Biomolecular Chemistrya-hatano.html
Hatano Laboratorya-hatano.html
Department of  Chemistry, Shibaura Institute of Technologyhttp://www.shibaura-it.ac.jp/
 

工学部共通学群(化学)生体分子化学研究室

  Research Articles   2010. 7 現在

原著論文
[ 化学研究論文 ]
[ 教育研究論文 ]
[ 総説 & 技術報告 ]

[ プロシーディングス ]
[ 執筆物 ]
[ 特許 ]

学会発表
[ 学会発表 No. 4 ]  
[ 学会発表 No. 3 ]  
[ 学会発表 No. 2 ]  
[ 学会発表 No. 1 ] 

[ 競争的外部資金 ]
[ 学外委員 ]
[ 社会的外部活動 ]
paper.htmlEdPaper.htmlarticle.htmlarticle.htmlhttp://www.sic.shibaura-it.ac.jp/~a-hatano/a-hatano/proceedings.htmlproceedings.htmlWriting.htmlpatent.htmlpresent4.htmlpresent3.htmlpresent2.htmlpresent1.htmlgrant.htmlcommittee.htmlsocial.htmlshapeimage_4_link_0shapeimage_4_link_1shapeimage_4_link_2shapeimage_4_link_3shapeimage_4_link_4shapeimage_4_link_5shapeimage_4_link_6shapeimage_4_link_7shapeimage_4_link_8shapeimage_4_link_9shapeimage_4_link_10shapeimage_4_link_11shapeimage_4_link_12shapeimage_4_link_13shapeimage_4_link_14
Made on a Mac
Mein Contents

Home


Research Projects


Research Articles


Members


研究室の風景


Biomolecules


研究室ファイル


サッカー部


生体分子化学研究室


 本研究室では、有機合成化学的な手法と生化学的な手法を組み合わせて、新しいバイオテクノロジーを目指しています。生体分子はそれだけでも機能を有しています。しかし、ちょっとした変換によって更なる機能の飛躍が目指せるのです。

| DNA | Enzyme | Protein |

上記の三つの生体分子、生体高分子を利用して、面白い機能の発現を目指しています。


Copyright (C) 2008 Shibaura Institute of Technology. All Rights Reserved.