光と色

光の三原色


光の三原色とはすべての光の色のもとになる「R(赤)」「G(緑)」「B(青)」のことを表しており、この三色を100%の強さで均等に合わせると白色になります。

テレビなどの発光体はこの三色の割合をさまざまに変化させることによってさまざまな色を生み出しています。


色相(色相環)

光の色は、その光に含まれている波長の長さによって異なり、私たちはそれを「赤」「青」「緑」といったように認識しています。この区別のことを色相と呼びます。

また、色は赤⇒橙⇒黄⇒黄緑⇒緑といったように連続変化として知覚されるので、円環状に配置され表示され、この環のことを色相環と呼びます。

色相環で、対極に位置している色と色のことを補色と呼び、この二色を混ぜると無彩色になります。

彩度と明度


色の鮮やかさまたは色みの強さの度合いのことを「彩度」、色の明るさの度合いのことを「明度」といいます。

色の彩度は高ければより鮮やかになります。また、黒や白、灰色といった色は、彩度や色相のない色 なので、無彩色と表現されます。
色の明度は高ければより明るくなります。