本文へスキップ

芝浦工業大学 工学部 情報工学科 米村研究室

〒135-8548 東京都江東区豊洲3-7-5

教員紹介faculty

ひととなり

氏 名(しめい)
米村 俊一(よねむら しゅんいち)
専門分野
ヒューマンコミュニケーション,ヒューマンコンピュータインタラクション,人間工学
主要な研究テーマ

Computer Mediated Communication(コンピュータを介するコミュニケーションの支援)
Human Computer Interaction
③情報通信のアクセシビリティ 

教育の考え方

①現場での観察力を鍛える
②科学技術の相場観を持つ
③データに基づいて議論する
④学会等を通じて外部の人と議論をする
⑤ISOやJISなどの標準を理解しグローバルな視点を持つ

趣味等
テニス,スキー,音楽鑑賞(ピアノなどの器楽曲)


研究業績

  • 投稿論文一覧

    【学術論文/査読あり】


    1 : 筒口拳、米村俊一、鎌田一雄、手話学習教材におけるイラスト画像および動画像からの合成静止画像とを用いた手話学習特性の検討、画像電子学会誌、vlo.44、No.2、pp.328-335、2015.(3月)

    2 : 川村春美、八尾泰洋、米村俊一、大谷淳、小島明、相異なる照明光下の固定カメラ画像からの照明光色推定法、画像電子学会誌、Vol.43 No.2、pp.164-174、2014.(3月)

    3 : 宮脇健三郎 , 佐野睦夫 , 光森洋美,松井元子,大谷貴美子,米村俊一,氏田亮,大出道子,廣畑史子,食生活行動遠隔認知リハビリテーション支援システムに基づく高次脳機能障害者の自立に向けた介入,電子情報通信学会論文誌. D, Vol. 97-D(1), pp. 95-107, 2014. (1月)

    4 : 川村春美,米村俊一,大谷淳,小島明,高彩度・低彩度gamut と反対色特性を利用した灰色仮説ベースの照明光色推定法,電子情報通信学会論文誌.D, Vol.J-96D(12), pp. 3079-3089, 2013年12月.

    5 : 佐野睦夫 , 宮脇健三郎 , 米村俊一,大出道子,調理ナビゲーションシステムに基づく高次脳機能障害者の認知リハビリテーション,認知リハビリテーション2013,vol.18,no.1,pp.72-77,2013年7月.

    6 : Li Jen Chen, Mutsumi Suganuma, Shigekazu Sakai, Jun Ohya, Shunichi Yonemura and Yukio Tokunaga, An Investigation into Encouraging higher User Self-Disclosure during Text-based Computer Mediated Communication: A case study of Prompter Communication System, 画像電子学会誌、vol.42、No.1、pp.89-101, 2013.(1月)

    7 : 大川内 隆朗 , 大谷 淳 , 米村 俊一 , 徳永 幸生、e-learning用講義ビデオにおける学習者の学習行動を利用した主観的難易度の把握方法の基礎的検討、日本教育工学会論文誌 vol.36、no.3, pp.193-203, 2012. (12月)

    8 : 宮脇 健三郎, 佐野 睦夫, 米村 俊一, 大出 道子, 松岡 美保、高次脳機能障害者の同時並行調理ナビゲーション~記憶・注意障害患者を対象としたケーススタディ~、映像情報メディア学会誌、Vol. 66、 No. 12、pp. J481-J491、2012.(12月)

    9 : 嶌田 聡 , 杉本 清 , 米村 俊一、小島明、福原美三、ハイビジョンカメラ映像からの学習に適した低解像度レクチャー映像の簡易生成法の評価、画像電子学会誌、vol.41, No.6, pp.697-707, 2012.(11月)

    10 : 大川内 隆朗 , 大谷 淳 , 米村 俊一 , 徳永 幸生、e-learning用講義コンテンツにおける教員の講義改善活動を支援するシステムの提案と評価、GITS/GITI Research Bulletin 2011-2012, 11-19, 2012.(10月)

    11 : Li Jen Chen, Mutsumi Suganuma, Shigekazu Sakai, Shunichi Yonemura, Jun Ohya and Yukio Tokunaga, Proposed Prompter Communication System for Supporting Non-Verbal Expressions in order to Encourage Development of Deep and Intimate Interpersonal Relationships, GITS Bulletin, 2012.(9月)

    12 : 鎌田一雄、米村俊一、関宣正、疑似手話メッセージによる情報伝達に関する基礎的考察、聴覚言語障害、vol.41、No. 1、pp.1-13, 2012. (9月)

    13 : 鈴木章,嶌田聡,木村義政,米村俊一,森本正志,マージン最大化の考え方を導入した遺伝的アルゴリズムによる特徴選択とその文字認識への応用,画像電子学会誌,vol.41, No.2, pp.131-139, 2012. (2月)

    14 : 米村俊一,鎌田一雄,鈴木章,島田聡,緊急通報のリスト手話提示における手話と日本語の相互補完性、電子情報通信学会論文誌, Vol. J95-D, No.2, pp.275-286, 2012. (2月)

    15 : 嶌田聡,鈴木章,米村俊一,小島明,映像視聴によるスポーツ動作分析のための画像情報提示方法、画像電子学会誌, vol.41, No.1, pp.65-72, 2012.(1月)

    16 : 小林大二,浅見圭貴,米村俊一,鈴木章,嶌田聡,山本栄,メンタルアルゴリズムの概念に基づく避難行動の評価,ヒューマンファクターズ, vol.16, pp.52-62, 2011. (11月)

    17 : 鈴木章,米村俊一,高い識別率と低い次元数を共に実現させる遺伝的アルゴリズムを用いた特徴選択とその文字認識への応用,画像電子学会論文誌,vol.40, no.5, pp.891-899, 2011.(9月)

    18 : 米村俊一,鎌田一雄,鈴木章,嶌田聡,ろう者の緊急通報読取における手話と日本語の相互補完性,電子情報通信学会論文誌, vol. J94-D, No.9, pp.1530-1540, 2011. (9月)

    19 : 鈴木章,米村俊一,田邊勝義,安藤慎吾,森本正志,小池秀樹,勾配ベースの画像特徴量の視認性低下を目的とする遺伝的アルゴリズムを用いた特徴選択,画像電子学会誌,vol.40, No.3, pp.448-458, 2011. (8月)

    20 : 川村春美,米村俊一,大谷淳,松浦宣彦,反対色の特性を利用した灰色仮説に基づくカラー画像からの照明光推定法,電子情報通信学会誌D, Vol. J94-D, No.8, pp.1346-1358, 2011. (8月)

    21 : 米村俊一,鎌田一雄,緊急情報伝達のユニバーサルデザイン,日本信頼性学会誌,vol.33, No.5, pp.242-248, 2011. (8月)

    22 : 田邊勝義,壷内鉄郎,内山俊郎,米村俊一,奥雅博,鈴木章,中西徳昌,血管の接合性を考慮したパノラマ眼底画像の作成,画像電子学会誌,Vol. 39, No.4, pp.376-385, 2011. (8月)

    23 : 鈴木章,木村義政,嶌田聡,米村俊一,森本正志,遺伝的アルゴリズムを用いた特徴と学習サンプルの同時選択とその文字認識への応用,画像電子学会誌,vol.40, No.4, pp.650-659, 2011. (7月)

    24 : 嶌田聡,仲西正,小島明,米村俊一,福原美三,オープン講義映像の共有・利用環境の構築,工学教育,vol.59, No.4, pp.49-54, 2011. (7月)

    25 : 嶌田聡,鈴木章,米村俊一,歩行指導のための足底部位別荷重パラメータの提案,画像電子学会誌, vol.40, No.3, pp.466-474, 2011. (5月)

    26 : 米村俊一,花田研,徳永幸生,嶌田聡, 鈴木章,大谷淳,線画映像コミュニケーションにおける対話ストラテジーと対話特性,映像情報メディア学会論文誌,vol.65,No.4,pp.515-522,2011.(4月)

    27 : 嶌田聡,近藤功,宮川和,東正造,米村俊一,映像の内容理解を支援するシーン区間連動型の映像コミュニケーションシステム,電気学会誌,Sec. C, Vol. 131, No. 3, pp.664-673, 2011.(3月)

    28 : 鎌田一雄,米村俊一,永徳真一郎,ろう者の手話・日本語二言語緊急通報読み取り特性,画像電子学会論文誌,vol. 40,No.1,pp.225-235,2011.(1月)

    29 : 宮脇健三郎,佐野睦夫,米村俊一,大出道子,松岡美保子,高次脳機能障害者向け調理ナビゲーションのためのレシピおよび提示メディアの構造化,映像情報メディア学会誌,Vol. 64, No. 12, pp. 1863-1872, 2010. (12月)

    30 : 嶌田聡,鈴木章,米村 俊一,小島明,複数メンバの視線カメラ映像を利用した体験の記録と有効区間検出,画像電子学会誌,vol.39, No.5, pp.621-630, 2010. (9月)

    31 : 鈴木章,嶌田聡,米村俊一,安藤慎吾,景観画像中の候補文字集合に対する変形角度推定を用いたキーワード抽出および検索技術,画像電子学会誌,Vol. 39, No.4, pp.386-398, 2010. (7月)

    32 : 米村俊一,ChenLi Jen,大谷淳,徳永幸生,嶌田聡,テキストによるインフォーマルなコミュニケーションを触発する”● ”メディアの提案,画像電子学会誌,Vol. 39, No.4, pp.442-450, 2010. (7月)

    33 : 米村俊一,徳永幸生,大谷淳,筒口拳,嶌田聡, 鈴木章,線画映像を用いてプライバシー保護に配慮したビジュアルサポートシステム,画像電子学会論文誌,Vol. 39, No.4, pp.481-489, 2010. (7月)

    34 : 米村俊一,鎌田一雄,田邊勝義,リスト手話提示によるろう者への緊急通報の伝達,電子情報通信学会論文誌,vol.J93-D,No.6,pp.988-998, 2010. (6月)

    35 : 加藤洋一,米村俊一,中谷桃子,入江豪,人間特性評価とその利用,信号処理学会誌,vol.14, No.3, pp.177-188, 2010. (5月)

    36 : 佐野睦夫,宮脇健三郎,米村俊一,大須賀美恵子,大出道子,松岡美保子,高次脳機能障害患者のための料理行動支援システムの提案,大阪府立障がい者自立センター紀要,vol. 1, No.1, pp.117-130, 2010. (2月)

    37 : 米村俊一,永徳真一郎,鎌田一雄,田邊勝義,手話・日本語二言語提示におけるろう者の緊急情報読み取りストラテジー,電子情報通信学会論文誌,vol.J92-D,No.11,pp.2000-2010, 2009. (11月)

    38 : 鎌田一雄, 米村俊一, 永徳真一郎,手話緊急通報の作成に関する基礎検討,日本聴覚言語障害学会誌,vol.36, No.2, pp.57-68, 2007. (12月)

    39 : 米村俊一,宮本勝,中谷桃子,小川克彦,1チャンネル映像通信を用いた遠隔サポートにおけるノビスユーザの対話特性,人間工学, Vol. 42-5, pp. 329-336, 2006. (10月)

    40 : YONEMURA Shunichi, MIYAMOTO Masaru, NAKATANI Momoko: Working towards Universal Design Research Focused on Communication Design in Technical Support, NTT Tech Rev., VOL.3, NO.11, pp.33‐37, 2005. (11月)

    41 : KOJIMA Haruhiko, ASANO Yoko, YONEMURA Shunichi: Working towards Universal Design,NTT Tech Rev,VOL.3, NO.11, pp.12‐16, 2005. (11月)

    42 : 米村俊一,浜田洋,徳永幸生,岡崎哲夫,操作手順の言語的な記述に基づくユーザインタフェース設計法, 情報処理学会論文誌, vol. 41, No.1, pp.148-157, 2000. (1月)

    43 : 米村俊一,小川克彦,HI設計ガイドラインデータベース:ブックメタファの可視化とその効果, 情報処理学会論文誌, vol.35, No.10, pp. 2159-2169, 1994. (10月)

    44 : 米村俊一,複合メディア端末制御ソフトウェア構成方法の検討, 画像電子学会論文誌, vol.19, No.5, pp. 312-317, 1990. (10月)

    45 : 米村俊一,小川克彦:通信システムにおけるヒューマンインタフェース設計指針の考察, NTT R&Dvol. 39, N0.2, pp.249-256, 1990. (2月)


    【国際会議論文/査読あり】


    1 : Tatsuya Ogusu, Jun Ohya, Jun Kurumisawa, Shunichi Yonemura: Enhancing Abstract Imaginations of Viewers of Abstract Paintings by a Gaze Based Music Generation System. Human Computer Interaction International. Vol.5、pp. 457-464、2015.(7月)

    2 : Tatsuya Ogusu, Jun Ohya, Jun Kurumisawa and Shunichi Yonemura, Inspiring Viewers of Abstract Painting by a Gaze Based Music Generation, Human Computer Interaction International 2014, No.3121, pp.213-214, 2014.(7月)

    3 : Mutsuo Sano, Kenzaburo Miyawaki, Hiromi Mitsumori, Kimiko Ohtani, Syunichi Yonemura, Michiko Ohde", Remote Cognitive Rehabilitation Support System for Menu and Meal Preparation", 5th Workshop on Multimedia for Cooking and Eating Activities : CEA2013, CEA06s, 2013.(10月)

    4 : Masahiro Shibasaki, Taizan Suzuki, Shunichi Yonemura, Kagurame: A Performance Rendering System Using Case-Based Reasoning, Rencon 2013, Poster, 2013.(7月)

    5 : Harumi Kawamura, Shunichi Yonemura, Jun Ohya and Akira Kojima、Gray-World-Assumption-based Illuminant Color Estimation、using Color Gamuts with High and Low Chroma、Proc. SPIE 8652, Color Imaging XVIII : Displaying, Processing, Hardcopy, and Applications, 86520C、2013.(2月)

    6 : Harumi KAWAMURA, Yasuhiro YAO, Shunichi YONEMURA, Jun OHYA, Akira KOJIMA, Estimating object colors in outdoor scenes with same object region but different illuminants, International Colour Association(AIC) 2012, P2-41、2012.(9月)

    7 : Harumi Kawamura, Yasuhiro Yao, Shunichi Yonemura, Jun Ohya, Akira Kojima, "Estimating object colors in outdoor scenes with same object region but different illuminants", Proceedings of AIC (The International Colour Association) 2012 Interim Meeting, pp.582-585, 2012. (9月)

    8 : Takaaki Ohkawauchi, Jun Ohya, Shunichi Yonemura, and Yukio Tokunaga, “Study of a teacher support method for improving lectures for e-learning on demand”, Proceedings of IEVC (IIEEJ 3rd Image Electronics and Visual Computing Workshop) 2012, 2A-4, pp.1-4, 2012.(12月)

    9 : Masahiro Watanabe, Shunichi Yonemura, Ryo Hashimoto, Yoko Asano, Study of user interface that considers cognitive features of older users in browsing Web contents, HCI International 2011, LNCS 6770, pp. 60?67, 2011.(7月)

    10 : Shunichi Yonemura, Kazuo Kamata, Study on the accessibility in urgent message transmission service at the time of disaster, HCI International 2011, LNCS 6772, pp. 446?450, 2011.(7月)

    11 : Kazuo Kamata, Shunichi Yonemura, Study on Aural Message Service by Text Coding for Visually Impaired and Blind People, iCREATe2011, pp. 186?189, 2011.

    12 : Harumi Kawamura, Shunichi Yonemura, Jun Ohya, Norihiko Matsuura, Illuminant Color Estimation by Hue Categorization Based on Gray World Assumption,IS&T/SPIE Electronic Imaging 2011, 2011.(Poster)

    13 : R. Fukuda, S. Yonemura,Acceptance of input devices by older adults, International Society for Gerontechnology 7th World Conference 2010, poster, 2010.

    14 : Masahiro Watanabe, Shunichi Yonemura, Asano Yoko,Investigation of Web Usability based on the Dialogue Principles, HCI International2009, vol.LNCS 5619, pp.825-832, 2009.(7月)

    15 : Shunichi Yonemura, Shin-ichiro Eitoku, Kazuo Kamata, Effectiveness of the text display in bilingual presentation of JSL/JT for emergency, HCI International2009, vol.LNCS 5611,pp.761-769, 2009.(7月)

    16 : Li Jen Chen, Sven Forstmann, Shunichi Yonemura, Jun Ohya, Yukio Tokunaga:Prompter ""●"" Based Creating Thinking Support Communication System that Allows Hand-drawing,HCI international 2009, vol.LNCS 5611, pp.783-790, 2009.(7月)

    17 : Shun-ichi Yonemura, Kazuo Kamata and Shin-ichiro Eitoku,Evaluation of the emergent information reading strategy in bilingual presentation of Japanese sign language and Japanese text, AAATE 2009, pp.493-497, 200).

    18 : Kazuo Kamata, Shunichi Yonemura, and Shin-ichiro Eitoku,Eye Movements in Bilingual Emergency Message Reading for Deaf People, AAATE2009(Poster), pp.862, 2009.

    19 : Kenzaburo Miyawaki, Mutsuo Sano, Shunichi Yonemura, Mihoko Matsuoka, A Cooking Support System for Higher Brain Dysfunction, Proc. of the ACM Multimedia 2009 Workshop on Multimedia for Cooking and Eating Activities (CEA'09), pp.47-52,pp.47-52, 2009.

    20 : Daisuke Ito, Masahiko Munechika, Shunichi Yonemura, Masaaki Kaneko, A Study For Requirements Elicitation Method Considering User Experience, Asian Network for Quality 2009, The 7th ANQ Congress Tokyo 2009, pp.117-126, 2009.

    21 : L. J. Chen, Y. Shunichi, J. Ohya and Y. Tokunaga, "A study of Computer Mediated communication via the "●" prompt system - Analysis of the affects on the stimulation of thought processes and the inspiration of creative ideas," IADIS Multi Conference on Computer Science and Information Systems (MCCSIS 2008), vol. Interfaces and Human Computer Interaction, pp.282-285, 2008.

    22 : Kazuo Kamata, Shunichi Yonemura, Shin-ichiro Eitoku, and Masakatsu Aoki, JSL/Japanese earthquake messages for deaf people, ARATA2008, M6.2(Poster), 2008.

    23 : S. Yonemura, T. Yoshida, Y. Tokunaga, J. Ohya :Communication analysis of visual support system that uses line drawing expression., HCI International 2007, pp.359 - 365, 2007

    24 : S. Yonemura, S. Eitoku, K. Shimokura :Urgent information presentation using listed sign language., HCI International 2007, pp.824 - 830, 2007

    25 : S. Eitoku, S. Yonemura, K. Shimokura :Impact of sign language movie and text layout on the readout time., HCI international 2007, pp.667 - 675, 2007.

    26 : M. Aoki, S. Yonemura, K. Shimokura :Disaster-Response Information Sharing System based on Cellular Phone with GPS., HCI international 2007, pp.250 - 255, 2007.

    27 : Li Jen Chen, Nobuyuki Harada, Shunichi Yonemura, Jun Ohya, Yukio Tokunaga: A STUDY OF A COMPUTER MEDIATED COMMUNICATION VIA THE “●” PROMPT SYSTEM - Analysis of the affects on the stimulation of thought processes and the inspiration of creative ideas, ICME2007(IEEE International Conference on Multimedia & Expo 2007), pp.1119-1122, 2007.

    28 : Hiroaki Yonekura, Kazuo Kamata, Shunichi Yonemura, Shin-ichiro Eitoku, and Akio Shinohara, JSL/Japanese Bilingual Earthquake Messages for Deaf People,AAATE2007, 2007.

    29 : S. Yonemura, T, Yoshida, Y, Tokunaga, J. Ohya: Multimodal communication on visual support system, Workshop on Tactile and Haptic Interaction 2007, JES, pp.64-69, 2007.

    30 : S. Yonemura, S. Eitoku, K. Shimokura, J. Ohya: The accessible information presentation method in public space, Workshop on Tactile and Haptic Interaction 2007, JES, pp.70-75, 2007.

    31 : Li Jen Chen, Nobuyuki Harada, Jun Ohya, Shunichi Yonemura, Yukio Tokunaga: A Study of a computer mediated communication via the “●”Prompt system-Introducing the affects on the stimulation of thought processes and the inspiration of creative ideas-, Workshop on Tactile and Haptic Interaction 2007, JES, pp.50-55, 2007.

    32 : Masakatsu Aoki, Shunichi Yonemura, Kenichiro Shimokura :Multimodal information presentation based on cellular phone in a disaster, Workshop on Tactile and Haptic Interaction 2007, JES, pp.76-81, 2007.

    33 : S. Yonemura, M. Miyamoto, M. Nakatani, K. Ogawa:The effect of visual information in collaborative troubleshooting, HCI international 2005, No. 563, pp.1-5, 2005.

    34 : M. Nakatani, M. Miyamoto, S. Yonemura :User Support Design to Enhance Motivation for Troubleshooting, HCI international 2005, No.64, pp.1-5, 2005.

    35 : M. Miyamoto, M. Nakatani, S. Yonemura :Using Abstract Functional Information to Offset Incomplete Answers in Troubleshooting, HCI international 2005, No.568, pp.1-5, 2005.

    36 : M. Nakatani, M. Miyamoto, S. Yonemura :User Support Design to Provide a Chance to Learn, AECT(AssociationForEducationalCommunications&Technology) 2005 International Convention,pp. 340-345, 2005.

    37 : M. Miyamoto, M. Nakatani, M. Watanabe, S. Yonemura, K. Ogawa :A comparixon of internet connection troubleshooting strategies by exparts and novices, HFES2004 annual meeting,pp.841-845, 2004.

    38 : T. Takano, S. Yonemura, S. Nishiyama :A study on the suitability of synthesized speech for the features of interface agents., The 3rd International Conference on Advanced Communication Technology (ICACT2001), 2001.

    39 : Y. Asano, S. Yonemura, H. Hamada, K. Ogawa :Method of ecological interface design applied to interactive diagnosis support system, Symbiosis of Human and Artifact: Future Computing and Design for Human-Computer Interaction, (eds) Y. Anzai, K. Ogawa and H. Mori, Elsevier Science B.V., pp.423 ? 428, 1995.

    40 : K. Ogawa, S. Yonemura :Usability analysis of design guideline database in human-computer interface design, Human factors society 36th annual meeting, pp.433 - 437, 1992.

    41 : S. Yonemura, K. Ogawa :Using a computer game to analyze color recognition abilities, Proceedings of the Fourth International Conference on Human-Computer Interaction, pp.103-107, 1991.



    【著 書】


    1 : 日本工業規格 Z 8520改訂 人間工学-人とシステムとのインタラクション-対話の原則, 2008, 日本規格協会

    2 : 日本工業規格 Z 8511 追補1人間工学-視覚表示装置を用いるオフィス作業-通則, 2007, 日本規格協会

    3 : 日本工業規格 Z 8523人間工学-視覚表示装置を用いるオフィス作業-ユーザー案内, 2007, 日本規格協会

    4 : 日本工業規格 Z 8531-1 人間工学-マルチメディアを用いるユーザインタフェースに関するソフトウェア-第1部:設計原則および枠組み, 2007, 日本規格協会

    5 : 日本工業規格 Z 8531-2 人間工学-マルチメディアを用いるユーザインタフェースに関するソフトウェア-第2部:マルチメディアナビゲーション及び制御, 2007, 日本規格協会

    6 : 日本工業規格 Z 8531-3 人間工学-マルチメディアを用いるユーザインタフェースに関するソフトウェア-第3部:メディアの選択及び組合せ, 2007, 日本規格協会

    7 : 日本工業規格 Z 8522 人間工学-視覚表示装置を用いるオフィス作業-情報の提示, 2006, 日本規格協会

    8 : 日本工業規格 Z 8526人間工学-視覚表示装置を用いるオフィス作業-直接操作対話, 2004, 日本規格協会

    9 : 日本工業規格 Z 8527人間工学-視覚表示装置を用いるオフィス作業-書式記入対話, 2002, 日本規格協会

    10 : 日本工業規格 Z 8525人間工学-視覚表示装置を用いるオフィス作業-コマンド対話, 2000, 日本規格協会

    11 : K. Ogawa, S. Yonemura :Usability analysis of design guideline database in human-computer interface design, Human factors Prespectives on Human-Computer Interaction, selections from Proceedings of Human Factors and Ergonomics Society Annual Meetings 1983-1994, pp.291 - 295, 1995

    12 : ここまでできる次世代テレコム,1992, NTT出版



    【研究会論文】

    1 : 米村俊一,横川絵理,渡辺昌洋,PEACSを用いたウェブアクセスにおけるシニアユーザの行動特性、ヒューマンインタフェース学会研究報告集、vol.115、No.35、pp.207-212 , 2015年5月(那覇市)

    2 : 近藤充,米村俊一,視覚障害者向け電子ゲーム上の移動操作を支援する音響インタフェースの検討,福祉情報工学研究会(WIT),信学技報、vol.115、No.99、pp.163-168 , 2015年6月(新潟市)

    3 : 清水孝俊,米村俊一,楽曲のテンポと足のサイクルの差異がランナーの心拍数誘導に与える影響の評価,福祉情報工学研究会(WIT),信学技報、vol.115、No.98、pp.195-200 , 2015年6月(新潟市)

    4 : 成澤優樹,米村俊一,C言語のポインタ学習における初級者の誤った知識によるメンタルモデルの形成パターンの分析,福祉情報工学研究会(WIT),信学技報、vol. 115、No. 98、pp.181-186 , 2015年6月(新潟市)

    5 : 大澤勇貴 , 米村俊一、クチコミ情報を用いた商品比較インタフェースに関する基礎的検討、モバイルネットワークとアプリケーション研究会、信学技報、vol. 115、No.172、pp. 1-6、2015年8月.

    6 : 小楠竜也 , 大谷淳 , 楜沢順 , 米村俊一、J-029 抽象絵画における鑑賞者の注視情報を利用した音楽生成システム : 抽象絵画の特徴が鑑賞者の抽象的な発想の変化に及ぼす影響(J分野:ヒューマンコミュニケーション&インタラクション,一般論文)、情報科学技術フォーラム講演論文集、vol.14、No.3、pp. 373-374、2015年8月.

    7 : 秋山滉太 , 筒口拳 , 米村俊一、キーフレーム通信方式を用いた災害時情報伝達システムの提案、福祉情報工学研究会(WIT),信学技報、vol. 115、No. 193、pp.53-58 , 2015年8月.

    8 : 石井翼 , 米村俊一、初対面における会話を支援する話題推奨システムの提案、福祉情報工学研究会(WIT),信学技報、vol. 115、No. 354、pp.23-26 , 2015年12月.

    9 : 郷家友喜 , 米村俊一、視覚障害者の旅行をガイドするツーリズム支援システムに関する検討、福祉情報工学研究会(WIT)、信学技報、vol. 115、No. 354、pp.27-32 , 2015年12月.

    10 : 田中友也 , 米村俊一、盲ろう者を対象としたコミュニケーション支援システムの基礎検討、福祉情報工学研究会(WIT)、信学技報、vol. 115、No. 354、pp.143-146 , 2015年12月.

    11 : 徳田桂太 , 米村俊一、ユーザの移動範囲を考慮した津波避難支援システム、福祉情報工学研究会(WIT)、信学技報、vol. 115、No. 354、pp.147-152 , 2015年12月.

    12 : 神取 敬矩 , 米村 俊一 , 中村 航、小説執筆支援システム : 初心者のあらすじ創作を支援する例示を用いたユーザインタフェースの提案、福祉情報工学研究会(WIT)、信学技報、vol. 115、No. 354、pp.153-158 , 2015年12月.

    13 : 山口 元気 , 米村 俊一、電子書籍におけるものがたりの印象を強化するBGM自動再生システムの提案、福祉情報工学研究会(WIT)、信学技報、vol. 115、No. 354、pp.159-163 , 2015年12月.

    14 : 横川絵理, 米村俊一,渡辺昌洋,PEACS:非均一的拡大縮小インタラクション,信学技報、vol.114、No.67、pp.95-100 , 2014年5月.

    15 : 林育実、米村俊一、遠隔地に発話意図をしぐさで伝えるメディエーションロボットの提案、福祉情報工学研究会(WIT)、信学技報、vol.114、No. 217、pp. 13-16、2014年9月.

    16 : 鎌田一雄、鎌田芳雄、米村 俊一、スマートツーリズム:概念と構造、信学技法(HCGシンポ)、C-3-5 ,2014.12

    17 : 三宅智昭、米村俊一、杉山精、コンピュータによる小鳥の羽ばたきの擬音生成、信学技報Vol.114, No.358、応用音響研究会(EA), pp.43-48、2014年12月

    18 : 成澤優樹、米村俊一、C言語のポインタ学習における初級学習者のメンタルモデル獲得プロセスの分析、福祉情報工学研究会(WIT)、信学技報信学技報 vol. 114、No.357、pp.103-108、2014年12月

    19 : 大澤勇貴、米村俊一、クチコミ情報を用いた商品比較における情報取得行動の分析、福祉情報工学研究会(WIT)、信学技報vol.114、No.357、pp.97-102、2014年12月

    20 : 近藤充、米村俊一、視覚障害者向け電子ゲームの音響インタフェースにおける方向知覚の分析、福祉情報工学研究会(WIT)、信学技報Vol.114、No.357、pp.17-21、2014年12月

    21 : 清水孝俊、米村俊一、楽曲のテンポによりランナーのペース誘導を行うジョギングアシスト方式の検討、福祉情報工学研究会(WIT)、信学技報Vol.114、No.357、pp.81-86、2014年12月

    22 : 郷家友喜、米村俊一、視覚障害者の旅行をガイドするツーリズム支援システムに関する研究、福祉情報工学研究会(WIT)、信学技報Vol.114、No.357、pp.5-9、2014年12月

    23 : 山川竜矢、米村俊一、ドラマの登場人物の語調を振動で伝達する触覚インタフェースの検討、福祉情報工学研究会(WIT)、信学技報Vol.114、No.357、pp.23-27、2014年12月

    24 : 山崎真光、米村俊一、筒口拳、手話映像を用いた災害時の緊急案内の画質に関する検討 : 時間の経過に基づいた空間/時間解像度の特性、福祉情報工学研究会(WIT)、信学技報Vol.114、No.357、pp. 29-34、2014年12月

    25 : 柴崎正浩,鈴木泰山, 米村俊一, 徳永幸生,音高方向グラデーションにより音符を認識するピアノロール画像の比較手法の検討,情報処理学会研究報告. [音楽情報科学] 2014-MUS-102(21), 1-6, 2014-02-16.

    26 : 安達文夫,鈴木卓治,仁藤敦史,平野清典,米村俊一,徳永幸生,高精細画像を用いた正倉院文書の調査研究支援自在閲覧システム,情報処理学会人文科学とコンピュータシンポジウム,B3-1,2013.12.(査読あり)

    27 : 三宅智昭, 米村俊一, 徳永幸生,コンピュータによる鳥の羽ばたきの擬音生成,電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(349), pp.43-48, 2013-12-13.

    28 : 梶原英範,米村俊一,徳永幸生,小説創作支援システム構築のための物語作成プロセスの認知モデル構築,ヒューマンインタフェース学会研究報告集,vol.15, no.12, SIG-DE-16, pp.37-40, 2013.12.

    29 : 山田直輝,米村俊一,複数の感情を伝達するアニメ的文字変形の検討,ヒューマンインタフェース学会研究報告集,vol.15, no.12, SIG-DE-16, pp.7-10, 2013.12.

    30 : 横川絵理,米村俊一,情報のランドマークを保持する非均一的拡大縮小インタラクションの提案,ヒューマンインタフェース学会研究報告集,vol.15, no.12, SIG-DE-16, pp.1-6, 2013.12.

    31 : 氏田亮 , 米村俊一 , 宮脇健三郎,佐野睦夫,大出道子,高次脳機能障害者の遠隔調理支援における危険評価の検討,信学技報 113(214), 57-61, 2013-09-12.

    32 : 石井翼,米村俊一,低社会的スキル群の初対面時における会話特性の分析,ヒューマンインタフェース学会研究報告集,vol.15, no.9, SIG-CE-08, pp.1-4, 2013.8.

    33 : 柴崎正浩,鈴木泰山,米村俊一,ピアノロール画像の比較による旋律類似性評価手法の検討-若干の音高の違いを許容する旋律概形の比較評価-,情報処理学会研究報告. [音楽情報科学] 2013-MUS-100(12), pp.1-6, 2013-08-24

    34 : 平野清典, 安達文夫, 米村俊一,徳永幸生,正倉院文書の表裏比較における対応点の最適配置の検討,2013年度画像電子学会第41回年次大会論文集,no. S4-3, 2013.6.

    35 : 脇正宏, 安達文夫, 米村俊一, 徳永 幸生, 正倉院文書の並び替えのための断簡と台紙の領域分離方法, 2013年度画像電子学会第41回年次大会論文集,no. T3-1, 2013.6.

    36 : 郷家友喜,米村俊一,視覚障碍者の旅行をガイドするツーリズム支援システムの検討,ヒューマンインタフェース学会研究報告集,vol.15, no.6, SIG-DE-14, pp.15-20, 2013.7.

    37 : 川村 春美 , 米村 俊一 , 大谷 淳 , 小島 明、高彩度および低彩度gamutを用いた灰色仮説に基づく照明光色推定の一提案、情報処理学会研究報告. [オーディオビジュアル複合情報処理] 2013-AVM-80(3), pp.1-6, 2013.

    38 : 氏田 亮, 米村 俊一, 宮脇 健三郎, 佐野 睦夫, 大出 道子, 光森 洋美、高次脳機能障害者の遠隔調理支援インタフェースの検討、ヒューマンインタフェース学会研究報告集、vol.14、no.12、pp.1-4、2012.

    39 : 松原 嵩, 米村 俊一、感情を伝えるテキストコミュニケーションシステム、ヒューマンインタフェース学会研究報告集、vol.14、no.12、pp.5-8、2012.

    40 : 鈴木 裕太, 米村 俊一、授業における生徒と教師の響合を支援するコミュニケーションシステムの提案、ヒューマンインタフェース学会研究報告集、vol.14、no.12、pp.9-12、2012.

    41 : 大川内隆朗 , 大谷淳 , 米村俊一 , 徳永幸生、e-learningにおける主観的難易度の補足方法に対する基礎的検討、電子情報通信学会総合大会講演論文集 2012年_情報・システム(1), pp.215, 2012.

    42 : 佐野睦夫 , 久保仁志 , 柿雅子, 宮脇健三郎 , 米村俊一 , 大出道子、調理動作認識を用いた高次脳機能障害リハビリ支援システムの提案、電子情報通信学会技術研究報告. IE, 画像工学 111(478), 169-174, 2012.

    43 : 佐野睦夫,宮脇健三郎,米村俊一,大出 道子,高次脳機能障害者の自立に向けた料理リハビリテーション支援, 電子情報通信学会技術研究報告, vol. WIT2011 51?69, pp.19-24 , 2012.

    44 : 佐野睦夫,久保仁志,柿雅子,宮脇健三郎,米村俊一,大出 道子,高次脳機能障害者のための遠隔調理リハビリテーションにおける気づき支援,電子情報通信学会技術研究報告MVE, vol. 111, no. 479, pp. 163-167, 2012.

    45 : 宮脇健三郎,佐野睦夫,米村俊一,調理動作認識を用いた高次脳機能障害リハビリ支援システムの提案,電子情報通信学会技術研究報告MVE,vol. 111, no. 479, pp. 169-174, 2012.

    46 : 佐野睦夫,宮脇健三郎,米村俊一,菅野圭子,大出道子,小山知美,協調型調理ナビゲーションシステムによる高次脳機能障害者の社会的スキル向上支援,電子情報通信学会技術研究報告MVE, vol. 110, no. 457, MVE2010-141, pp. 43-48, 2011.

    47 : 宮脇健三郎,佐野睦夫,米村俊一,調理における認知能力補完のための動作認識の検討, 電子情報通信学会技術研究報告MVE, vol. 110, no. 457, MVE2010-142, pp. 49-54, 2011.

    48 : 張勇,大谷淳,米村俊一,徳永幸生,サイバーシアターにおける観客効果に関する検討 ~ 観客が実人間・アバターの場合の特性の違いに関する検討,電子情報通信学会技術研究報告MVE, マルチメディア・仮想環境基礎 110(457), 135-140, 2011-02-28

    49 : 鎌田一雄,米村俊一,視覚障害者の情報アクセスとテキスト・音声メディア変換技術,電子情報通信学会技術研究報告. SITE, 技術と社会・倫理 110(429), 169-174, 2011.

    50 : 米村俊一,鎌田一雄, リスト手話提示における手話と日本語の相互補完性の検討, ヒューマンインタフェース学会研究報告,vol. SIG-CE, pp.2011.

    51 : 鎌田一雄,松本祥輝,藤沼輝好,米村俊一, 視覚障害者のテキスト読み上げ音声の受容特性, 電子情報通信学会技術研究報告WIT, vol. 111, no. 58, pp. 13-18, 2011.

    52 : 鎌田一雄,米村俊一,大関歩希, 手話地震通報作成に関する基礎検討, 電子情報通信学会技術研究報告HCS, vol. 111, no. 59, pp. 25-30, 2011.

    53 : 鎌田一雄,米村俊一, インクルーシブな情報環境に関する考察, 電子情報通信学会技術研究報告HCS, vol. 111, no. 59, pp. 31-36, 2011.

    54 : 鎌田一雄,米村俊一, ろう者への緊急通報と表現メディアとに関する検討, 電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学 111(174), pp. 55-60, 2011.

    55 : 立松直倫,徐?,大谷淳,川村晴美,米村俊一, 球面領域判定を用いた一枚の画像からの光源位置推定に関する検討, 第10回情報科学技術フォーラム, 講演論文集 第3分冊, pp. 215-216, 2011.

    56 : 高木志織,米村俊一,徳永幸生,杉山精, 自動会話システムにおける擬人化エージェントが会話持続に与える効果第10回情報科学技術フォーラム, 講演論文集 第3分冊, pp. 575-576, 2011.

    57 : 佐野睦夫,宮脇健三郎,米村俊一,大出 道子,高次脳機能障害者のための見守りロボットを介した遠隔調理リハビリテーション, ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集, vol.2011, no.1414S, 2011.

    58 : 大川内隆朗,大谷淳,米村俊一,徳永幸生,オンデマンド型e‐learningにおける履修者の学習行動を利用した主観的難易度の把握方法の基礎的検討,電子情報通信学会技術研究報告, vol.ET2011 76?87, pp.13-18 , 2011.

    59 : Chen Li Jen, 米村俊一, 大谷淳, 徳永幸生, “創造的思考を用いたコミュニケーション方法 - “●”プロンプタ・システムでの実用について -”,電子情報通信学会技術研究報告, Vol. 109, No. 470, pp. 281-286, 2010.

    60 : 伊藤大裕,棟近雅彦,米村俊一,金子雅明,会員制ネットワークサービスにおける要求品質抽出方法に関する研究,日本品質管理学会第39回年次大会,vol.第39回年次大会研究発表会研究発表要旨集,pp.79-83, 2009.

    61 : 宮脇健三郎,山肩洋子,米村俊一,西口敏司,佐野睦夫,視覚障害者向け調理支援システムの検討(ショート発表 2ページ),電子情報通電子情報通信学会技術研究報告.MVE,マルチメディア・仮想環境基礎110(35),pp. 41-42,2010.

    62 : 宮脇健三郎,西口敏司,米村俊一,佐野睦夫,食卓コミュニケーション支援のための食事行動認識の検討,電子情報通電子情報通信学会技術研究報告.MVE,マルチメディア・仮想環境基礎110(35),pp.13-18,2010年.

    63 : 佐野睦夫,宮脇健三郎,西口敏司,米村俊一,食事コミュニケーションの活性化のためのエージェント,電子情報通電子情報通信学会技術研究報告MVE,マルチメディア・仮想環境基礎110(35),pp.19-20,2010年.

    64 : 鎌田一雄,米村俊一,手話地震通報作成とユニバーサル・デザイン,電子情報通電子情報通信学会技術研究報告.SITE,技術と社会・倫理110(64),pp.7-12,2010年.

    65 : 高木志織,米村俊一,徳永幸生,杉山精,自動会話システムにおける擬人化エージェントの非言語メッセージが与える効果,ヒューマンインタフェースシンポジウム2010論文集,pp.53-58,2010.

    66 : 渡辺昌洋,米村俊一,浅野陽子,高齢者のウェブインタラクションにおける非明示的な自己記述性の効果,電子情報通信学会技術研究報告 110(34), 17-22, 2010.

    67 : 渡辺昌洋,米村俊一,浅野陽子,高齢者のウェブインタラクションを促進する非明示的な自己記述性の研究,ヒューマンインタフェースシンポジウム2010論文集,pp.721-726,2010.

    68 : 鎌田一雄,岡本明,米村俊一,ユニバーサルデザインの実践方法に関する検討,ヒューマンインタフェース学会研究会,Vol.12 No.12, pp.1-6,2010.

    69 : 花田 研, 米村 俊一, 徳永 幸生, 杉山 精, 大谷 淳, 意見の対立する場面における会話特性 -リアル画像と輪郭画像会話システムにおける注視行動の分析,電子情報通信学会HCGシンポジウム2010,pp.75-80, 2010.

    70 : 張勇,大谷淳,米村俊一,サイバーシアターにおいて多数の観客アバターが存在する場合の演技者と観客との間の観客効果に関する基礎的検討,電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎 110(238), pp.103-104,2010年.

    71 : 佐野睦夫, 宮脇健三郎, 米村俊一, 菅野圭子, 大出道子,小山智美, 高次脳機能障害者の社会的スキル向上を支援する協調型調理ナビゲーションシステム ,電子情報通信学会HCGシンポジウム2010, pp.361-364 ,2010.

    72 : 渡辺昌洋, 米村俊一, 橋本遼, 浅野陽子, 高齢者と若年者におけるウェブ探索行動の違いに関する検討, 電子情報通信学会HCGシンポジウム2010,pp.129-136, 2010.

    73 : 鎌田一雄,米村俊一,御子貝成仁, 視覚障害者のためのテキスト・音声メディア変換に関する検討,第36回(2010年)感覚代行シンポジウム,2010.

    74 : 鎌田一雄,米村俊一,大関歩希,地震通報の手話表現に関する検討,電子情報通信学会HCGシンポジウム2010,pp.81-88,2010.

    75 : 鎌田一雄,米村俊一,岡川ひと美,手話通報作成方法の一考察,電子情報通信学会HCGシンポジウム2010,pp.94-99,2010.

    76 : 川村 春美 , 米村 俊一 , 大谷 淳 [他] ,色相に着目した灰色仮説に基づく照明光推定法の一提案,電子情報通信学会技術研究報告 110(189), 29-34, 2010-09-02

    77 : 中根愛,田中清,米村俊一,東野豪,浅野陽子:画面遷移における遅延の許容範囲と遷移方法,信学技報,vol.108, No.378, SITE2008-71, pp.63-68, 2009.

    78 : Chen Li Jen・Ohya Jun(Waseda Univ.)・Yonemura Shunichi(NTT Cyber Solution Lab.)・Tokunaga Yukio(Shibaura Instit. of Tech):Creative Thinking Support Communication System with Random Prompter “●” that Allows Hand-drawing ,電子情報通信学会技術研究報告, Vol. HCS108, pp.43 - 48, 2009.

    79 : 鎌田一雄, 米村俊一, 永徳真一郎:ろう者の二言語緊急通報読み取りにおける視線特性,信学技報,vol.108, No. HCS-487, pp73-78, 2009.

    80 : 米村俊一,永徳真一郎,鎌田一雄,緊急情報の二言語提示における視線特性の分析,ヒュ-マンインタフェ-ス学会研究報告集,Vol.11(1), pp.61- 66, 2009.

    81 : 米村俊一,鎌田一雄,緊急情報のリスト手話提示におけるろう者の情報読み取り特性,ヒュ-マンインタフェ-ス学会研究報告集,Vol.11(2), pp.163- 170, 2009.

    82 : 花田研,米村俊一,徳永幸生,杉山精,顔構成要素の輪郭映像が遠隔対話に与える影響に関する考察,ヒューマンインタフェース学会研究報告集:humaninterface11(2),131-136, 2009.

    83 : 鎌田 一雄,米村 俊一,ろう者を対象とした手話緊急通報の機能モデル,電子情報通電子情報通信学会技術研究報告.SITE,技術と社会・倫理vol.109,No.114,pp.57-64, 2009.

    84 : 渡辺昌洋,米村俊一,浅野陽子,非明示的な自己記述性の原則に基づく高齢者のウェブアクセス,ヒューマンインタフェースシンポジウム2009,pp.691-696, 2009.

    85 : 本間輝,米村俊一,徳永幸生,人-ロボット協調動作における対話の不明確性解消,ヒューマンインタフェースシンポジウム2009,pp.825-828, 2009.

    86 : 米村俊一,小林大二,山本栄,携帯端末を用いた避難行動のストラテジー生成支援法に関する検討,日本災害情報学会第11回研究発表大会予稿集,pp. 145-148, 2009

    87 : 小林大二,米村俊一,山本栄,避難者の行動決定におけるストラテジーの生成要因に関する研究,日本災害情報学会第11回研究発表大会予稿集,pp. 149-154, 2009

    88 : 花田研,米村俊一,徳永幸生,杉山清,大谷淳,顔構成要素の輪郭映像が遠隔対話に与える影響に関する考察 ,電子情報通信学会技術研究報告HIP, ヒューマン情報処理 109(28), pp.131-136, 2009.

    89 : 飯田真也,米村俊一,徳永幸生,杉山清,大谷淳,“●”プロンプタを用いるコミュニケーションシステムにおける会話の分析-GTA による“●”の利用プロセスの分析-, HCGシンポジウム2009,HCS,pp.1-8, 2009.

    90 : 佐野睦夫,宮脇健三郎,米村俊一,大須賀美恵子,松岡美保子,高齢者や障害者向け料理行動支援システムのデザイン,HCGシンポジウム2009,WIT,pp.1-8,2009.

    91 : 渡辺昌洋,米村俊一,浅野陽子,非明示的な自己記述性の原則に基づく高齢者のウェブアクセス支援,ヒューマンインタフェースシンポジウム2009,pp.691-696,2009.

    92 : 佐野睦夫,宮脇健三郎,米村俊一,大須賀美恵子,松岡美保子,高次脳機能障害患者のための料理行動支援システム,電子情報通電子情報通信学会技術研究報告MVE,マルチメディア・仮想環境基礎109(281), pp.53-58,2009.

    93 : 渡辺昌洋,米村俊一,浅野陽子:対話の原則に基づくウェブユーザビリティ向上ストラテジ決定手法,信学会技報,Vol. 107,No. 59,HCS2007,pp. 157 - 162,2008.

    94 : 青木政勝,米村俊一,武藤,阿部:携帯電話を用いた災害時情報共有システムにおける情報入力手法の検討,信学会技報,Vol. 107,No. 59,HCS2007,pp. 157 - 162,2008.

    95 : 米村俊一,永徳真一郎徳:手話と日本語の二言語による緊急情報提示における対話特性,信学会技報,Vol. 107,No. 59,HCS2007,pp. 157 - 162,2008.

    96 : 永徳真一郎,米村俊一,鎌田一雄:緊急情報の手話・日本語二言語提示時における聴覚障がい者への負荷に関する研究,信学会技報,Vol. 107,No. 59,HCS2007,pp. 157 - 162,2008.

    97 : L. J. Chen, J. Ohya, S. Yonemura, Y. Tokunaga: A Method for Creative Communication Using Black-Circled Prompters “●” -- Analysis of a Method that Allows Users' Freehand Writing --信学会技報,Vol. 107,No. 59,HIP2007,pp. 157 - 162,2008.

    98 : L. J. Chen, S. Fostmann, Y. Shunichi, J. Ohya and Y. Tokunaga, The prototype system of prompter communication with handwriting and drawing functions,情報科学技術フォーラム講演論文集7(3),pp.449-450, 2008.

    99 : 渡辺 昌洋, 米村 俊一, 浅野 陽子,対話の原則に基づくウェブユーザビリティ向上手法,電子情報通信学会技術研究報告, Vol. HCS 108(26) pp.19-24 ,2008.

    100 : 米村 俊一, 永徳 真一郎, 鎌田 一雄,手話/日本語テキストの二言語による鉄道運行情報提示におけるテロップ表示の効果,ヒューマンインタフェース学会研究報告集, Vol.10(3), pp.29- 34, 2008.

    101 : 渡辺 昌洋, 嵯峨田 良江, 米村 俊一, 浅野 陽子,自己記述性に基づくウェブユーザビリティの検討,ヒュ-マンインタフェ-ス学会研究報告集, Vol.10(3), pp.29- 34, 2008.

    102 : 米村俊一,永徳真一郎,鎌田一雄,手話と文章による緊急情報提示における情報読取のストラテジー,ヒューマンインタフェース学会第51回研究会,human interface vol.10,No.5,pp.7-14,2008.

    103 : 米村俊一,永徳真一郎,鎌田一雄,米倉祥紀,手話・日本語二言語緊急通報の受容に関する検討,ヒューマンインタフェース学会第51回研究会,human interface vol.10,No.5,pp. 1-6,2008.

    104 : 渡辺 昌洋,嵯峨田 良江, 米村 俊一, 浅野 陽子,対話の原則を用いたウェブユーザビリティ向上手法の検討,ヒューマンインタフェースシンポジウム2008, No.2334, 2008.

    105 : 中根愛,米村俊一,浅野陽子:ユーザエクスペリエンス評価モデルの検討,信学技報,vol.108, No.331, SITE2008-36, pp.13-18, 2008.

    106 : Qi Zhang, Jun Ohya, Shunichi Yonemura, "Comparative Study of Marker based Detection and Tracking of PC in the Video Sequence Acquired by the Mobile Camera for Visual Call Center Applications", 信学技報, Vol.106, No.608, pp.77-82, 2007.

    107 : 米倉祥紀,鎌田一雄,米村俊一,永徳真一郎,篠原章夫:手話・日本語二言語による地震情報提示の基礎検討,信学会技報,Vol. 107,No. 59,HCS2007,pp. 131 - 136,2007.

    108 : 米村俊一,吉田亨,徳永幸生,大谷淳:線画によるデフォルメ映像を用いた遠隔サポートの会話特性,信学会技報,Vol. 107,No. 59,HCS2007,pp. 157 - 162,2007.

    109 : 青木政勝,米村俊一,下倉健一郎:携帯電話を用いた災害情報共有システムにおける情報提示法,信学会技報,Vol. 107,No. 59,HCS2007,pp. 169 - 174,2007.

    110 : 米村俊一,鎌田一雄,青木政勝,米倉:緊急情報伝達サービスの構築に関する技術的・社会的考察,電子情報通信学会技報,Vol.SITE2007-20,pp.71-78,2007.

    111 : 鎌田一雄,米村俊一,青木政勝,永徳真一郎徳:緊急通報システムのモデル化に関する検討,信学技報,Vol. SITE2007-46,pp.13-18,2007.

    112 : CHEN Li Jen, OHYA Jun, TOKUNAGA Yukio, YONEMURA Shunichi:A Study of Communiation Prompted by the "○" Communication System‐Comparing "with Prompetrs" with "without Prompters"‐,信学技報,VOL.2006, 基礎・境界,pp. 233,2006.

    113 : CHEN Li Jen, OHYA Jun, TOKUNAGA Yukio, YONEMURA Shunichi: ANALYSIS OF HUMAN‐TO‐HUMAN COMMUNICATIONS PROMPTED BY THE "○" COMMUNICATION SYSTEM―Comparing "with Prompters" and "without Prompters"―,信学技報,VOL.105, NO.683 (MVE2005 69‐81), pp.31‐36,2006.

    114 : 米村俊一,吉田亨,徳永幸生,大谷淳:デフォルメ映像通信を用いた初心者ユーザの遠隔サポート,信学会技報,Vol. 106,No. 83,HCS2006,pp. 17 - 21,2006.

    115 : 吉田亨,徳永幸生,米村俊一,大谷淳:輪郭映像を用いたコミュニケーションの視覚特性,ヒューマンインタフェースシンポジウム2006,pp. 1157 - 1160,2006.

    116 : 米村俊一,吉田亨,徳永幸生,大谷淳:デフォルメ映像を用いた遠隔サポートのコミュニケーション,信学会技報,Vol. 106,No. 219,HCS2006,pp. 37 - 42,2006.

    117 : 青木政勝,米村俊一,下倉健一郎:GPS携帯電話を用いた災害時情報共有システム,情報処理学会研究報告, Vol. 2006-ITS-27, pp. 163 - 168, 2006.

    118 : 永徳真一郎,米村俊一,下倉健一郎:緊急情報提示のための手話映像とテキストのレイアウトに関する研究,信学会技報,Vol. 106,No. 609,HCS2006,pp. 9 - 14,2006.

    119 : 青木政勝,米村俊一,下倉健一郎:GPS携帯電話を用いた災害時情報共有システムにおける情報構造の検討,信学会技報,Vol. 106,No. 609,HCS2006,pp. 15 - 20,2006.

    120 : 米村俊一,永徳真一郎,下倉健一郎:表形式文章と断片手話を組み合わせるリスト手話の提案,信学会技報,Vol. 106,No. 609,HCS2006,pp. 1 - 7,2006.

    121 : Li Jen Chen,Jun Ohya,Nobuyuki Harada,Yukio Tokunaga,Shunichi Yonemura: A study of Communication Prompted by ""●"" Communication System - Approach on how promtper effects and inspires ideas and thoughts,信学会技報,Vol. 106,No. 609,HCS2006,pp. 27 - 30,2006.

    122 : Li Jen Chen, Nobuyuki Harada, Jun Ohya, Yukio Tokunaga and Shunichi Yonemura, “Analysis of Communication Prompted by Black “●” Communication System?? Effects of Emotional Emphasis in Comparison with E-mails and Messengers”, FIT2006(第5回情報科学技術フォー ラム), K-089, pp.577-578, 2006.

    123 : Qi Zhang, Jun Ohya and Shunichi Yonemura, “Object Detection by Using Marker Assistance”, FIT2006(第5回情報科学技術フォーラム), I-053, pp.133-134, 2006.

    124 : Zhang Qi, Ohya Jun and Yonemura Shunichi, “Study of Real-time Marker-based PC Detection for Visual Call Center Applications”, 信学技報, vol. PRMU2006-88, pp. 93 - 98, 2006.

    125 : 米村俊一, 宮本勝, 中谷桃子: 視覚情報を用いた遠隔サポートにおける初心者ユーザの行動特性, 信学会技報, VOL.105, NO.306 (HCS2005 28‐37), pp.29‐36, 2005.

    126 : 米村俊一, 宮本勝, 中谷桃子: 映像による遠隔サポート時の対話特性の分析, 信学会技報, VOL.105, NO.74 (HCS2005 1‐19) , pp.77‐82,2005.

    127 : 米村俊一, 宮本勝, 中谷桃子: ユニバーサルデザインに向けた取り組み テクニカルサポートにおけるコミュニケーションデザイン, NTT技術ジャーナル, VOL.17, NO.8 pp. 50‐53,2005.

    128 : 米村俊一, 宮本勝, 中谷桃子:映像を用いた遠隔サポートにおけるコミュニケーションの特性, 信学会技報, VOL.104, NO.745 (HCS2004 60‐71) , pp. 7‐12,2005.

    129 : 米村俊一, 宮本勝, 中谷桃子: 遠隔サポートにおける映像チャネル導入の効果, 情報処理学会研究報告, VOL.2005, NO.3, pp.99‐104,2005.

    130 : CHEN Li Jen, OHYA Jun, TOKUNAGA Yukio, YONEMURA Shunichi:Studies of Black "○" Prompter Communication System,情報科学技術フォーラム,VOL.FIT 2005, 一般講演論文集第3分冊, pp.543‐544,2005.

    131 : CHEN Li Jen, OHYA Jun, TOKUNAGA Yukio, KATO Tetsuya, YONEMURA Shunichi :A Fundamental Analysis of Topic Changes Prompted by the "○" Communication System,信学技報,VOL.104, NO.744 (HCS2004 49‐59), pp.47‐51,2005.

    132 : TON Srichompoo, OHYA Jun, ENOMOTO Makoto, YONEMURA Syunichi :Study of Augmented Reality Based Method for Exhibiting Artistic Works with their Creation Processes,情報科学技術フォーラム,VOL.FIT 2005, 一般講演論文集 第3分冊, pp.485‐486,2005,

    133 : 中谷桃子, 宮本勝, 米村俊一 : コールセンタを利用したトラブルベース学習, 電子情報通信学会技報, vol.HCS2005-32,pp.23-28,2005.

    134 : 宮本勝,中谷桃子,米村俊一: 初心者ユーザとエキスパート・ヘルプ・システムのコミュニケーションギャップ, 信学技報,Vol. HCS 105(74) pp.71-76 , 2005.

    135 : 中谷桃子, 宮本勝, 米村俊一 : 自己解決意欲の向上につながるユーザサポート, 信学会技報,Vol. HCS 104(744) pp.41-46,2005.

    136 : 中谷桃子, 宮本勝, 米村俊一: コールセンタを利用したトラブルベース学習, 信学会技報, vol.105, No.306(HCS2005 28-37), pp.23-28, 2005.

    137 : 大石貴也 ,徳永幸生,米村俊一,大谷淳:顔のエッジ表現を用いたコミュニケーションシステム,情報処理研究報告,Vol. 2004-HI-112, pp. 51 - 56, 2005.

    138 : 宮本勝,中谷桃子,渡辺昌洋,米村俊一,小川克彦:意味のまとまりを考慮したFAQの検索結果リストの表示方法, 信学会技報, vol.104, No.169, pp.7-12, 2004.

    139 : 中谷桃子,宮本勝,渡辺昌洋,米村俊一,小川克彦:自己解決指向型ユーザサポートデザイン, 信学会技報, vol.104, No.169, pp.25-30, 2004.

    140 : 中谷桃子, 宮本勝, 米村俊一 : トラブルを自己解決しようというやる気を出させるユーザサポートデザインの研究, 情報処理学会研究報告,Vol. 2004-CE-77, pp.77 - 82, 2004.

    141 : 細谷未生,米村俊一:擬人化エージェントを用いた効果的なマーケティング手法の検討, 信学会技報, vol.HCS2001, pp.32‐46, 2002.

    142 : 手塚祐一,三上範賢,梶原清彦,米村俊一:Webグループウェアにおけるスケジュールデータ共有方式の検討, 信学会技報, vol. OFS2000, pp.59‐69, 2001.

    143 : 高野智大,米村俊一,西山茂:インタフェースエージェントの容姿と日本語合成音声との親和性の検討, 信学会技報, vol. HCS99, pp.66‐71, 2001.

    144 : 細谷未生,米村俊一:エージェントの身振りによる感情表現に関する検討, 信学会技報, vol. HCS2000, pp.56‐61, 2001.

    145 : 三上範賢,梶原清彦,米村俊一,西山茂:仲介サーバを利用したセキュアな介護情報流通方式の提案, 信学会技報, vol. OFS2000, pp.59‐69, 2001.

    146 : 米村俊一,手塚祐一,三上範賢:複数のメタファを用いた情報ナビゲーション方法の検討, 情報処理学会研究報告, No.48 (GN‐40), pp.47-52, 2001.

    147 : 米村俊一,細谷未生,西山茂:人と擬人化エージェントとの対話設計法に関する検討, 信学会技報, vol. HCS99, pp.66‐71, 2000.

    148 : 米村俊一,浜田洋:ユーザビリティ評価に基づく多機能電話機のインタフェース設計, 12thファジーシンポ, vol. WEB3-3, pp.235-238, 1996.

    149 : 米村俊一,浜田洋,徳永幸生:操作手順の言語的な記述に基づくインタフェース設計方法の検討,HIシンポジウム, vol. 12th, pp.251-254, 1996.

    150 : 小川克彦,米村俊一:使い方のデザイン, 情報処理学会HI研究会, vol. 40-5, pp.1 - 8, 1992.

    151 : 米村俊一,小川克彦:ブックメタファを用いたHI設計ガイドラインデータベース, 情報処理学会HI研究会, vol. 36-2, pp.1 - 8, 1991.

    152 : 米村俊一,小川克彦:ブックメタファを用いたガイドライン検索システム, HIシンポジウム, pp.235 - 238, 1990.

    153 : 鈴木良太,曽根原登,小林直樹,米村俊一,遠藤隆也:トータルメディアアーキテクチャの検討, ITEJテクニカルレポート, vol. 12, No.9, pp51-56, 1989.

    154 : 米村俊一,小川克彦:メニュー画面評価方法の検討, HIシンポジウム, pp.109-112, 1989.

    155 : 小川克彦,米村俊一:ヒューマンコンピュータインタフェースにおける人間のパフォーマンス解析, HIシンポジウム, pp. 151 -156, 1989.

    156 : 米村俊一,金山英明:複合メディア端末通信制御制御方法の検討, 画像電子学会研究会, Vol.86, pp.6-7, 1987.



    【全国大会論文】

    1 : 横川 絵理 , 米村 俊一 , 渡辺 昌洋、非均一的拡大・縮小インタフェースPEACSによるインタラクションの評価、人間工学 vol.51, S206-S207, 2015年6月.

    2 : 秋山滉太,米村俊一,筒口拳、手話のキーフレームに基づく映像圧縮を用いた災害情報伝達システム、情報処理学会第78回全国大会、vol.3X-01、2016年3月.

    3 : 本道真依,米村俊一、室内照明の照度制御に基づく快適睡眠への導入に関する基礎的検討、情報処理学会第78回全国大会、vol. 3Y-08、2016年3月.

    4 : 小楠 竜也 , 大谷 淳 , 楜沢 順 , 米村 俊一、A-14-2 抽象絵画における鑑賞者の視線行動を利用した音楽生成システムの研究 : 鑑賞者の発話内容の重複と発想の広がりとの関連に関する検討、電子情報通信学会総合大会講演論文集 2015年_基礎・境界, pp.189, 2015年2月.

    5 : 筒口拳,米村俊一,手話における会話学習を目的とした動画像からの合成画像生成の検討,2014年度 第42回画像電子学会年次大会,【R2-2】、2014年6月.

    6 : 石井翼,米村俊一,初対面時の会話を促進するコミュニケーション支援システムの基礎検討,2014年度 第42回画像電子学会年次大会,【S8-5】、2014年6月.

    7 : 氏田亮,米村俊一,宮脇健三郎,佐野睦夫,大出道子,光森洋美,高次脳機能障害者の遠隔調理リハビリテーション?調理における危険回避支援方法の検討?,電子情報通信学会総合大会論文集A分冊,no. A-14-5,2014.3.

    8 : 小楠竜也,大谷淳,楜沢順,米村俊一,抽象絵画の鑑賞者の視線行動に基づく音楽生成システムの予備的検討―音楽の有無が抽象絵画鑑賞者の発想の多寡に与える影響,電子情報通信学会総合大会論文集A分冊,no. A-15-14,2014.3.

    9 : 林育実,神林芙沙恵,柴崎康裕,徳永幸生,米村俊一,携帯電話向けコミック検索サイトのログデータを用いたユーザの行動特性分析,情報処理学会全国大会, 2P-5,2013.

    10 : 脇正宏,安達文夫,徳永幸生,米村俊一, 色相情報に基づく正倉院文書の切り分け位置の検討, 情報処理学会全国大会,6U-2,2013.

    11 : 山縣京輔,米村俊一,徳永幸生,杉山 精, ロボット走行における不明確性の解消-走行路の形状情報を用いた解消アルゴリズム-,情報処理学会全国大会,6ZA-1,2013.

    12 : 牧野貴子,佐野睦夫,宮脇健三郎,光森洋美,松井元子,大谷貴美子,米村俊一,大出道子, 高次脳機能障害者のための生活密着型認知リハビリテーションにおける行動評価指標の検討, 情報処理学会全国大会,4ZB-7,2013.

    13 : 平野清典,安達文夫,徳永幸生,米村俊一, 正倉院文書の表裏比較表示における対応点の設定方法の検討, 情報処理学会全国大会, 5ZF-4,2013.

    14 : 川村春美, 米村 俊一, 大谷 淳, 小島 明, “低彩度および高彩度色領域を用いた灰色仮説に基づく照明光色推定法の一提案”,2012年度 画像電子学会第40回年次大会予稿集, R7-1, pp.1-4, (2012.6).

    15 : 大川内 隆朗 , 大谷 淳 , 米村 俊一, 徳永 幸生,e-learningにおける主観的難易度の補足方法に対する基礎的検討(D-15.教育工学,一般セッション),電子情報通信学会総合大会講演論文集 2012年_情報・システム(1), 215, 2012.03.

    16 : 高木志織,米村俊一,徳永幸生,杉山精, 自動会話システムにおける空間を共有する擬人化エージェントが会話持続に与える効果, 情報処理学会全国大会講演論文集, vol.74th, no.4, pp4.249-4.250, 2012.

    17 : 山縣京輔,米村俊一 ,徳永幸生,杉山精, ロボット走行における不明確性の解消?協調動作にみられる齟齬の許容特性?, 情報処理学会全国大会講演論文集, vol.74th, no.4, pp4.55-4.56, 2012.

    18 : 小駒ちなみ,米村俊一,徳永幸生,杉山精,大谷淳, WEB上で動作する“黒丸”プロンプタを用いたコミュニケーションシステム?物語をベースにした複数ユーザ間コミュニケーションの特性分析?, 情報処理学会全国大会講演論文集, vol.74th, no.4, pp4.211-4.212, 2012.

    19 : 大川内隆朗,大谷淳,米村俊一,徳永幸生, e‐learningにおける主観的難易度の補足方法に対する基礎的検討, 電子情報通信学会大会講演論文集, vol. 2012 情報・システム1, pp.215, 2012.

    20 : 佐野睦夫,宮脇健三郎,米村俊一,高齢者の料理行動を支援するエージェントと料理動作認識,電子情報通電子情報通信学会2011年春季総合大会,A-16-1,2011.

    21 : 鎌田一雄,米村俊一,大関歩希,手話地震通報の手話表現に関する考察,電子情報通電子情報通信学会2011年春季総合大会,A-14-3,2010

    22 : 花田 研,米村 俊一,徳永 幸生,杉山 精,大谷 淳,顔の輪郭映像を用いた会話システムにおける社会的スキルと注視行動に関する考察,情報処理学会第73回全国大会講演論文集,2ZB-8,2011.3

    23 : 高木志織,米村俊一,徳永幸生,杉山精,自動会話システムにおける擬人化エージェントの非言語メッセージが会話持続に与える効果,情報処理学会第73回全国大会講演論文集,4ZA-6,2011.

    24 : 本間輝,米村俊一,徳永幸生,杉山精,対話的操作によるロボット走行における不明確性の解消,情報処理学会第73回全国大会講演論文集,6R-5,2011.

    25 : 鎌田一雄,米村俊一,手話地震通用作成に関する技術的・社会的考察,電子情報通電子情報通信学会総合大会講演論文集2010年_基礎・境界,pp.141, 2010.

    26 : 花田 研,米村 俊一,徳永 幸生,杉山 精,大谷 淳,輪郭映像を用いた会話システムにおける顔注視行動の分析,情報処理学会2010年度全国大会講演論文集 第72回平成22年(4), PP.103-104, 2010

    27 : 飯田真也,米村俊一,徳永幸生,杉山精,大谷淳,“●”プロンプタを用いるコミュニケーションシステムにおけるメッセージ表現の分析,情報処理学会全国大会講演論文集 第72回平成22年(4),PP.199-200, 2010-03-08,2010

    28 : 本間輝,米村俊一,徳永幸生,杉山精,ロボットとの対話的操作における不明確性の解消 ―非学習領域における不明確性解消の性能―,情報処理学会全国大会講演論文集 第72回平成22年(4), PP.149-150", 2010-03-082010年度全国大会,2010

    29 : 米村俊一,アクセシビリティ規格への期待-それぞれの立場から-,日本人間工学会第51回大会講演集,vol.46,pp.58-59, 2010.

    30 : 鎌田一雄,米村俊一,大関歩希,手話地震通報の問題設定に関する考察,電子情報通信学会2010年度ソサエティ大会,pp.10S3017,2010.

    31 : 鎌田一雄,米村俊一,永徳真一郎,電子情報通電子情報通信学会技術研究報告,vol.108,No.HCS-487,pp73-78, 2009.

    32 : 鎌田一雄,米村俊一,手話地震通報作成課題とユニバーサルデザイン,電子情報通電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集2009年_基礎・境界,pp.144, 2009.

    33 : 米村俊一,鎌田一雄,二言語緊急通報読み取りにおけるろう者の視覚特性,報通電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集2009年_基礎・境界,pp.184,2009.

    34 : 米村俊一,ソフトウェア・アクセシビリティ規格の概要-JIS X8341-6,人間工学会第39回関東支部大会講演集, pp.78-79, 2009.

    35 : 渡辺昌洋,米村俊一,浅野陽子:ガイドラインに基づくウェブユーザビリティの評価,電子情報通信学会総合大会講演論文集, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, vol. 2008年_基礎・境界, pp.251, 2008.

    36 : 永徳真一郎,米村俊一:手話・日本語二言語提示時のレイアウトに関する研究,電子情報通信学会総合大会講演論文集, Vol. 2008年_基礎・境界 pp.245, 2008.

    37 : 米村俊一,永徳真一郎徳:手話と日本語文章を用いた車両運行情報提示の対話特性,電子情報通信学会総合大会講演論文集, Vol. 2008年_基礎・境界, pp. 244, 2008.

    38 : 吉田亨,米村俊一,徳永幸生,大谷淳:顔の輪郭画像を用いた会話システムにおける視覚特性,情処全大,vol.第70回平成20年(4) pp."4-89"-"4-90", 2008.

    39 : 野原雄紀,徳永幸生,杉山精,米村俊一,大谷淳:自動会話システムにおけるキャラクタの可変表示効果,情処全大,vol.第71回平成21年(4) pp."4-289"-"4-290", 2008.

    40 : 飯田真也,徳永幸生,杉山精,米村俊一,大谷淳:“●”プロンプタを用いたコミュニケーションシステムの会話特性,情処全大,vol. 第70回平成20年(4) pp."4-189"-"4-190", 2008.

    41 : Li Jen Chen, Shunichi Yonemura, Jun Ohya and Yukio Tokunaga, “A Fundamental Study of “Bi-Conversation” Using “●” Communication Method”, 2008年電子情報通信学会総合大会,A-14-5, 基礎・境界講演論文集, p.242, 2008.

    42 : 米村俊一,永徳真一郎,手話と日本語文章を用いた車両運行情報提示の対話特性, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, Vol. 2008年_基礎・境界, pp.244, 2008.

    43 : 永徳真一郎,米村俊一,手話・日本語二言語提示時のレイアウトに関する研究, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, Vol. 2008年_基礎・境界, pp.245, 2008.

    44 : 青木政勝,米村俊一,武藤伸洋,阿部匡伸,携帯電話を用いた災害情報共有システムにおける入力手法の検討,2008電子情報通信学会総合大会,vol.2008年_基礎・境界,pp.247, 2008.

    45 : 渡辺昌洋,米村俊一,浅野陽子,ガイドラインに基づくウェブユーザビリティの評価,電子情報通信学会総合大会講演論文集 , vol. 2008年_基礎・境界 pp.251, 2008.

    46 : 中根愛,米村俊一,浅野陽子:ユーザエクスペリエンス評価モデルの検討,電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 2008年_基礎・境界, pp. 129, 2008.

    47 : 米村俊一:人間工学規格の活用法,日本人間工学会関東支部第38回大会講演集,pp.5-6, 2008.

    48 : 渡辺昌洋,米村俊一,浅野陽子:対話の原則に基づくWebユーザビリティ向上のストラテジ, 日本人間工学会関東支部第38回大会講演集,pp.13-14, 2008.

    49 : 森剛志,米村俊一:人間工学規格の活用例-コントロールルームの設計, 日本人間工学会関東支部第38回大会講演集,pp.15-16, 2008.

    50 : 飯田真也,徳永幸生,杉山精,米村俊一,大谷淳:“●”プロンプタを用いるコミュニケーションシステムにおける表現特性の分析,情報処理学会全国大会講演論文集vol.(4),pp.219-220, 2008.

    51 : 花田研,米村俊一,徳永幸生,杉山精,大谷淳:コミュニケーションにおける会話特性に着目した顔構成要素の役割,情報処理学会全国大会講演論文集第71回平成21年(4),pp221-222., 2008.

    52 : 野原雄紀,徳永幸生,杉山精,米村俊一,大谷淳:自働会話システムにおけるフォントによる感情表現の効果,情報処理学会全国大会講演論文集第71回平成21年(4),217"-218, 2009情処全大, 2008.

    53 : 吉田亨,徳永幸生,米村俊一,大谷淳:顔の輪郭映像を用いた会話システムにおける会話特性,情報処理学会第69回全国大会,pp.4-179-4-180,2007.

    54 : 野原雄紀,徳永幸生,米村俊一,大谷淳:自動会話システムにおける会話破綻の分析,情報処理学会第69回全国大会,pp.4-181-4-182,2007.

    55 : 原田真也,徳永幸生,米村俊一,大谷淳:”●”プロンプタを用いるコミュニケーションシステム,情報処理学会第69回全国大会,pp.4-159-4-160,2007.

    56 : Li Jen Chen,原田真也,大谷,米村俊一,徳永幸生:A study of Communication Prompted by "●" Communication System - Approach on how promtper effects and inspires ideas and thoughts,電子情報通電子情報通信学会大会講演論文集,VOL.2006,基礎・境界,pp.233,2007.

    57 : Qi Zhang, Jun Ohya and Shunichi Yonemura, “Marker-based PC Detection Using Sample Matching”, 2007年電子情報通信学会総合大会,D-12-149, p.265, 2007.

    58 : 米倉祥紀,鎌田一雄,米村俊一:日本語/手話緊急情報サービスの構成に関する検討,電子情報通信学会総合大会講演論文集, vol. 2007年_基礎・境界, pp.283, 2007.

    59 : 鎌田一雄,米村俊一,米倉祥紀:日本語/手話二言語情報提示に関する検討,電子情報通信学会総合大会講演論文集, vol. 2007年_基礎・境界, pp.282, 2007.

    60 : 米村俊一,吉田亨,徳永幸生,大谷淳:線画映像による遠隔サポートシステム,日本人間工学会第48回大会,Vol.43, pp.32-35, 2007

    61 : 鎌田一雄,米村俊一,青木政勝,米倉:緊急通報システムの構築に関する技術的・社会的考察,電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, vol. 2007年_基礎・境界, pp.164, 2007

    62 : 佐藤智寛,米村俊一,篠原章夫,下倉健一郎:電車内における緊急情報提示法の検討,画像電子学会年次大会,vol.06-18,pp.142006.

    63 : 大石貴也 ,徳永幸生,米村俊一,大谷淳:顔のエッジ表現を用いたコミュニケーションシステムの会話特性,情報処理学会第67回全国大会,vol.4X-3,pp.4-119-4-120,2006.

    64 : 米村俊一, 宮本勝, 中谷桃子:ビジュアルサポートにおける初心者ユーザの行動特性, 信学ソサエティ論文集, Vol. 2005年_基礎・境界 pp.265, 2005.

    65 : 河野泰人,米村俊一:インターフェースエージェントを用いたエラーメッセージの提示方法,信学会全国大会, vol. 2001基礎・境界, pp.281, 2001.

    66 : 高野智大,米村俊一:インタフェースエージェントと合成音声との親和性の検討-エージェントの動作速度と合成音声との親和性について",信学会全国大会, vol. 2001基礎・境界, pp.279, 2001.

    67 : 小阪朋也,米村俊一:暇度評価指標による人間の稼働状況推定方法の検討, 信学会全国大会, vol. 2001基礎・境界, pp.280, 2001.

    68 : 河野泰人,米村俊一:気象情報配信のための文章生成方法, 情報処理学会第63回全国大会,分冊2, pp.3-4 , 2001.

    69 : 細谷未生,米村俊一:擬人化エージェントを用いた効果的なサイバーコミュニケーション法,情報処理学会第63回全国大会,分冊2, pp.123-124, 2001.

    70 : 石井寛,米村俊一:心理情報のCRMシステムへの適用手法の検討, 情報処理学会第63回全国大会, 分冊3, pp.195-196, 2001.

    71 : 細谷未生,米村俊一:エージェントとユーザの対話方法に関する一考察,2000年電子情報通信学会総合大会講演論文集, A-14-6, pp.263, 2000.

    72 : 河野泰人,米村俊一:インターフェースエージェントの遠隔操作の検討,2000年電子情報通信学会総合大会講演論文集, A-14-7,pp.264, 2000.

    73 : 高野智大,米村俊一:エージェントのキャラクタと日本語合成音声との親和性の検討, 2000年電子情報通信学会総合大会講演論文集, A-14-8, pp.265, 2000.

    74 : 細谷未生,米村俊一:人と擬人化エージェントとのインタラクションに関する考察, 情報処理学会第61回全国大会, 2000, 分冊4, pp.125-126, 2000.

    75 : 小阪朋也,河野泰人,細谷未生,高野智大,米村俊一:割込通知機能を有するデスクトップエージェントのインタフェース能力に関する考察,情報処理学会第61回全国大会, 分冊4, pp.127-128, 2000.

    76 : 河野泰人,米村俊一:インタフェースエージェントの自動シナリオ作成法に関する検討, 情報処理学会第61回全国大会, 分冊4, pp.129-130, 2000.

    77 : 高野智大,米村俊一:インタフェースエージェントの容姿と日本語合成音声との親和性の検討, 情報処理学会第61回全国大会, 分冊4, pp.131-132, 2000.

    78 : 田澤晋,米村俊一,岡崎哲夫,加藤寛治:電話機操作インタフェ-ス評価法の検討, 信学会全国大会, vol. A-15-11, pp.192, 1997

    79 : 浅野陽子,米村俊一,浜田洋:問診支援システムにおけるキーワード表示の効果, 情報処理学会全国大会, pp.63-64, 1994

    80 : 木村重良,米村俊一,小川克彦:ソフトウェアのユーザビリティチェックリスト, 人間工学会第29回関東支部大会, pp.63-64, 1991.

    81 : 米村俊一,小川克彦:ハイパーメディアを用いたガイドラインデータベースの設計, 人間工学会全国大会, pp.312-313, 1990.

    82 : 米村俊一,小川克彦:コンピュータゲームを用いた色とその意味との親和性評価, 信学会全国大会, 分冊4, pp.141, 1990.

    83 : 米村俊一,小川克彦:メニュー画面評価方法の検討, 情報処理学会全国大会, pp.1119-1120, 1989.

    84 : 米村俊一,金山英明:複合メディア端末通信制御に関する一検討, 信学会全国大会, pp.1318, 1987

    85 : 米村俊一,金山英明:テレマティーク用共通ソフトウェア構成方法の検討, 信学会全国大会, pp.1292, 1986



    【解説記事】

    1 : 米村俊一,宮本勝,中谷:テクニカルサポートにおけるコミュニケーションデザイン,NTT技術ジャーナル,Vo. 17, No. 8, pp. 50 -53, 2005.

    2 : 児島,浅野陽子,米村俊一:ユニバーサルデザインに向けた取り組み,NTT技術ジャーナル,Vo. 17, No. 8, pp. 34 - 37, 2005.

    3 : 浅野陽子,米村俊一,浜田洋:業務分析に基づいた業務支援システムの設計, Human Interface, News and Report, vol.10, No.2, pp.125-132, 1995.

    4 : 米村俊一,安田:共通情報プラットフォームの構築-オブジェクト指向システム分析による共通辞書の構築,NTT技術ジャーナル, 1994.2, pp.75-77

    5 : Shunichi Yonemura, Special Section on Human Communication III - FORWARD, IEICE TRANSACTIONS on Information and Systems, Volume E91-D, No.6, pp. 1593-1593

    6 : 米村俊一,ヒューマンインタフェース学会 第5回 研究会賞,ヒューマンインタフェース学会誌,2008.


    • 社会貢献/学会活動および標準化活動

      【学会活動】

      1999年3月 ヒューマンインタフェース学会 研究会委員会委員(2004年2月まで)

      1999年5月 電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎研究専門委員会幹事(2003年4月まで)

      2005年3月 ヒューマンインタフェース学会 評議員(2008年2月まで)

      2005年3月 ヒューマンインタフェース学会 研究会委員会 委員(2008年2月まで)

      2005年5月 電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎研究専門委員会副委員長(2007年4月まで)

      2007年3月 ヒューマンインタフェース学会 理事(2011年2月まで)

      2007年4月 日本規格協会JISハンドブック編集委員会委員

      2007年3月 ヒューマンインタフェース学会 研究会委員会 副委員長(2008年2月まで)

      2007年5月 電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎研究専門委員会委員長(2008年4月まで)

      2007年5月 電子情報通信学会 英文D論文誌Human Communication III特集号

      2007年5月 論文編集委員会 委員長(2008年6月まで)

      2008年3月 ヒューマンインタフェース学会 研究会委員会 委員長(2009年2月まで)

      2008年5月 電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎研究専門委員会 顧問

      2008年5月 日本人間工学会関東支部大会企画セッションオーガナイザ(2008年11月まで)

      2009年1月 電子情報通信学会 料理メディア研究専門委員会委員

      2009年1月 ヒューマンインタフェース学会 コミュニケーション支援専門研究会 委員

      2009年1月 ヒューマンインタフェース学会インタラクションのデザインと評価 専門研究会委員

      2009年1月 日本人間工学会関東支部大会企画セッションオーガナイザ(2009年6月まで)

      2009年3月 ヒューマンインタフェース学会 学会誌委員会副委員長(2010年12月まで)

      2009年4月 ACM Multimedia 2009 Workshop on Multimedia for Cooking and Eating Activities (CEA2009)プログラム委員(2009年10月まで)

      2009年1月 金沢工業大学感動デザイン工学研究所外部評価委員(2010年3月まで)

      2009年9月 ヒューマンインタフェース学会「HIの設計・評価方法」特集論文編集委員

      2009年6月 日本人間工学会関東支部大会企画セッションオーガナイザ(2009年12月まで)

      2010年1月 日本人間工学会関東支部大会企画セッションオーガナイザ(2010年6月まで)

      2010年1月 ヒューマンインタフェース学会 学会誌委員会 委員長(2011年12月まで)

      2010年7月 "電子情報通信学会「料理を取り巻く情報メディア技術」

      2010年7月 特集論文編集委員(2011年7月まで)

      2010年7月 ヒューマンインタフェース学会「コミュニケーション支援IV」特集論文編集委員

      2011年3月 ヒューマンインタフェース学会 評議員(2013年3月まで)

      2012年1月 ヒューマンインタフェース学会 学会誌委員会委員

      2012年5月 電子情報通信学会 福祉情報工学研究専門委員会委員

      2013年1月 ヒューマンインタフェース学会 理事(2017年3月まで)

      2013年1月 ヒューマンインタフェース学会 電子広報委員会副委員長

      2014年1月 ヒューマンインタフェース学会 電子広報委員会委員長

      2015年1月 ヒューマンインタフェース学会 国際リエゾン委員会副委員長

      2016年1月 ヒューマンインタフェース学会 国際リエゾン委員会委員長

      【標準化活動】

      1999年4月 日本人間工学会 JIS Z8525原案作成委員会幹事(2000年3月まで)

      1999年4月 日本人間工学会 TC159国内対策委員会 SC4/WG5委員

      1999年4月 日本人間工学会 JIS原案作成委員会 本委員会委員(2007年3月まで)

      2000年4月 日本人間工学会 JIS Z8527原案作成委員会幹事(2001年3月まで)

      2001年4月 日本人間工学会 JIS Z8526原案作成委員会幹事(2002年3月まで)

      2002年4月 日本人間工学会 JIS Z8522原案作成委員会幹事(2003年3月まで)

      2002年4月 日本人間工学会 JIS Z8523原案作成委員会委員長(2004年3月まで)

      2004年4月 日本人間工学会 JIS Z8531-3原案作成委員会委員長(2005年3月まで)

      2005年4月 日本人間工学会 JIS Z8531-2原案作成委員会委員長(2006年3月まで)

      2006年4月 日本人間工学会 JIS Z8520原案作成委員会委員長(2007年3月まで)

      2007年4月~ 日本人間工学会 TC159国内対策委員会 SC4/WG9委員

      2008年10月 日本人間工学会 JIS X8341-6原案作成準備委員会委員長(2009年3月まで)

      2008年12月~ 日本人間工学会 JENC委員会 JIS分科会委員長

      2009年1月 日本人間工学会 TC159国内対策委員会委員

      2010年3月 日本人間工学会 JIS X8341-6原案作成委員会委員長



    このページの先頭へ

information

CMC研究室

芝浦工業大学 工学部 
情報工学科
担当教員 米村 俊一(教授)