Update; 2017/April/14 


/// Policy of Kab. Lab. /// 

  建築とは「人に快適な空間を提供することと考えます。ここで言う「快適な空間とは,単に風雨や寒暑を凌ぐためだけではなく,以下の3つの機能を持つことが必要です。

   機能@; 人の身体・精神に安静や刺激を与え,心身の健康に寄与する

   機能A; 人の生産活動を効率的なものにし,社会の発展に貢献する

   機能B; 人の生命および財産を災害や事故などの外力から保護する

 この3つの機能の優劣によって建築の性能および価値が評価されるべきであり,中でも,機能Bが満足された上で初めて機能@Aが成立することから,機能Bを追求することが建築の発展のための最小限要件と言うことができます。

 そこで本研究室では,建築における快適な空間の一層の向上に貢献することを目標として,特に,人の生命および財産に関わる機能Bに重点を置いて活動を行います。

  具体的には,我が国において最も危惧すべき自然災害である地震を対象とし,建物の耐震性能の評価と改善に関わる調査・研究を実施して,地震被害の軽減に貢献することを目指しています。

 

層崩壊した庁舎建物   倒壊したビル

地震で被災した建物(1995年阪神・淡路大震災)

せん断破壊したRC柱       せん断ひび割れを生じたRC柱

地震で損傷を受けたRC柱(2011年東日本大震災)



/// Index of Kab. Lab. ///
  メンバー / member      研究 / research     所在地 / location     リンク / links


coded by 芝浦工業大学・椛山研究室