Biomolecular Chemistrya-hatano.html
Hatano Laboratorya-hatano.html
Department of  Chemistry, Shibaura Institute of Technologyhttp://www.shibaura-it.ac.jp/
 
Mein Contents

Home


Research Projects


Research Articles


Members


研究室の風景


Biomolecules


研究室ファイル


サッカー部


生体分子化学研究室


 本研究室では、有機合成化学的な手法と生化学的な手法を組み合わせて、新しいバイオテクノロジーを目指しています。生体分子はそれだけでも機能を有しています。しかし、ちょっとした変換によって更なる機能の飛躍が目指せるのです。

| DNA | Enzyme | Protein |

上記の三つの生体分子、生体高分子を利用して、面白い機能の発現を目指しています。


Copyright (C) 2008 Shibaura Institute of Technology. All Rights Reserved.

 

工学部共通学群(化学)生体分子化学研究室

  研究テーマ

 当研究室では、DNA やタンパク質などの生体高分子、生体分子をターゲットとして、生化学的なアプローチ、有機化学的なアプローチを試みて、新しい機能発現を試みています。DNA やタンパク質に新しい機能を付与したり、その機能がどのようにして発現しているのかを解明することに力を注いでいます。


★ 金属イオンで自発的に集合する人工 DNA の開発

★ 可逆的共有結合による環境応答性 DNA の開発

★ 新規非天然ヌクレオシドの合成(抗菌剤,薬剤の合成)

  1. DNA リソグラフィーの開発


★ チミジンホスホリラーゼの機能解明と有機合成への応用

  1. 脂質修飾酵素を用いた不斉選択性の改変


★ ランダムコイルペプチドの機能誘起法の開発

★ バイオミネラリゼーションを誘発する非天然アミノ酸

★ 酵素機能のスイッチング(Inhibitor Chemistry)