2015/10/30
架空請求メールやファックス受信を偽装したメールにご注意ください!!!

架空請求

身に覚えのない請求メールが届いたという報告が寄せられております。請求の名目は様々です。架空請求のメールにはURLが記載されていたり、連絡先電話番号が記載されていることがあります。メールに記載されているURLは絶対に開かないようにご注意ください。URLにアクセスすることにより、メールアドレスの存在を知らせてしまうことになり、同様のメールやスパムが更に届く可能性があります。また、連絡先電話番号が記載されている場合、電話をかけてしまうと発信者番号通知により、こちらの電話番号を相手に知らせてしまうことになります。電話はかけないことをお勧めします。不安な場合はご相談下さい。

架空請求については、下記リンクに詳しい情報があります。

ファックス受信等を偽装したばらまき型メール

架空請求に類似して、特定の組織からの注文連絡や、複合機からの自動送信を装った添付ファイル付きのメール、新聞社や出版社を装った取材申し込みや、アンケート調査等のメールにご注意ください。添付ファイルが実行ファイル形式(exe等)ではない場合でも、ウイルスに感染する可能性があります。添付ファイルは安易に開かないようご注意ください。

また、HTML形式のメールの場合、メールを表示しただけでウイルスに感染してしまう場合があります。Outlook等のメールソフトをご利用の場合は、電子メールをHTMLで表示しないように設定することをお勧めします。

ご利用のPCにウイルス対策ソフトがインストールされているかどうか、パターンファイルは最新の状態に保たれているかどうか、更新プログラムは適用されているかどうか、今一度ご確認をおねがいいたします。

ウイルスに感染する可能性のあるメールや添付ファイルの一例

WordやExcel等のOffice文書文書中にマクロウイルスが仕込まれている可能性があります
JPEGやPNG等の画像ファイルWindowsやMacOS X等のOSの不具合や、ソフトウエアの不具合を攻撃するタイプのウイルスが仕込まれている可能性があります。
zipやlzh等の圧縮ファイルWindowsやMacOS X等のOSの不具合や、解凍ソフトウエアの不具合を攻撃するタイプのウイルスが仕込まれている可能性があります。
HTML形式のメールメールソフトやブラウザソフトの設定により、メールを表示しただけでウイルスが仕込まれたサイトに自動的にアクセスしてしまう可能性があります。