1. Scomb(スコーム)へのログインについて

Scomb(スコーム)へのログインは、PC教室のWindowsや一般教室の教師卓のWindowsの場合は、SSO(シングルサインオン)認証により、ユーザ名・パスワードを入力せずにログインすることが出来ます。

SSOはWindowsのログイン認証と連携したADFSというシステムを利用して実現しており、一度ログイン認証を済ませるとSSOで連携されている他のシステム(スーパー英語AE3等)へはユーザ名・パスワードを入力せずにログインすることが可能です。

PC教室以外からScombのURL (https://scomb.shibaura-it.ac.jp)にアクセスし、「サインイン」を押すとADFSログイン認証画面が表示されます。

2. ログイン画面に入力するもの

ADFSのログイン画面には、Windowsドメイン(SIC)のユーザ名とパスワードを入力します。

ユーザ名欄には、アカウント名に「@sic.shibaura-it.ac.jp」を付けたものを入力します。

ユーザ名は、メールアドレスではなく、@以降に「sic」が入っているコトに注意して下さい。

aa17000@sic.shibaura-it.ac.jp

パスワード欄には、学情センターのWindowsパスワードを入力します。

WindowsのInternet Explorer以外でアクセスした場合はWeb版のログイン画面が表示されます。

WindowsのInternet Explorerでログインした場合は、「Windowsセキュリティ」のログイン画面が表示される場合があります。

3. ログイン認証成功

ADFSログイン認証に成功すると、2要素認証の確認画面が表示されます。2要素認証はパスワードに加え、ワンタイムパスワードでの認証をすることで、パスワードの漏洩やパスワード攻撃からアカウントを守ることが可能です。

2要素認証は、MoSICA(モシカ)を利用することで、有効にすることが出来ます。

2要素認証が無効になっている場合は、「次へ」を押します。

2要素認証が有効になっている場合は「ワンタイムパスコード」を入力して「Continue」を押します。