測光量

測光量とは

人の目が明るさを感じるうえで、その強さを定量化したものです。
様々な指標があり、こちらの項目では光束、光度、照度、輝度の4つを取り扱います。

光束[lm(ルーメン)] 単位時間あたりに放射されている光の量。
光源からたくさんの光の針が出ており、それを束ね合わせている。
光度[cd(カンデラ)] ある方向への光源の明るさ。
単位立体角あたりの光束で求められる。
照度[lx(ルクス)] ある面が光源によってどの程度照らされているか。
単位面積あたりの光束で求められる。
輝度[cd/m²] 光源がどの程度輝いているか。
光度をその方向への光源の見かけの面積で割ることで求められる。

計測機器

輝度や照度を計測するためには、輝度計や照度計などの計測機器を用います。
以下の左図が輝度計、右図が照度計です。