sic 学情センター / 研究室や個人のコンピュータから印刷する(ドライバのインストール) / RISO ORPHIS EX7250 GDI ドライバのインストール手順(Windows7)
RISO ORPHIS EX7250ドライバのインストール手順(Windows7)

  1. ドライバのインストールは、各自の責任において行ってください。
  2. ドライバインストールのサポート、インストール後のコンピュータの不調、トラブル等のサポートは、学情センターは行いません。
  3. ドライバのインストールは、管理者権限のあるユーザアカウントを使ってください。
  4. OSのバージョンを確認して、正しいバージョン用のドライバーをインストールしてください。。

クリックすると拡大します。


1.RISO ORPHIS EX7250のプリンタドライバソフトをダウンロードします。
「ORPHIS Xシリーズ プリンタドライバ」から「ORPHIS Xシリーズ」を選びます。
※ORPHIS EXシリーズ(大宮校舎4号館等)の場合は、ORPHIS EXシリーズを選択して下さい。
「OSの選択:」からOSのバージョンに合う「Windows7(32bit)」または「Windows7(64bit)」を選び、「GO」ボタンを選びます。
http://www.riso.co.jp/dl/

クリックすると拡大します。

2.「ダウンロード」を選びます。

クリックすると拡大します。

3.「保存」ボタンを選びます。

4.ダウンロードする場所を決め、「保存」を選びます。

5.圧縮されたファイルがダウンロードされます。

6.ファイルを右クリックし、「すべて展開」を選びます。

7.展開する場所を決め「展開」を選びます。

8.「スタート」メニューから「デバイスとプリンター」を選びます。

9.「プリンタの追加」を選びます。

10.「ローカルプリンターを追加します」を選びます。

11.「新しいポートの作成」の「Standard TCP/IP Port」を選び、「次へ」を選びます。

12.「プリンタ名またはIPアドレス」「ポート名」欄に以下を入力します。

プリンタ名またはIPアドレス : dspl2.sic.shibaura-it.ac.jp
ポート名 : dspl2.sic.shibaura-it.ac.jp_EX7250

「次へ」を選びます。

13.「カスタム」を選び、「設定」を選びます。

14.「LPR」を選び、「キュー名」欄には「EX7250_学情センターのユーザーログイン名」を入力します。「LPRバイトカウントを有効にする」にチェックをいれます。「OK」を選びます。

15.「次へ」を選びます。

16.「ディスク使用」を選びます。

17.「参照」を選びます。

18.7.でダウンロード後にファイルを解凍した場所から、RISODRV.INFを選び,「開く」を選びます。
解凍した場所\ORX_CD202S\ORX_CD202S\Windows 64(または32)-bit\Driver\Windows\Japanese

19.「OK」を選びます。

20.「RISO ORPHIS EX7250」を選び、「次へ」を選びます。

21.「プリンタ名」欄に解りやすい名前をつけます。「次へ」を選びます。

22.「このドライバーソフトウェアをインストールします」を選びます。

23.「このプリンタを共有しない」を選び、「次へ」を選びます。

24.「テストページの印刷」を選びます。

25.「閉じる」、「完了」を選びます。

26.RISO ORPHIS EX7250 のアイコンが表示されます。

27.RISO ORPHIS EX7250に接続されている、プリントコントローラに移動し、「学生証」をリーダにかざします。
24.にてテスト印刷したデータがプリントコントローラに表示されます。
以上で、正しくドライバのインストールができました。

【注意】プリントコントローラーにデータが表示されない場合は、以下の内容が間違っていないか確認してください。

1.ログオン名が「学情センターのユーザログイン名」になっていない。
2.ログオン名が大文字または、全角になっていないか。
3.12.にてプリンタ名を間違えていないか。
4.14.にて「LPR」をしていしているか。
5.14.にて「キュー名」を間違えていないか。
6.14.にて「LPRバイトカウントを有効にする」をチェックし忘れていないか。


goiken@sic.shibaura-it.ac.jp
last update : 2018.10.19
back