sic 学情センター / 研究室や個人のコンピュータから印刷する(ドライバのインストール) / HP DesignJet Z5600PS PostScript ドライバのインストール手順(MacOS X 10.9.5)
HP DesignJet Z5600PS PostScript ドライバのインストール手順(MacOS X 10.9.5)

  1. ドライバのインストールは、各自の責任において行ってください。
  2. ドライバインストールのサポート、インストール後のコンピュータの不調、トラブル等のサポートは、学情センターは行いません。
  3. ドライバのインストールは、管理者権限のあるユーザアカウントを使ってください。
  4. OSのバージョンを確認して、正しいバージョン用のドライバーをインストールしてください。


1.以下のURLを選び、HP DesignJet Z5600PS PostScriptプリンタドライバソフトをダウンロードします。
「HP製品名...」枠に「z5600」と入力し表示された「HP DesignJet Z5600 PS Printer」を選び、「検索」ボタンを選びます。

https://support.hp.com/jp-ja/drivers



クリックすると拡大します。

2.「ドライバー製品インストールソフトウェア」の「+」を選び、
「基本ドライバー」の「+」を選び、「HP Designjet Mac PostScript ドライバー」の「ダウンロード」を選びます。



「閉じる」を選びます。

クリックすると拡大します。

3.ダウンロードしたファイルを開きます。


4.「HP DesignJet PostScript Driver」をダブルクリックし開きます。




「続ける」を選びます。



「続ける」を選びます。



「同意する」を選び、「続ける」を選びます。



「続ける」を選びます。



「インストール」を選びます。



コンピュータ(Mac)のログイン名とパスワードを入力し、「ソフトウェアをインストール」を選びます。



「閉じる」を選びます。



5.デスクトップにあるマウントイメージ「Mac OS X HP DesignJet...Driver」をイジェクトします。

6.「アップル」メニューから「システム環境設定」を選びます。


「プリンタとスキャナ」を選びます。


7.「+」タブを選びプリンタを追加します。

8.「IP」を選びます。以下の情報通り入力と選択をします。

アドレス: dspl2.sic.shibaura-it.ac.jp
プロトコル: LPD(Line Printer Daemon)
キュー: Z5600_学情センターのユーザーログイン名
名前: HP DesignJet Z5600 PS(自身が分る名前)



ドライバー: ソフトウェアを選択...


「HP DesignJet Z5600 PostScript - PS」を選び、「OK」を選ぶ。


「追加」を選びます。


プロッタが追加されました。


9.追加したプロッタにテスト印刷を行います。

10.「学情センターホームページ」の「各種情報 Status & Statistics」にある「プリントジョブ(その他)」を選びます。

http://dspl2.sic.shibaura-it.ac.jp/status.shtml



自分のユーザーログイン名が「z5600」の欄に表示されているか確認します。

クリックすると拡大します。

11.HP DesignJet Z5600PSに接続されている、プリントコントローラに移動し、「学生証」をリーダにかざします。
9でテスト印刷したデータがプリントコントローラに表示され確認することが出来ます。
以上で、正しくドライバのインストールができました。
※プロッタ用紙は各自で用意してください。プロッターの液晶パネルの指示に従い正しく用紙をセットします。

【注意】プリントコントローラーにデータが表示されない場合は、以下の内容が間違っていないか確認してください。

8.にてプリンタ名を間違えていないか。
8.にて「LPD」を指定しているか。
8.にて「キュー名」を間違えていないか。


goiken@sic.shibaura-it.ac.jp
last update : 2019.02.21
back