Welcome toMotion Control Lab.

モーションコントロール研究室はどんなところ?

科学技術には理論と実践が大切であり、どちらが欠けても最高のものは生まれません。モーションコントロール研究室では、コンピュータを用いた制御技術を山ほど勉強して、飽きるほどロボット制御実験をしてもらいます。目指すはアスリートのような運動能力を持ったロボットやメカトロ機器(=産業機器、医療・福祉機器など)の創出です。世界中で通用するエンジニアの育成を目指します。

What's New

2017年3月7日 大平峻君が、投稿した論文「Movement Control Based on Model Predictive Control with Kalman Filter Including Disturbance Estimation」により、国際ワークショップSAMCON2017のOutstanding Paper Awardを受賞しました。
2016年3月8日 島田教授が実行委員長を務めた国際ワークショップSAMCON2016が開催されました。当研究室からは 玉井拓也君、安田恵さんが発表を行いました。
2015年9月3日 島田教授が電気学会産業応用部門の部門活動功労賞を受賞しました。
2014年8月26日 森川弘貴君、「小型飛行船型ロボットによる風対抗移動制御法の実験検証」、平成26年電気学会産業応用部門大会 ヤングエンジニアポスターコンペティションでYPC優秀発表賞とIEEE Japan ChapterからYoung Engineer Competition Awardを受賞
2014年4月2日 研究テーマ「クライミングロボット及び支援システム」が科研費に採択される(基礎研究(C)26420427)
2014年1月14日 菅原康徳君、「外界センサを用いた小型ヘリコプタの飛行制御」で電気学会産業計測制御技術委員会優秀論文発表賞を受賞
2013年1月1日 電気学会産業応用部門にメカトロニクス制御技術委員会を設立
2011年9月7日 古川隼也人君、「風推定オブザーバを用いた小型飛行船型ロボットの移動制御」、平成23年電気学会産業応用部門大会 ヤングエンジニアポスターコンペティションでYPC優秀発表賞 とIEEE Japan ChapterからYoung Engineer Competition Awardを受賞
2011年4月2日 研究テーマ「車輪型倒立振子ロボットのモデルベースシステム開発」が科研費に採択される(基礎研究(C)23560540)
2011年4月15日 モーションコントロール研究室オリジナルwebサイト開設