Akiko Fukuda's Homepage

Home (JP)                       Home (EN)                       Publications



Publications


Last Update: 2018.11.24

Papers (Refereed)

  1. Sennosuke Watanabe, Akiko Fukuda, Hitomi Shigitani, Masashi Iwasaki, Min-plus eigenvalue of tridiagonal matrices in terms of the ultradiscrete Toda equation, Journal of Physics A: Mathematical and Theoretical, 51(2018), 444001. LINK
  2. You Takahashi, Masashi Iwasaki, Akiko Fukuda, Emiko Ishiwata, Yoshimasa Nakamura, Periodic convergence in the discrete hungry Toda equation, Journal of Physics A: Mathematical and Theoretical, 51(2018), 344001. LINK
  3. Masato Shinjo, Masashi Iwasaki, Akiko Fukuda, Emiko Ishiwata, Yusaku Yamamoto, Yoshimasa Nakamura, An asymptotic analysis for an integrable variant of the Lotka-Volterra prey-predator model via a determinant expansion technique, Cogent Mathematics, 2 (2015), 1046538. LINK
  4. Sonomi Kakizaki, Akiko Fukuda, Yusaku Yamamoto, Masashi Iwasaki, Emiko Ishiwata, Yoshimasa Nakamura, Conserved quantities of the integrable discrete hungry systems, Discrete and Continuous Dynamical Systems - Series S (DCDS-S), 8 (2015), 889--899. LINK
  5. Takahiko Yamamoto, Kohji Koshiji and Akiko Fukuda, Development of test fixture for measurement of dielectric properties and its verification using animal tissues, Physiological Measurement, 34--9 (2013), 1179--1191. LINK
  6. Akiko Fukuda, Emiko Ishiwata, Yusaku Yamamoto, Masashi Iwasaki, Yoshimasa Nakamura, Integrable discrete hungry systems and their related matrix eigenvalues, Annali di Matematica Pura ed Applicata, 192 (2013), 423--445. LINK
  7. Takahiko Yamamoto, Koki Sano, Kohji Koshiji, Xiuqin Chen, Shaoming Yang, Masahiko Abe and Akiko Fukuda, Improvement of electrical properties of human phantom in low-frequency band by using carbon microcoil, Journal of the Japan Society of Applied Electromagnetics and Mechanics, 21 (2013), 146--151. LINK
  8. You Takahashi, Masashi Iwasaki, Akiko Fukuda, Emiko Ishiwata, Yoshimasa Nakamura, Asymptotic analysis for an extended discrete Lotka-Volterra system related to matrix eigenvalues, Applicable Analysis, 92 (2013), 586--594 LINK
  9. 福田 亜希子, 岩崎 雅史, 山本 有作, 石渡 恵美子, 中村 佳正, ハングリー型の離散可積分系と非対称行列の固有値計算 --可積分アルゴリズムにおける最近の発展--, 日本応用数理学会論文誌, 23 (2013), 109--181.【サーベイ】 LINK
  10. Akiko Fukuda, Yusaku Yamamoto, Masashi Iwasaki, Emiko Ishiwata, Yoshimasa Nakamura,On a shifted $LR$ transformation derived from the discrete hungry Toda equation, Monatshefte f\"ur Mathematik, 170 (2013), 11--26. LINK
  11. Akiko Fukuda, Yusaku Yamamoto, Masashi Iwasaki, Emiko Ishiwata, Yoshimasa Nakamura, Error analysis for matrix eigenvalue algorithm based on the discrete hungry Toda equation, Numerical Algorithms, 61 (2012), 243--360. LINK
  12. Yosuke Hama, Akiko Fukuda, Yusaku Yamamoto, Masashi Iwasaki, Emiko Ishiwata, Yoshimasa Nakamura, On some properties of a discrete hungry Lotka-Volterra system of multiplicative type, Journal of Math-for-Industry, 4 (2012), 5--15. LINK
  13. Akiko Fukuda, A note on eigenvalue computation for a tridiagonal matrix with real eigenvalues, Journal of Math-for-Industry, 3 (2011), 47--52. LINK
  14. Akiko Fukuda, Yusaku Yamamoto, Masashi Iwasaki, Emiko Ishiwata, Yoshimasa Nakamura, A B\"{a}cklund transformation between two integrable discrete hungry systems, Physics Letters A, 375 (2011), 303--308. LINK
  15. Akiko Fukuda, Emiko Ishiwata, Masashi Iwasaki, Yoshimasa Nakamura, Discrete hungry integrable systems related to matrix eigenvalue and their local analysis by center manifold theory, RIMS Kokyuroku Bessatsu, B13 (2009), 1--17. LINK
  16. Akiko Fukuda, Emiko Ishiwata, Masashi Iwasaki, Yoshimasa Nakamura, On the qd-type discrete hungry Lotka-Volterra system and its application to the matrix eigenvalue algorithm, JSIAM Letters, 1 (2009), 36--39. LINK
  17. Akiko Fukuda, Emiko Ishiwata, Masashi Iwasaki, Yoshimasa Nakamura, The discrete hungry Lotka-Volterra system and a new algorithm for computing matrix eigenvalues, Inverse Problems, 25 (2009), 015007, 17pp. LINK
  18. 福田 亜希子, 石渡 恵美子, 岩崎 雅史, 中村 佳正, 離散ハングリーロトカ・ボルテラ系による固有多項式の数値的因数分解, 日本応用数理学会論文誌, 18 (2008), 409--425. LINK

Proceedings (Refereed)

  1. Akiko Fukuda, Sennosuke Watanabe, Ayumi Hanaoka, Masashi Iwasaki, Ultradiscrete Lotka-Volterra system computes tropical eigenvalue of symmetric tridiagonal matrices, IOP Conference Series, accepted.
  2. Hiroshi Takeuchi, Kensuke Aihara, Akiko Fukuda, Emiko Ishiwata, Computation of eigenvectors for a specially structured banded matrix, EPASA 2015: Eigenvalue Problems: Algorithms, Software and Applications in Petascale Computing, Lecture Notes in Computational Science and Engineering, 117(2017), 143--155. LINK
  3. Akihiko Tobita, Akiko Fukuda, Emiko Ishiwata, Masashi Iwasaki, Yoshimasa Nakamura, Monotonic convergence to eigenvalues of totally nonnegative matrices in an integrable variant of the discrete Lotka-Volterra system, EPASA 2015: Eigenvalue Problems: Algorithms, Software and Applications in Petascale Computing, Lecture Notes in Computational Science and Engineering, 117(2017), 157--169. LINK
  4. Ryo Sumikura, Akiko Fukuda, Emiko Ishiwata, Yusaku Yamamoto, Masashi Iwasaki, Yoshimasa Nakamura, Eigenvalue computation of totally nonnegative upper Hessenberg matrices based on a variant of the discrete hungry Toda equation, AIP Conference Proceedings, 1648 (2015), 690006. LINK
  5. Takahiko Yamamoto, Kohki Sano, Kohji Koshiji, Xiuqin Chen, Shaoming Yang, Masahiko Abe and Akiko Fukuda, Improvement of electrical properties of human phantom in low-frequency band by using carbon microcoil, Proceedings of MAGDA Conference in Sendai -- Conference on Electromagnetic Phenomena and Dynamics, (2012), 151--156. LINK
  6. Yusaku Yamamoto, Akiko Fukuda, Masashi Iwasaki, Emiko Ishiwata, Yoshimasa Nakamura, On a variable transformation between two integrable systems: the discrete hungry Toda equation and the discrete hungry Lotka-Volterra system, AIP Conference Proceedings , 1281 (2010), 2045--2048. LINK

Articles (Refereed)

  1. 福田 亜希子, 山本 有作, 岩崎 雅史, 石渡 恵美子, 中村佳正, 箱と玉の両方に番号が付いた箱玉系について, 九州大学応用力学研究所研究集会「 非線形波動研究の深化と展開 」研究集会報告, 28AO-S6(2017), 87--92. LINK
  2. 竹内 弘史, 相原 研輔, 福田 亜希子, 石渡 恵美子, 離散ハングリーロトカ・ボルテラ系に基づく非対称帯行列の全固有対の計算, 九州大学応用力学研究所研究集会「非線形波動研究の現状―課題と展望を探る―」研究集会報告, 26AO-S2(2015), 170--175. LINK
  3. 隅蔵 亮, 福田 亜希子, 石渡 恵美子, 山本 有作, 岩崎 雅史, 中村 佳正, 離散戸田方程式のある拡張に基づくTotally Nonnegative行列の固有値計算アルゴリズム, 九州大学応用力学研究所研究集会「非線形波動研究の現状 ―課題と展望を探る―」研究集会報告, 26AO-S2(2015), 115--120. LINK
  4. 柿崎 苑美, 福田 亜希子, 石渡 恵美子, 山本 有作, 岩崎 雅史, 中村 佳正, 箱に番号が付いた新しい箱玉系について, 九州大学応用力学研究所研究集会「非線形波動研究の拡がり」研究集会報告, 25AO-S2 (2014), 121--126. LINK
  5. 飛田 明彦, 福田 亜希子, 石渡 恵美子, 岩崎 雅史, 中村 佳正, ある拡張型離散戸田方程式の漸近挙動について, 九州大学応用力学研究所研究集会「非線形波動研究の最前線 ―構造と現象の多様性―」研究集会報告, 24AO-S3 (2013), 150--155. LINK
  6. 濱 洋輔, 福田 亜希子, 石渡 恵美子, 岩崎 雅史, 山本 有作, 中村 佳正, シフト付きLR変換に付随する離散ハングリー系について, 九州大学応用力学研究所研究集会「非線形波動研究の進展 ―現象と数理の相互作用―」研究集会報告, 23AO-S7 (2012), 159--164. LINK
  7. 飛田 明彦, 福田 亜希子, 石渡 恵美子, 岩崎 雅史, 中村 佳正, 中心多様体理論を用いた積型離散ハングリーロトカ・ボルテラ系の局所解析, 九州大学応用力学研究所研究集会「非線形波動研究の進展 ―現象と数理の相互作用―」研究集会報告, 23AO-S7 (2012), 153--158. LINK

Articles (Non refereed)

  1. 佐野 貴紀, 山本 隆彦, 越地 耕二, 陳 秀琴, 楊 少明, 阿部 正彦, 福田 亜希子, 高含水ファントムの低周波数帯域における電気的特性の改善, 2012年度東京理科大学総合研究機構インテリジェントシステム研究部門 研究成果報告会論文集, (2013), 41--44.
  2. 福田 亜希子, 山本 有作, 岩崎 雅史, 石渡 恵美子, 中村 佳正, 離散ハングリー戸田方程式に基づくTotally Nonnegative行列に対する固有値計算, 京都大学数理解析研究所講究録, 1791 (2012), 1--10. LINK
  3. 福田 亜希子, 濱 洋輔, 石渡 恵美子, 山本 有作, 岩崎 雅史, 中村 佳正, LR flowから導かれる離散ハングリー系のベックルント変換, 九州大学応用力学研究所研究集会「非線形波動研究の新たな展開 ―現象とモデル化―」研究集会報告, 22AO-S8 (2011), 182--187. LINK
  4. 福田 亜希子, 石渡 恵美子, 山本 有作, 岩崎 雅史, 中村 佳正, 帯行列の固有値を計算する離散可積分系について, 九州大学応用力学研究所研究集会「非線形波動研究の現状と将来 ―次の10年への展望―」研究集会報告, 21ME-S7 (2010), 1--6. LINK

Other articles

  1. 福田 亜希子, 「応用解析研究会 〜可積分系から計算数学まで〜」 参加報告, JSIAM Online Magazine, G1606A (2016), http://jom.jsiam.org/13971
  2. 福田 亜希子, ILAS2013, JSIAM Online Magazine, G1207F (2013), http://jom.jsiam.org/3278
  3. 福田 亜希子, 相島 健助, IWASEP9, JSIAM Online Magazine, G1307D (2013), http://jom.jsiam.org/1734
  4. 福田 亜希子, 学位論文の執筆を終えて, 理大 科学フォーラム, 336 (2012), 20--21.
  5. 福田 亜希子, 相原 研輔, SC2011, 応用数理, 22 (2012), 76--77.

Talks (International)

  1. *Akiko Fukuda, Ultradiscrete integrable systems and eigenvalues over min-plus algebra, The 3rd UOG-SIT Workshop in Pure/Applied Mathematics and Computer Science, University of Guam, March 22-23, 2019.
  2. *Akiko Fukuda, Sennosuke Watanabe, Enumeration of fuzzy cellular automata with prescribed fixed point using Groebner basis, Symmetries and Integrability of Difference Equations (SIDE13), Fukuoka, Japan, Nov 11-17, 2018.
  3. *Akiko Fukuda, Sennosuke Watanabe, Ayumi Hanaoka, Masashi Iwasaki, Ultradiscrete Lotka-Volterra system computes tropical eigenvalue of symmetric tridiagonal matrices, International Conference on Mathematics: Pure, Applied and Computation, Mathematics for Better Future Life, Hotel Majapahit, Surabaya, Indonesia, Oct 20, 2018.
  4. *Akiko Fukuda, Sennosuke Watanabe, Hitomi Shigitani, Masashi Iwasaki, Ultra-discrete analogue of the qd algorithm for min-plus tridiagonal matrix, MS42: "Tridiagonal Matrices and Their Applications in Physics and Mathematics" organized by Natalia Bebiano and Mikhail Tyaglov, SIAM Conference on Applied Linear Algebra (SIAM-ALA18), Hong Kong Baptist University, Hong Kong, May 4--8, 2018.
  5. 【Session invited speaker】 *Akiko Fukuda, Integrable eigenvalue algorithms for totally nonnegative matrices, Special session on "Total Positivity" organized by Jurgen Garloff, International Conference on Matrix Analysis and its Applications, Bedlewo, Poland, September 25--29, 2017.
  6. *Akiko Fukuda, Discrete integrable systems related to eigenvalue algorithms, The 1st UOG-SIT Research Workshop in Mathematics and Computer Science in Guam, University of Guam, Feb. 24, 2017.
  7. *Akiko Fukuda, Hiroshi Takeuchi, Kensuke Aihara and Emiko Ishiwata, Extensions of the qd algorithm for totally nonnegative matrices, 20th Conference of the International Linear Algebra Society (ILAS2016), KU Leuven, Belgium, July 11--15, 2016.
  8. *Akiko Fukuda, Eigenvalue Solvers in Terms of the Discrete Integrable Systems, The First Shibaura Workshop on Mathematics, Systems and Control (SWMSC2015), Omiya Campus, Shibaura Institute of Technology, Japan, December 11, 2015.
  9. Hiroshi Takeuchi, Kensuke Aihara, *Akiko Fukuda, and Emiko Ishiwata, Computation of All the Eigenpairs for a Particular Kind of Banded Matrix, SIAM Conference on Applied Linear Algebra (SIAM LA15), Hyatt Regency Atlanta, Atlanta, Georgia, USA, October 26-30, 2015.
  10. *Hiroshi Takeuchi, Kensuke Aihara, Akiko Fukuda, and Emiko Ishiwata, On eigenvectors of structured nonsymmetric matrices related to the integrable discrete systems of hungry type, International Workshop on Eigenvalue Problems: Algorithms; Software and Applications, in Petascale Computing, Tsukuba International Congress Center EPOCHAL TSUKUBA, Japan, September 14-16, 2015.
  11. 【依頼講演】*Akiko Fukuda, Computation of eigenpairs based on the discrete integrable systems of hungry type, Computational and Geometric Approaches for Nonlinear Phenomena, Nishi-Waseda Campus, Waseda University, Tokyo, Japan, Aug. 5--7, 2015.
  12. *Akiko Fukuda, Sonomi, Kakizaki, Yusaku Yamamoto, Masashi Iwasaki, Emiko Ishiwata, and Yoshimasa Nakamura, An extension of the box and ball system in terms of the discrete hungry integrable system, 2nd Slovak-Japan Conference on Applied Mathematics 2014, Radzovce - Obrucna, Cerova vrchovina, Slovakia, Sep. 14--18, 2014.
  13. *Akiko Fukuda, Yusaku Yamamoto, Masashi Iwasaki, Emiko Ishiwata, and Yoshimasa Nakamura, An Extension of the dqds Algorithm for Totally Nonnegative Matrices and Its Convergence Rate, East Asia Section of SIAM (EASIAM) 2014 Ambassador City Jomtien, Pattaya, Chonburi, Thailand, June 23--25, 2014.
  14. *Akiko Fukuda, Yusaku Yamamoto, Masashi Iwasaki, Emiko Ishiwata, and Yoshimasa Nakamura, An extension of the qd algorithm for totally nonnegative Hessenberg matrices, International Workshop on Eigenvalue Problems: Algorithms; Software and Applications, in Petascale Computing (EPASA2014), Tsukuba International Congress Center EPOCHAL TSUKUBA, Tsukuba-city, Japan, 9 Mar. 2014.
  15. *Takahiko YAMAMOTO, Koki SANO, Kohji KOSHIJI, Xiuqin CHEN, Shaoming YANG, Masahiko ABE and Akiko Fukuda, Development of electromagnetic phantom at low-frequency band, The 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC'13), Osaka International Convention Center, Osaka, Japan, 3--7 July 2013.
  16. *Akiko Fukuda, Conserved quantities of the integrable discrete hungry Lotka-Volterra system, Czech-Japanese Seminar in Applied Mathematics 2013 (CJS2013), Meiji University, NAKANO Campus, Tokyo, JAPAN, 5--8 September 2013.
  17. *Akiko Fukuda, Yusaku Yamamoto, Masashi Iwasaki, Emiko Ishiwata, and Yoshimasa Nakamura, An extension of the dqds algorithm for totally nonnegative matrices and the Newton shift, The 18th Conference of the International Linear Algebra Society (ILAS2013), Providence, Rhode Island, USA, 13 June 2013.
  18. Akiko Fukuda, *Yusaku Yamamoto, Emiko Ishiwata, Masashi Iwasaki and Yoshimasa Nakamura, A generalization of the dqds algorithm for totally nonnegative matrices, The 8th East Asia SIAM Conference (EASIAM 2012), National Taiwan University, Taipei, Taiwan, 26 July 2012.
  19. *Yoshimasa Nakamura, Akiko Fukuda, Yusaku Yamamoto, Masashi Iwasaki, Emiko Ishiwata, Integrable discrete hungry systems and their related eigenvalue algorithms, International Conference on Symmetries and Integrability of Difference Equations (SIDE 10), Yin Feng Holiday Resort, Xikou, Ningbo, China, 15 July 2012.
  20. *Akiko Fukuda, Yusaku Yamamoto, Emiko Ishiwata, Masashi Iwasaki and Yoshimasa Nakamura, Accurate eigenvalues of totally nonnegative matrices by means of the discrete hungry Toda equation, 9th International Workshop on Accurate Solution of Eigenvalue Problems (IWASEP9), Embassy Suites Napa Valley, CA, USA, 5 July 2012.
  21. *Akiko Fukuda, Emiko Ishiwata, Masashi Iwasaki, Yoshimasa Nakamura, An application of the integrable discrete hungry Toda equation to the eigenvalue computation, International Conference on Scientific Computing (SC2011), S. Margherita di Pula, Sardinia, Italy, 10-14 October 2011.
  22. *Akiko Fukuda, Emiko Ishiwata, Yusaku Yamamoto, Masashi Iwasaki, Yoshimasa Nakamura, The eigenvalue algorithm in terms of the integrable discrete hungry Toda equation, 7th International Congress on Industrial and Applied Mathematics (ICIAM2011), Vancouver, BC, Canada, 20 July 2011.
  23. *Akiko Fukuda, Discrete hungry integrable systems and new algorithms for computing matrix eigenvalues, Numerical mathematics colloquium Utrecht, Utrecht University, The Netherlands, 20 November 2008.
  24. *Akiko Fukuda, Emiko Ishiwata, Masashi Iwasaki, Yoshimasa Nakamura, An algorithm for computing eigenvalues by the discrete hungry Lotka-Volterra system, International Kyoto-Forum on Krylov Subspace method, Kyoto University, 12 September 2008.

Talks (Domestic)

  1. *福田 亜希子, 超離散可積分系とMin-plus代数上の固有値計算, 数理人セミナー, 早稲田大学西早稲田キャンパス, 2019年3月13日. HP
  2. *福田 亜希子, 超離散可積分系とMin-Plus 行列の固有値, 津田塾大学数学・計算機科学研究所研究集会 離散力学系と組合せ論, 津田塾大学小平キャンパス, 2019年2月16日. PDF
  3. *渡邉 扇之介,福田 亜希子,瀬川 悦生,佐藤 宏平,佐藤 巌, グラフの最大平均閉路重みを不変量とするmax-plus ウォーク, 2018年度応用数学合同研究集会, 龍谷大学瀬田キャンパス, 2018年12月13--15日. HP
  4. 【最優秀ポスター賞】*福田 亜希子, 渡邉 扇之介, グレブナー基底を用いた黄金比に収束するファジーセルオートマトンの列挙(ポスター講演), 日本応用数理学会 2018年度 年会, 名古屋大学東山キャンパス, 2018年9月3--5日. HP
  5. *福田 亜希子, 渡邉 扇之介, 花岡 歩, 岩崎 雅史, トロピカル3重対角行列の固有値を計算する超離散ロトカ・ボルテラ系, 日本応用数理学会2018年研究部会連合発表会, 大阪大学工学部 (吹田キャンパス), 2018年3月15--16日. HP
  6. *渡邉 扇之介, 福田 亜希子, 超離散戸田方程式に付随するMin-Plus 行列の固有多項式の根とグラフの閉路, 2017年度応用数学合同研究集会, 龍谷大学瀬田キャンパス, 2017年12月14--16日. HP
  7. *福田 亜希子, 渡邉 扇之介, 鴫谷 瞳, 花岡 歩, 岩崎 雅史, 超離散可積分系によるMin-Plus 行列の固有値計算, 第15回計算数学研究会, 那須オオシマフォーラム, 2017年12月1--3日. HP
  8. *渡邉 扇之介, 福田 亜希子, 鴫谷 瞳, 岩崎 雅史, 超離散戸田方程式に基づくMin-Plus行列の固有値計算, 日本応用数理学会 2017年度 年会 , 武蔵野大学有明キャンパス, 2017年9月6--8日. HP
  9. *渡辺 扇之介, 福田 亜希子, 対称化されたMin-Plus 代数, 第14回計算数学研究会, 琵琶湖コンファレンスセンター, 2016年12月17--19日. HP
  10. *福田 亜希子, 山本 有作, 岩崎 雅史, 石渡 恵美子, 中村 佳正, 箱と玉の両方に番号が付いた箱玉系について, 平成28年度 九州大学応用力学研究所 共同利用研究集会「非線形波動研究の深化と展開」 , 九州大学筑紫地区 筑紫ホール(C-Cube1階), 2016年11月3--5日. (ポスター発表) HP
  11. *福田 亜希子, ハングリー型可積分アルゴリズム, 応用可積分系若手セミナー, 芝浦工業大学 大宮キャンパス, 2016年10月1日.
  12. *福田 亜希子, 竹内 弘史, 石渡 恵美子, ある非対称帯行列の固有値を計算するqd型dhLVアルゴリズムの拡張, 研究会「応用解析研究会 〜可積分系から計算数学まで〜」, 旧桜宮公会堂, 2016年5月19--21日. (ポスター発表) HP
  13. *竹内 弘史, 相原 研輔, 福田 亜希子, 石渡 恵美子, 離散ハングリーロトカ・ボルテラ系に関連する非対称帯行列の固有対計算, 2015年度応用数学合同研究集会, 龍谷大学瀬田キャンパス, 2015年12月17--19日. HP
  14. *竹内 弘史, 相原 研輔, 福田 亜希子, 石渡 恵美子, 零固有値を持つ非対称帯行列に対するdhLVアルゴリズム, MIMS共同研究集会「可積分系が拓く現象数理モデル」, 明治大学先端数理科学インスティテュート現象数理学研究拠点, 2015年11月5--7日. (ポスター発表) HP
  15. 竹内 弘史, 相原 研輔, *福田 亜希子, 石渡 恵美子, 固有値計算のためのdhLV アルゴリズムが対象とする非対称帯行列について, 第13回計算数学研究会, 国民宿舎 紀州路みなべ, 2015年10月10--12日.
  16. *竹内 弘史, 相原 研輔, 福田 亜希子, 石渡 恵美子, 離散ハングリー戸田方程式に関連するtotally nonnegative行列の固有ベクトルについて, 日本応用数理学会2015年度年会 「応用可積分系」研究部会オーガナイズドセッション, 金沢大学 角間キャンパス, 2015年9月9--11日. HP
  17. *竹内 弘史, 相原 研輔, 福田 亜希子, 石渡 恵美子, ある種の構造を持つ非対称帯行列に対する固有ベクトル計算, 日本応用数理学会 2015年 研究部会連合発表会 「行列・固有値問題の解法とその応用」研究部会オーガナイズドセッション, 明治大学 中野キャンパス, 2015年3月6--7日. HP
  18. *竹内 弘史, 相原 研輔, 福田 亜希子, 石渡 恵美子, 離散ハングリーロトカ・ボルテラ系に基づく非対称帯行列の全固有対の計算, 平成26 年度九州大学応用力学研究所共同利用研究集会「非線形波動研究の現状―課題と展望を探る―」, 九州大学筑紫地区 筑紫ホール(C-Cube 1階), 2014年10月30--11月1日. HP
  19. *隅蔵 亮, 福田 亜希子, 石渡 恵美子, 山本 有作, 岩崎 雅史, 中村 佳正, 離散戸田方程式のある拡張に基づくTotally Nonnegative 行列の固有値計算ア ルゴリズム, 平成26 年度九州大学応用力学研究所共同利用研究集会「非線形波動研究の現状―課題と展望を探る―」, 九州大学筑紫地区 筑紫ホール(C-Cube 1階), 2014年10月30--11月1日. (ポスター発表) HP
  20. 【招待講演】*福田 亜希子, 山本 有作, 岩崎 雅史, 石渡 恵美子, 中村 佳正, 固有値計算のためのハングリー型可積分アルゴリズムについて, 日本応用数理学会2014 年度年会, 政策研究大学院大学, 2014年9月4日. HP
  21. *新庄 雅斗, 岩崎 雅史, 福田 亜希子 石渡 恵美子, 山本 有作, 中村 佳正, totally nonnegative 行列に対するシフト付きdhLV アルゴリズムの収束性について, 第43回数値解析シンポジウム, ホテル日航八重山, 2014年6月13日. HP
  22. *福田 亜希子, 山本 有作, 岩崎 雅史, 石渡 恵美子, 中村 佳正, totally nonnegative 行列に対するシフト付きdhToda アルゴリズムとその収束次数について, 第43回数値解析シンポジウム, ホテル日航八重山, 2014年6月13日. HP
  23. 柿崎 苑美, *福田 亜希子, 石渡 恵美子, 山本 有作, 岩崎 雅史, 中村 佳正, 玉に番号が付いた箱玉系の保存量について, 日本応用数理学会2013年度年会, アクロス福岡, 2013年9月10日. (ポスター発表) HP
  24. 【依頼講演】*福田 亜希子, Totally Nonnegative行列の固有値を求めるdhTodaアルゴリズムについて, 第27回 線形計算研究会 (NLA: Numerical Linear Algebra Seminar), 東京大学本郷キャンパス, 2013年6月21日. HP
  25. *福田 亜希子, 山本 有作, 岩崎 雅史, 石渡 恵美子, 中村 佳正, totally nonnegative行列に対するdhTodaアルゴリズムのシフト戦略について, 日本応用数理学会 2013年度 研究部会 連合発表会「行列・固有値問題の解法とその応用」研究部会オーガナイズドセッション, 東洋大学 白山キャンパス, 2013年3月14日. HP
  26. *佐野 貴紀, 山本 隆彦, 越地 耕二, 陳 秀琴, 楊 少明, 阿部 正彦, 福田 亜希子, カーボンマイクロコイルによる高含水ファントムの低周波数帯域における電気的特性の改善, 第22回 ライフサポート学会フロンティア講演会, 慶応大学薬学部(芝共立キャンパス), 2013年3月2日.
  27. 【依頼講演】*福田 亜希子, ハングリー型の離散可積分系に基づく非対称行列の固有値計算アルゴリズム, 東大数値解析セミナー(UTNAS), 東京大学本郷キャンパス, 2013年1月22日. HP
  28. *福田 亜希子, 山本 有作, 岩崎 雅史, 石渡 恵美子, 中村 佳正, totally nonnegativeな帯行列に対するqdアルゴリズムの拡張, 2012年度 応用数学合同研究集会, 龍谷大学瀬田キャンパス, 2012年12月22日. HP
  29. *飛田 明彦, 福田 亜希子, 石渡 恵美子, 岩崎 雅史, 中村 佳正, 中心多様体理論を用いた離散ハングリー戸田方程式の局所解析, 2012年度 応用数学合同研究集会, 龍谷大学瀬田キャンパス, 2012年12月22日. HP
  30. *飛田 明彦, 福田 亜希子, 石渡 恵美子, 岩崎 雅史, 中村 佳正, ある拡張型離散戸田方程式の漸近挙動について(ポスター発表), 2012年度 九州大学応用力学研究所共同利用研究集会「非線形波動研究の最前線 ―構造と現象の多様性― 」, 九州大学筑紫地区共通管理棟3F大会議室, 2012年11月2日. HP
  31. *飛田 明彦, 福田 亜希子, 石渡 恵美子, 岩崎 雅史, 中村 佳正, 積型qd-dhLV系の局所解析, 2012年度 数値解析研究集会, 少年自然の家 八ヶ岳荘, 2012年9月8日.
  32. *樋口 明音, 福田 亜希子, 石渡 恵美子, 拡張型離散戸田方程式に基づく固有値計算について, 2012年度 数値解析研究集会, 少年自然の家 八ヶ岳荘, 2012年9月6日.
  33. *飛田 明彦, 福田 亜希子, 石渡 恵美子, 岩崎 雅史, 中村 佳正, 積型離散ハングリーロトカ・ボルテラ系の漸近挙動について, 日本応用数理学会2012年度年会 「応用可積分系」研究部会オーガナイズドセッション, 稚内全日空ホテル, 2012年8月29日. HP
  34. *福田 亜希子, 離散ハングリー戸田方程式に基づく帯Hessenberg 行列の固有値計算とシフトの導入について, 第9回 計算数学研究会, 京都府立青少年海洋センター(マリーンピア), 2011年11月11日.
  35. *濱 洋輔, 福田 亜希子, 石渡 恵美子, 岩崎 雅史, 山本 有作, 中村 佳正, シフト付きLR変換に付随する離散ハングリー系について (ポスター発表), 九州大学応用力学研究所 2011年度共同利用研究集会「非線形波動研究の進展 ―現象と数理の相互作用―」, 九州大学筑紫地区総合研究棟(C-CUBE) 1F 筑紫ホール, 2011年10月28日. HP
  36. *飛田 明彦, 福田 亜希子, 石渡 恵美子, 岩崎 雅史, 中村 佳正, 中心多様体理論を用いた積型離散ハングリーロトカ・ボルテラ系の局所解析 (ポスター発表), 九州大学応用力学研究所 2011年度共同利用研究集会「非線形波動研究の進展 ―現象と数理の相互作用―」, 九州大学筑紫地区総合研究棟(C-CUBE) 1F 筑紫ホール, 2011年10月28日. HP
  37. *福田 亜希子, 山本 有作, 岩崎 雅史, 石渡 恵美子, 中村 佳正, 離散ハングリー戸田方程式に基づくTotally Nonnegative 行列に対する固有値計算, 京都大学数理解析研究所 共同利用研究集会「科学技術計算における理論と応用の新展開」, 京都大学数理解析研究所, 2011年10月25日. HP
  38. *濱 洋輔, 福田 亜希子, 石渡 恵美子, 岩崎 雅史, 山本 有作, 中村 佳正, シフトを考慮したLR変換に関連する離散ハングリー系について, 日本応用数理学会 2011年度 年会 「応用可積分系」研究部会オーガナイズドセッション, 同志社大学 今出川キャンパス, 2011年9月14日. HP
  39. 高橋 悠, 岩崎 雅史, *福田 亜希子, 石渡 恵美子, 中村 佳正, 中心多様体理論を用いた離散ハングリー系の局所解析, 日本応用数理学会 2011年度 年会 「応用可積分系」研究部会オーガナイズドセッション, 同志社大学 今出川キャンパス, 2011年9月14日. HP
  40. 【依頼講演】*福田 亜希子, 固有値計算に関連する離散可積分系について, 第97回 神楽坂解析セミナー, 東京理科大学 神楽坂キャンパス, 2011年6月25日. HP
  41. *濱 洋輔, 福田 亜希子, 山本 有作, 岩崎 雅史, 石渡 恵美子, 中村 佳正, 行列の相似変形を与える離散ハングリー系とB\"{a}cklund 変換, 第8回 計算数学研究会, ひょうご共済会館, 2010年10月30日.
  42. *福田 亜希子, 濱 洋輔, 山本 有作, 岩崎 雅史, 石渡 恵美子, 中村 佳正, LR flowから導かれる離散ハングリー系のベックルント変換 (ポスター発表), 九州大学応用力学研究所 2010年度 共同利用研究集会「非線形波動研究の新たな展開 ―現象とモデル化―」, 九州大学筑紫地区総合研究棟 (C-CUBE), 2010年10月29日. HP
  43. 【依頼講演】*福田 亜希子, 可積分系と固有値計算アルゴリズム , 芝浦工業大学数理科学科談話会, 芝浦工業大学 大宮キャンパス, 2010年10月12日. HP
  44. *福田 亜希子, 山本 有作, 岩崎 雅史, 石渡 恵美子, 中村 佳正, 行列の相似変形を与える離散ハングリー系のB\"{a}cklund 変換について, 日本数学会 2010年 秋季総合分科会 無限可積分系セッション, 名古屋大学 東山キャンパス, 2010年9月24日. HP
  45. *濱 洋輔, 福田 亜希子, 石渡 恵美子, 岩崎 雅史, 山本 有作, 中村 佳正, LR変換に関連する離散ハングリー系とそのベックルント変換2, 日本応用数理学会 2010年度 年会 「応用可積分系」研究部会オーガナイズドセッション, 明治大学 駿河台キャンパス, 2010年9月8日. HP
  46. *福田 亜希子, 山本 有作, 岩崎 雅史, 石渡 恵美子, 中村 佳正, LR変換に関連する離散ハングリー系とそのベックルント変換1, 日本応用数理学会 2010年度 年会 「応用可積分系」研究部会オーガナイズドセッション, 明治大学 駿河台キャンパス, 2010年9月8日. HP
  47. *福田 亜希子,非対称3重対角行列に対する固有値計算アルゴリズムについて, 第39回 数値解析シンポジウム (NAS2010), 鳥羽シーサイドホテル, 2010年5月27日.
  48. *福田 亜希子, 非対称3重対角行列の固有値に対する考察, 日本応用数理学会 2010年度 研究部会連合発表会 「行列・固有値問題の解法とその応用」研究部会オーガナイズドセッション, 筑波大学 筑波キャンパス, 2010年3月8日. HP
  49. *福田 亜希子, 石渡 恵美子, 山本 有作, 岩崎 雅史, 中村 佳正, 帯行列の固有値を計算する離散可積分系について, 九州大学応用力学研究所 2009年度 共同利用研究集会「非線形波動の現状と将来 ―次の10年への展望―」, 九州大学筑紫地区総合研究棟 (C-CUBE), 2009年11月19日. HP
  50. *福田 亜希子, 石渡 恵美子, 山本 有作, 岩崎 雅史, 中村 佳正, 帯行列の固有値を計算する離散可積分系について, 第7回 計算数学研究会, 裏磐梯ロイヤルホテル, 2009年10月17日.
  51. *福田 亜希子, 石渡 恵美子, 山本 有作, 岩崎 雅史, 中村 佳正, 離散ハングリー可積分系に基づく帯行列の固有値計算アルゴリズムとその誤差評価, 日本応用数理学会 2009年度 年会 「行列・固有値問題の解法とその応用」研究部会オーガナイズドセッション, 大阪大学 豊中キャンパス, 2009年9月28日. HP
  52. *福田 亜希子, 石渡 恵美子, 山本 有作, 岩崎 雅史, 中村 佳正, 離散ハングリー可積分系に基づく固有値計算アルゴリズムの新たな展開, 日本応用数理学会 2009年度 年会 「応用可積分系」研究部会オーガナイズドセッション, 大阪大学 豊中キャンパス, 2009年9月28日. HP
  53. *福田 亜希子, 石渡 恵美子, 岩崎 雅史, 中村 佳正, 離散ハングリー可積分系に基づく帯行列の固有値計算アルゴリズム, 日本数学会 2009年度 秋季総合分科会(応用数学分科会), 大阪大学 豊中キャンパス, 2009年9月26日. HP
  54. *福田 亜希子, 離散ハングリー可積分系に基づく帯行列の固有値計算アルゴリズム (ポスター発表), 2009年度 数値解析研究集会, 国立信州高遠青少年自然の家, 2009年9月1日.
  55. 【依頼講演】*福田 亜希子, 離散ハングリー可積分系に基づく固有値計算アルゴリズム, 京都大学GCOEコアセミナー, 京都大学 吉田キャンパス, 2009年7月10日.
  56. *福田 亜希子, 石渡 恵美子, 岩崎 雅史, 中村 佳正, 離散ハングリー可積分系による行列の固有値計算, 第6回 計算数学研究会, ウェルハートピア熱海, 2009年3月16日.
  57. *福田 亜希子, 石渡 恵美子, 岩崎 雅史, 中村 佳正, 離散ハングリー可積分系による固有値計算アルゴリズムとその漸近挙動, 2008年度 応用数学合同研究集会 , 龍谷大学 瀬田キャンパス, 2008年12月15日.
  58. *福田 亜希子, 石渡 恵美子, 岩崎 雅史, 中村 佳正, 帯行列の相似変形を与える離散可積分系について, 日本応用数理学会 2008年度 年会 「応用可積分系」研究部会オーガナイズドセッション, 東京大学 柏キャンパス, 2008年9月18日. HP
  59. *福田 亜希子, 離散ハングリーロトカ・ボルテラ系による固有値計算アルゴリズム, 2008年度 数値解析研究集会, 国立信州高遠青少年自然の家, 2008年9月3日.
  60. *福田 亜希子, 石渡 恵美子, 岩崎 雅史, 中村 佳正, 可積分な生物数理モデルと固有値計算アルゴリズム, 京都大学数理解析研究所 共同利用研究集会「可積分数理の拡がり」, 京都大学 数理解析研究所, 2008年8月12日. HP
  61. *福田 亜希子, 石渡 恵美子, 岩崎 雅史, 中村 佳正, 可積分なdhLV系とその固有値計算への応用, 第37回 数値解析シンポジウム (NAS2008), たざわこ芸術村 温泉ゆぽぽ, 2008年6月13日. HP
  62. *福田 亜希子, 石渡 恵美子, 岩崎 雅史, 中村 佳正, 離散可積分系による行列の相似変形とその数値計算への応用, 日本応用数理学会 2008年度 研究部会連合発表会 「応用可積分系」研究部会オーガナイズドセッション, 首都大学東京 南大沢キャンパス, 2008年3月9日. HP


Home         Top