1. MoSICA (モシカ)とは

MoSICA (Mobile SIC Application) は学術情報センターの提供する Android / iOS用のワンタイムパスワードトークンアプリです。

ワンタイムパスワードは、一定時間(30秒)で有効なパスワードが変わる仕組みです。その有効なパスワードを表示する物をワンタイムパスワードトークンといいます。2要素認証を有効にすることで、パスワードの漏洩やパスワード攻撃からアカウントを守ることが可能です。

Scombスーパー英語 AE3等のシステムへのログイン認証(ADFS認証)時は、AMIから2要素認証を有効にすることができます。

(モシカのアイコンはトナカイに似ていますがシカです)

2. MoSICAのインストール方法

AndroidはGoogle Playストアから、iPhoneはApp Storeからインストールすることができます。それぞれのストアで、「芝浦 MoSICA」と検索すると、表示されます。

3. 利用登録(1)

AMIにログインして、メニューの「モバイルデバイス」から、「登録コードの発行」をおこなってください。登録コードは、発行してから10分間有効です。

4. 利用登録(2)

MoSICAアプリを起動すると、初回に利用登録画面が表示されます。

MoSICAアプリの「ユーザ名」欄に、学情センターのアカウント名(学籍番号)を、「登録コード」欄にAMIで発行した登録コードを入力します。登録コードは大文字小文字区別しません。

利用登録が完了すると、ワンタイムパスコードや、Scombおよび新スーパー英語へのリンクボタンのメニュー画面が表示されます。

5. 2要素認証の有効化 (必須ではありません)

Scombや新スーパー英語のログイン認証(ADFS認証)時に2要素認証を有効にする場合は、MoSICAの利用登録が終わってからAMIにログインして、「モバイルデバイス」の「ADFS2要素認証」を「有効にする」に変更して、「設定変更」ボタンを押してください。

6. 利用方法 (1)

MoSICAアプリの「Scomb」や「新スーパー英語AE3」のボタンを押すと、ブラウザが起動してログイン認証(ADFS認証)の画面が表示されます。

学情センターのアカウント名の頭に「SIC\」を付けたユーザ名 (例: SIC\aa17000) と、学情センターのWindowsパスワードを入力して、「サインイン」を押します。

iOSの場合は、「¥(円マーク)」の代わりに「\(バックスラッシュ)」を入力してください。

ご利用の環境によっては、キーボードの「¥(円マーク」キーを押すと画面には「\(バックスラッシュ)」の表示になる場合がありますが、問題ありません。

7. 利用方法 (2)

2要素認証を有効にしている場合は、ログイン認証(ADFS認証)時に、ワンタイムパスワードを入力する画面が表示されます。「パスコード」の欄に、現在MoSICAアプリに表示されているワンタイムパスコードを入力して、「Continue」ボタンをおします。

MoSICAのメニュー画面の「Scomb」や「新スーパー英語AE3」のボタンを押した場合、その時点のワンタイムパスコードがクリップボードにコピーされますので、1分以内であれば「パスコード」の欄に張り付ける事でログインすることが出来ます。