and Kansei Engineering,pp.251-256, 2013
[14] 松日楽信人, 石田真一, RSNPを利用した異種・複数ロボットによる新しい遠隔操作システムの提案,1D2-01,第31回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2013)
[15] 角舘聡, 松日楽信人, ITER(国際熱核融合実験炉)遠隔保守ロボットの技術開発の進展, 1D2-02, 第31回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2013)
[16] 石田真一, 荻谷浩史, 松日楽信人, RSNPを用いた移動ロボット遠隔操作実験システムの構築, 2D1-06, 第31回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2013)
[17] 本合優太, 鈴木大義, 松日楽信人, 立ち上がり動作支援装置の制御方法の研究, 2H2-07, 第31回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2013)
[18] 生田目祥吾, 石田真一, 松日楽信人, RSNPとRTミドルウェアによるロボットお出迎えサービス, 3R3-03, 第31回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2013)
[19] 荻谷浩史, 石田真一, 松日楽信人, 振動機能付きコントローラにおける近接情報のフィードバック, 3R3-04, 第31回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2013)
[20] 石田真一, 荻谷浩史, 松日楽信人, ロボットサーフィンサービスの提案, 3R3-05, 第31回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2013)
 【RSNPコンテスト最優秀賞:RSi賞】
[21] 松日楽信人,山口陽之,成田雅彦,加藤由花,土屋陽介:RSNPを用いた遠隔コラボレーションロボットの検討,第29回日本ロボット学会学術講演会, 3D2-5, 2011
[22] 生田目祥吾, 松日楽信人, 環境デザインを利用したロボットの自己位置補正, 1P1-G04, ROBOMEC2013
[23] 鈴木大義, 本合優太, 松日楽信人, 砂押貴光, 額田秀記, 立ち上がり動作計測システムの開発と動作解析, 2P1-C08, ロボティクス・メカトロニクス講演会2013
[24] 折笠登志彦, 猿谷真也, 松日楽信人, 山本大介, 佐野雅仁, 卓上型インタフェースロボットによる人の動作に応じた応答制御, 2P1-P17, ロボティクス・メカトロニクス講演会2013

< 掲載論文 >

中本秀一,小川秀樹,松日楽信人,広瀬茂男,食器類ハンドリングのための下面支持ハンドの開発(コンセプト提案とアームシステムへの適用設計),日本機械学会論文集(C編),79巻807号(2013-11),pp.274-284,2013

            -----2012年度-----

< 研究発表・講演 >

[1] 松日楽信人:キーノートスピーチ「人や社会と共存するロボット技術」,RSJネットワークを利用したロボットサービス研究専門委員会 2012年度 第三回研究会, 2013.3.22
[2] 生田目祥吾,石田真一,松日楽信人:RTM で動作する人追尾可能なカメラモジュールの開発,第13回 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2012),1G3-1,2012.12.19
[3] 生田目祥吾,松日楽信人:環境デザインを利用したロボットの移動制御,第13回 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2012),1M4-5,2012.12.19
[4] Nobuto Matsuhira, Takehito Fukushima, Hideki Nukada and Takamitsu Sunaoshi, Development of the Supporting Apparatus for Standing up Motion of the Elderly Person: Basic Experiment of Standing up Motion, 2012 IEEE/SICE International Symposium on System Integration(SII2012), SP2-A.6, 2012.12.17
[5] 松日楽信人:立上りが億劫になっていませんか? 人と共存するロボット技術,佃シニアセンター,2012.12.12
[6] 石田真一,松日楽信人:3自由度操縦装置の位置および速度取得,日本ロボット学会第30回記念学術講演会(RSJ2012),B3-6,2012.9.18
[7] 石田真一,生田目祥吾,松日楽信人:移動ロボットによる見守りサービス, 日本ロボット学会第30回記念学術講演会(RSJ2012),B1-7,2012.9.18
[8] 松日楽信人, 石田真一, 生田目祥吾, 成田雅彦, 加藤由花, 土屋陽介, RSNPを用いた遠隔ロボットシステムの基礎構築, 日本ロボット学会第30回記念学術講演会(RSJ2012),B1-5,2012.9.19
[9] 松日楽信人:人と共存するロボット技術,佃テクノロジーカフェ,芝浦工業大学,2012.7.27
[10] 松日楽信人:ロボティクスを学び,豊かな社会を築こう! 夢ナビ,東京ビッグサイト,2012.7.14
[11] 松日楽信人,大場光太郎:環境とロボットとのインタラクションデザイン,計測と制御,第51巻,第6号,pp.499-503,2012.6
[12] 折笠登志彦,松日楽信人,山本大介:旋回型歩行機構を用いた卓上型ロボットの移動経路制御,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会(ROBOMEC'12),2A1-G03,2012.5
[13] 福島武人,松日楽信人,砂押貴光,額田秀記:力覚による動作支援機器に関する研究-立ち上がり動作の計測と基礎実験-,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会(ROBOMEC'12),2A1-U11,2012.5
[14] Hisashi Hayashi, Hideki Ogawa, and Nobuto Matsuhira, HTN Planning for Pick-and-place Manipulation, 4th International Conference on Agents and Artificial Intelligence (ICAART2012), 2012.2.6

< 掲載論文 >

[1] 林久志,足立勝,横山和彦,小川秀樹,松日楽信人:ロボットの物体操作計画と人に合わせた再計画 , 人工知能学会論文誌, 28巻2号SP-C, 2013

            -----2011年度-----

< 研究発表・講演 >

[1] 折笠登志彦,松日楽信人:旋回型歩行機構を用いた卓上型ロボットの走行経路制御,関東学生会第51回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集, 1019, pp.389-390, 日本大学生産工学部津田沼キャンパス, 2012.3.9
[2] 福島武人,松日楽信人:力覚による人の動作支援に関する研究,関東学生会第51回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集, 1011, pp.373-374, 日本大学生産工学部津田沼キャンパス, 2012.3.9
[3] 松日楽信人,山口陽之,小川秀樹:環境デザインを活用したロボット位置計測の検討,計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI20112), 2C2-6, Dec. 2011
[4] 松日楽信人:ロボットが貢献する社会に向けて,第16回神奈川フォーラム「ロボットが貢献する未来社会」,神奈川県産業技術センター,Oct. 2011
[5] 林久志,足立勝,横山和彦,小川秀樹,松日楽信人:障害物を考慮した物体マニピュレーションのためのHTNプランニング(L) , Joint Agent Workshop and Symposium 2011(JAWS2011), Oct. 2011
[6] 松日楽信人,山口陽之,成田雅彦,加藤由花,土屋陽介:RSNPを用いた遠隔コラボレーションロボットの検討,第29回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2011), 3D2-5, Sept. 2011

< 掲載論文 >

[1] Takafumi Sonoura, Seiji Tokura, Tsuyoshi Tasaki, Fumio Ozaki, and Nobuto Matsuhira, Reflective Collision Avoidance for Mobile Service Robot in Person Coexistence Environment, Journal of Robotics and Mechatronics(JRM), pp. 999-1011, Vol.23, No.6, Dec. 2011
[2] Tsuyoshi Tasaki, Seiji Tokura, Takafumi Sonoura, Fumio Ozaki, and Nobuto Matsuhira, Obstacle Location Classification and Self-Localization by Using a Mobile Omnidirectional Camera Based on Tracked Floor Boundary Points and Tracked Scale-Rotation Invariant Feature Points, Journal of Robotics and Mechatronics(JRM), pp.1012-1023, Vol.23, No.6, Dec. 2011
[3] 田崎豪,十倉征司,園浦隆史,尾崎文夫,松日楽信人:移動ロボット搭載全方位カメラを用いた床際点トラッキングによる静止障害物と移動障害物の識別,日本ロボット学会誌,pp.68-77,Vol.29,No.05,2011
[4] 小森谷清,松日楽信人:店舗用ロボット搬送システム ―NEDO戦略的先端ロボット要素技術開発プロジェクトの報告―,日本機械学会誌,pp.383-387, Vol.114, No.1110, 2011年5月号

< 執筆 >

[1] 松日楽信人:テレロボティクスから学ぶロボットシステム,講談社,2017年9月8日
[2] 執筆分担:機械実用便覧 改訂第7版,日本機械学会,2011年12月

< 芝浦工大ロボットセミナー >

[1] 2011/12/4  芝浦工大ロボットセミナー(芝浦)にてロボットの話を講演
[2] 2011/9/10  芝浦工大ロボットセミナー(大宮)にてロボットの話を講演