SRASについて

SRAS(エスラス)とは、Shibaura-it Remote Access Service(芝浦工業大学 リモートアクセス サービス)の略で、自宅や出先など学外からインターネットを経由して学内ネットワークに接続したり、大学構内の無線LANや、PC教室等に設置してある情報コンセントから、学内ネットワークに接続するためのサービスです。

SRASを使って学内ネットワークに接続することで、学情センターが学内ネットワークのみで提供しているサービスを利用できるほか、研究室のコンピュータに接続することも出来ます。

SRASの具体的な使い方は「SRASで何ができるの?」を参照してください。


1.SRASの目的

  1. 教育研究活動の支援
  2. 学内業務の支援

2.サービスの対象

  1. 芝浦工業大学に在籍する学生、及び在職する教員
  2. SICユーザアカウントの発行を受けていること
  3. SRASの利用申請が済んでいること

3.サービス利用可能期間

  1. 在籍期間中 (教員は在職期間中)
  2. 学生は卒業、教員は退職と同時に利用する権利を失う。
  3. SICユーザアカウントの停止中も、このサービスを利用できない。

4.サービスの種類

SRAS VPN
(Virtual Private Network)

インターネットを経由して学内ネットワークへアクセスするサービス。

次の種類のVPNを使用して接続する事が出来る。

  1. PPTP(Point-to-Point Tunneling Protocol)
  2. L2TP(Layer2 Tunneling Protocol)+IPSec(Security Architecture for Internet Protocol)
  3. SSTP(Secure Socket Tunneling Protocol)
情報コンセント

学内の教室等に設置されている情報コンセントを経由して学内ネットワークへアクセスするサービス。

DHCPによるアドレス自動割り当て、および、telnet接続での認証

  1. DHCPによるアドレス自動割り当て IPアドレスを自動的に割り当てて学内ネットワークに接続できる。
  2. 認証方式 telnet(OS非依存)

SRAS 無線LAN

学内の利用可能エリアから無線LANを経由して学内ネットワークへアクセスするサービス

  1. 無線LAN方式
    IEEE 802.11a/b/g/n
    (IEEE 802.11nは芝浦キャンパス、大宮2号館のみ対応となっています)
  2. 認証方式
    EAP-PEAP
  3. 暗号方式
    Dynamic WEP (64bit)/WPA/WPA2-Enterprise
  4. 利用可能エリア(一部使用できない場所があります)
    豊洲キャンパス
    大宮キャンパス
    芝浦キャンパス
    佃イノベーションセンター
SRAS WiMAX

UQコミュニケーションズ社のWiMAX網を経由して、学内ネットワークへアクセスするサービス

日本全国のUQ WiMAXエリアから接続する事が可能です。

別途UQコミュニケーションズとの個別契約(有償)が必要です。


5.利用規定

SRASは、「芝浦工業大学学術情報センターネットワーク利用規定」に準拠します。


6.SRASの利用申請

SRAS WiMAX以外のサービスを利用するには、AMI (Account Managemtn Interface)にログインして、利用申請をする必要があります。また、利用申請後に、各自が使用するコンピュータの設定が必要になります。SRAS WiMAXについては、UQコミュニケーションズ社との契約、およびネットワーク切替申込申請が必要になります。利用申請方法や、コンピュータの設定方法については、下記をご覧ください。


goiken@sic.shibaura-it.ac.jp
last update : 2014.04.15
top / back