/// Researches of Kab. Lab. ///


研究テーマ

   1.建物の耐震性能評価・改善に関する研究     「都市防災」へ貢献

 人々の生命と財産を地震被害から守るためには,建物の地震に対する性能(=耐震性能)を正確 に把握し,その性能を必要に応じて改善することが必要である。本研究では各種の調査・実験・解析を通して,建物の地震時の挙動を解明し,合理的な耐震性能 の評価法と改善策を提示することで,都市防災に貢献することを目標とする。

 <研究細目>

  1-1) 建物構造体の減衰性能評価

  1-2) 仮動的実験手法の高精度化

  1-3) 耐震診断手法のアップグレード

  1-4) 著しく劣化した建築物の構造性能評価

  1-5) 被災したRC建物の実性能評価


   2.資源循環型建物の実現に向けた研究     「環境保全」へ貢献

 地球に優しい循環型社会の構築に向けて,建設業界ではスクラップ・アンド・ビルドの体質を脱却し,環境保全に立脚した建 設行為の推進が強く求められている。この社会状況を背景として,本研究では産業廃棄物を建築材料としてリサイクルした資源循環型建物の実現を図る技術開発 を行う。石炭灰や建設汚泥等を対象に,コンクリート骨材としての適用性を検討し,これらを活用した建物の構造安全性を検証する。

 <研究細目>

  2-1) 産業廃棄物をリサイクルした建築材料の性能評価

  2-2) 産業廃棄物をリサイクルした建築構造部材の性能評価

 

卒業論文・修士論文

  2017年度   修士論文1編, 卒業論文5編

  2016年度   修士論文1編, 卒業論文5編

  2015年度   修士論文2編, 卒業論文4編

  2014年度   修士論文1編, 卒業論文3編

  2013年度   修士論文1編, 卒業論文4編

  2012年度   卒業論文3編

  2011年度   修士論文1編, 卒業論文5編

  2010年度   修士論文1編, 卒業論文3編 

  2009年度   修士論文3編, 卒業論文4編

  2008年度   修士論文2編, 卒業論文2編

  2007年度   卒業論文3編

  2006年度   卒業論文3編



coded by 芝浦工業大学・椛山研究室