○○事務所 本文へジャンプ
川村 友也 君を偲ぶ

 川村友也君は2015年2月20日にマンションの火災により亡くなりました。これから修士論文のまとめと就職活動を行って新たな人生に踏み出そうとする直前のことでした。誰もが突然の死に言葉を失いました。
 彼は、福祉介護のロボットを研究したいと、学部4年生になって、知能機械システム研究室に入って来ました。成績も大変優秀でした。
ちょうど新しく始めた国立障害者リハビリテーションセンターとの共同研究に参加して貰いました。これは、車椅子利用者の方に、素敵な服を着て頂くために、人の動きを模擬し衣服の着心地などを評価するダミーロボットを開発するというプロジェクトです。
 そのためにロボットの設計、運動学の解析と、初めてのことに一生懸命勉強をし、私や国リハの先生からも沢山の指導を受けて来ました。研究室の中では一番、指導をしてくれた先生が多かったのではないかと思います。沢山のコメントにも嫌がることなく、真面目に取り組んでくれました。何度も設計をやり直し、何度も論文を書きなおし、努力してくれました。努力家でした。研究室の中では最初にロボットアームの難しい逆運動学を解いてくれて、皆んなに教えてくれましたね。
 昨年12月には初めての学会発表を行い、質問に一生懸命対応していましたね。今年は、国際会議に発表しようと言っていたところでした。とても残念です。
 我々は川村君の想いを引き継ぎ、このプロジェクトを成功させたいと思います。研究室の仲間も、君と一緒にいたことを忘れないでしょう。安らかに眠り、我々を支えてて下さい。

知能機械システム研究室
松日楽信人

2015年2月23日 新幹線車中にて